浜田真理子オフィシャルブログ「本日のハマダマリコ的こころII」

視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う
とけるということ[ハマダマリコ的こころ]
200807051112000.jpg晴れ朝から暑いです。でも、これくらい晴れたのなら、恋人たちも夜空でちゃんと会うことができるなぁと、起きしなに寝床で思いました。そろそろ梅雨明けかな。ああ、夏がきた。


YCAMというのは、Yamaguchi Center for Arts and Mediaの略なのです(わたしは長いこと、YMCAだと思っていました、)。そりゃあすばらしく大きくて立派な建物で、敷地の面積も広いところです。もとは高校と体育館とそれからNHKもあったんじゃ〜、とタクシーの運転手さんが言っておられました。そこへ「Otomo Yoshihide Ensembles」の垂れ幕が大きく掲げられているのを見たときは、ぐっときてしまいました。大友さんが、たくさんのミュージシャンや、作家のみなさんや、ボランティアのみなさんと、作り上げた作品がここでは展示されています。まざりあったり、とけあったりしているそれらの作品をみて、大友さんって、ほんとに「とけるひと」だなあと思いました。とけるは、主として溶けるですが、解けるでもあり、説けるでもあり、熔けるでもあり、融けるでもあるのです。わたしも一緒にとけたいと思って歌を歌いましたが、つけやきばなのでうまくいかなかったかもしれません。でも、いろいろ考えることのできた素敵な短い旅でした。大友さんお疲れ様でした。でも、この作品展まだまだ始まったばかり。今後も楽しみです。どうぞ、みなさまも足を運んでみてくださいね。


YCAMのある湯田温泉というところは、中原中也の生誕の地であるそうで、泊まっているホテルのすぐ近くに中原中也記念館があったので朝、ウォーキングの途中に立ち寄ってみました。なぜそれを知ったかと言うと、ホテルの部屋に中原中也の詩集『在りし日の歌』が小さな説明がきとともに、置いてあったからです。あら、こんなところで、中也さんに会うなんて奇遇ですね、みたいな感覚で建物に入りました。中也さんの着ていた黒いコートが飾ってある前に立ったらなんだか涙が出てしまった。このコートはいろんなことを見てきたんだなと思って。受付のところの売店に、きれいな装丁のパンフレットがあったので、買いました。「青山二郎と中原中也」という企画展のものでした。写真は、建物の前の記念碑。


☆さて、あと10日あまりで、ツアーです。気持ちをそちらへ切り替えて暑さを乗り越えましょう〜。あ、新聞のコラム読んでくださってありがとう=。他の地域のみなさまにも読んでいただけるよう、なにか方法を考えてみますので、少々お待ちくださいねぴかぴか(新しい)そして明日の朝、BSSラジオ『今日もハレルヤ』に久々で登場します。いつものように8時40分ごろではないかと思います。お時間が合えば聞いてねー。それと、「国境なき医師団」のCM、ごらんになった方もあるようで、恐縮です。このCMがきっかけで、この団体のことを知り、世界で起きていることについてなど、いろいろ考えさせられました。とても感謝しています。


2008-07-07 12:22 この記事だけ表示   |  コメント 4

コメント

 暑さで見事に融けているワシですが。
sizuru
(2008-07-07 21:21)
実は中原中也が好きで何度か湯田温泉に行ってます(似合いませんけど)

じ〜んときたり、痛々しい気持ちになったり…

また行きたくなりました。
pico
(2008-07-08 20:12)
6月の雨の中で・・・ハマダマリオ的こころ

>ああ、夏が来た。
疎まれ続けた梅雨が明け、待ち焦がれた夏の到来。
恋の思い出を作る季節が来た、と喜ぶのも束の間、
暑さに疲れ果て救いを求める時、
かの梅雨が懐かしく、愛しくさえ思い出される。

日々の生活に疲れ、老いを意識し始めた時、
降り続く6月の雨に濡れた、可憐で清楚な花に
何故か咎められるように見つめられ、
田舎に置き去りにしてしまった若き日の恋人を、
許しを乞いながら思い出すように。


メロディー、歌詞、そして声という素材を、それら
の特徴が最大限引生かされるようにブレンドし、
ファンに最高の音楽ディナーを提供する溶媒が、
その繊細なピアノサウンドということかな。
マリオ
(2008-07-08 22:45)
名古屋公演、渋谷公演に引き続き楽しみにしています。
ふらわ
(2008-07-14 07:24)

コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。