浜田真理子オフィシャルブログ「本日のハマダマリコ的こころII」

視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う
おはようございます。三寒四温の寒と温の差が激しい今日この頃の松江です。みなさまいかがお過ごしですか。大震災から早くも10日。テレビのニュースに釘付けになっておりましたが、被災していないわたしたちがいつまでも顔をしかめてテレビをながめていてもいけません。わたしたちはきちんと毎日を過ごして、個人がやるべきことをしなければならないですね。働きましょう、動きましょう、西日本のわたしたち。

みなさまからのあたたかい言葉、わたしを励ましてくださったりして、ほんとに恐縮です。ありがとうございます。

歌でお腹がいっぱいになるわけではありません。命の危険におびやかされている方にとっては、あたたかい毛布やあたたかい食べ物、それから雨や雪をしのぐ屋根、衣服、まずはそこからです。命が助かって、ライフラインが整って、気持ちが少し落ち着かれてこれからのことを考えてゆかれる時、失ったものを思って悲しみにつぶれそうな時、こころの中の希望の光が消えそうな時、そのときこそ音楽の出番がくると思っています。音楽で何かを救うとか、癒すとか、そんなだいそれたことを考えちゃいません。そんなこと考えて音楽をしてはいけないと思います。でも、誰かがもしも必要としてくださるのならやっぱりそのこころに寄り添いたいと思うのです。わたしはわたしの得意なことで、必要としてくださる方のお役に立ちたいと思います。その日がくるまで、ハマダは働きます。遠く離れた地で。

さて、明日札幌へ行ってきます。このたびの東北ツアーの最終日が札幌の予定でした。全部中止になるのかなと思っていたら、札幌の方に来てください、ライブをしてくださいと言われました。なので、行きます行きますとも。初めての北海道ライブです。ハマダ節、うなってくるわよ。押忍!

イベント札幌から帰ったら、つい先日オープンした松江歴史館でライブをします。6時半開場、7時開演の小一時間のライブですが、お近くの方よかったらお出掛けください。チケットは歴史館の入場料800円をいただきますが、その入場料はすべて義捐金にふりかえることにしたと主催者の方から連絡をいただきました。チケットは島根県文化情報コーナーでお求めください。
お問い合わせは松江歴史館(0852−32−1607)まで。

それと2年8ヶ月の間隔週で、山陰中央新報で連載させてもらっていたコラム「あなたへ」は3月20日号70回をもちまして終了することになりました。長い間読んでいただきありがとうございました。現在は(今のところは)インターネットで山陰中央新報のHPでもごらんいただけます。
http://www.sanin-chuo.co.jp/hobby/modules/news/index.php?storytopic=215

☆とち親爺さん、福島のライブは残念でしたが、またお会いできる機会を楽しみにしております。また、チケットのことなどお気遣いをありがとうございました。

山陰レトロさん、美術館へのお出掛けありがとうございました。あたたかくみなさまに迎えていただき喜びました。

bibiさん、お出掛けありがとうございました。いつかきっと娘さんとお出掛けくださいね。待っています。

kunoichi*さん、赤ちゃん大きくなったでしょう。かわいいでしょうね〜。うれしい言葉をありがとう。がんばります。

y.nishitaさん、いつかきっと奥羽の地にも行ける日がくると思っています。ありがとうございます。

奈良のお父さん。、書き込みありがとうございます。逆に励まされてしまいました。今後ともよろしくお願いします。そして治療、お辛いこともあると思いますが、応援しています。

阿部さん、ご結婚おめでとうございます。会津に行けなくてごめんなさい。いつかまた出掛けて行きたいと思っています。

るみこさん、末広女子組さんたち、このたびはお会いできなくて残念でした。郡山、楽しかったですよね。毎日が少しずつ日常に近づいていくよう、お祈りしています。

熊谷修一さん、丁寧な書き込みありがとうございました。力がわいてきましたよ。S社長がお元気でよかったですね。仙台からは札幌への交通手段がないので、今回はがんばってやってきますと、社長に伝えたところです。

藍ヒトミさん、いつも書き込みありがとうございます。わたしもぐずぐずもやもや悩んでばかりはやめて動くことにしました。西日本のわたしたち、元気いっぱいで暮らさなければならないですよね。

あかりちゃん、今日はお父様のお誕生日ですね。楽しい一日にしてね。

ではでは、札幌いってきます手(パー)札幌のみなさんどうぞよろしく黒ハート

あ、そうそう。盛岡の朧月夜さんはご無事でした。連絡がとれましたことをお知らせします。


2011-03-21 10:31 この記事だけ表示   |  コメント 7

コメント

真理子さん、こんばんは。悲しみにひきずられてはいけないと思いながら、ニュースを見聞きするといろいろ考え込んでしまいます。札幌の皆さんが是非にとお願いされた気持ち、わかる気がします。道中気をつけて、行ってらしてください。(-人-)
きをと
(2011-03-21 21:10)
真理子さんへ
当地は震度6強でしたが私は無事でした。
真理子さんから心優しいメールを頂いて、私のことまで心配してくださったことを知り、とてもありがたいと思いました。
今の私にできることは、津波の被災地で大きな被害を受けても、「必ずこの街を復興させる。そして、この大きな困難を乗り越えて生きていく孫子は将来立派な人間に成長すると信じる。」と、前向きに生きている親戚の3家族の心を知り感動いたしました。
この親戚たちへいくばくかの金銭支援させていただいたり、近所に住む被災地出身のご家族を家へお泊めしてお世話したり、衣類の提供をすることしかできませんが、体の弱い私ができる精一杯のことをやらせていただいております。
真理子さんの歌は、人々に生きる力を与えてくださる力があります。
毎日CDやiPodで真理子さんの歌を聴かせていただいて、心が穏やかになり、病気なんかに負けていられないという気持が湧いてきます。
これからも、私たちに良い歌を聴かせてくださいませ。
そして真理子さんのますますのご発展をお祈りいたしております。

*真理子さん執筆のコラム記事のURLを教えていただきましたので、これからもたくさん読ませていただこうと楽しみにしておりましたところ、連載が終わりになること知り、大変残念に思いました。
私のことを書いてくださった記事も読ませていただいて、とてもとても、嬉しく元気が出ました〜♪
ありがとうございます。
朧月夜
(2011-03-21 22:01)
真理子さん、札幌きをつけていって来てくださいませ。

朧月夜さんご無事でよかったです!

お会いしたこと無いのに、嬉しくて泣けてしまいました。

どうか、無理をなさらずにお元気でいてください
藍ヒトミ
(2011-03-21 22:14)
まりこさん。まりこさんの言葉、ひとつひとつかみしめています。
わたしたちは今は自分たちのやるべきこと、役目をまっとうしなきゃですね。そして元気でいること、1日を大切に過ごすこと。気付きました、ありがとうございます。

長い時間がかかると思いますが、まりこさんの歌を必要としている方々のもとへまりこさんの歌が届き、こころを優しく照らしてくれることを願います。

息子は今日で3ヶ月になりました。日々成長し、大きくなり、うれしいような、せつないような。
親子ともども、今日を健康に過ごせることに感謝です。
kunoichi*
(2011-03-22 18:47)
真理子さんへ。何度もコメントすみません。
冷水を浴びせられたように我に返りました。今大変なのは皆同じ、何より命からがら、家も財産も失いながらも必死に生きる「戦い」をしている被災者の方々であると。
自分のやるべきこと。先ずはそれを全力でやりぬくことが大事だということ。

俺のような園芸屋は油を使って何ぼ、いいモノを提供することが生業です。反時勢的であるけれどもいつか喜んでもらえたらと信じてやることが俺にとっての職業的良心と思っています。もう、迷いません!

ああ、あと朧月夜さん。ご無事で何より。でもくれぐれも無理はせず健やかにお過ごしください。またそのことを気にかける真理子さんの心配り、ほんとに嬉しく思えます。でもいいですね、昨今はいろんな人の思いがけない善意がそれぞれの心に化学反応を起こしていることは。(真理子さんのファンはその傾向は強いと思いますがそれは主のお人柄なのでしょうか。)

明日は札幌ライヴ、一時震災は忘れて心行くまでうたを愉しんで下さいませ。

y.nishita
(2011-03-22 21:37)
「春をつれてこようと思ったら天気がゆうこときかなくって・・・」というMCにもありましたが雪がちらつく中、札幌へ来ていただきありがとうございました!!
真理子さんのLIVEを札幌で見れる日が来るとは思いもよりませんでした。
数年前アエラの記事で存在を知り、次の日にCDを購入。それからのファンです。
今は体中に上質な音楽を取り込むことが出来て幸せな気分です!
ひとつひとつの言葉と音を大切に届けてくださるLIVEに感動しました。
私の好きなキャロルキングの曲もやっていただき大満足です。(あの件はそこにいた人たちの秘密にしましょうね・・笑)
また札幌でやってください
お待ちしています!!
震災の方を気遣うコメントも心に残っています
私の出来ることを明日から探します!!
クロ
(2011-03-23 23:08)
浜田さんこんばんは。初めての札幌コンサートお疲れさまでした。北海道のファンの方々にとって、初めて生の真理子さんを見る事が出来て嬉しかったでしょうね。僕が宮城県角田市で初めて生の真理子さんを見たように。

僕は藤原新也さん(1944年生まれ、写真家・作家・エッセイストです)を十年位追いかけています。
藤原新也さんは先週金曜あたりから昨日あたりまで、被災の地に赴きました。そして、彼の眼から見た情景と、心情が氏のブログの中で語られています。
僕はそのブログの中に、今回の大震災でこんごらがり、わけの分からなくなった自分の心情や思考の落とし所のようなものを見たような気がします。

ブログから、『内省』…という言葉に思いあたりました。

人を押しのけ、自分のことばかり考えるこれまでの社会(構造)がいかにいやしく、小さいことか…。
人間として、人間をつつしみ、わきまえることが、これからの社会を新たに築いていくのなら、それが重要な価値観となるべきなのではないかと僕は思います。
人間は行き過ぎた…。
利便さ、快適さ、清潔さ、有利優越性、貨幣による安易な社会の構築の仕方、…求め(やり)すぎた人間。

僕は今の社会の在り方…欲を(ない所からでも)出さなければ、欲張らなくては生きていくのが難しい(不利な)社会…が自分には合わないな…と長い間感じて生きてきました。
ないものを出せといわれても、生きるのがつらいです。
僕は今の社会の価値観(優劣ばかりを決める価値観)の中では、出世したいと思いませんし、出世した人を偉いとも思えない人間です。負けてもいいけど、勝たなくても別にいいと思う人間です。僕はひねくれているのかもしれません。


十年以上前からこの国では、不本意にも生きることを投げ出さざるを得なくなった人々が増え続けました。
今回の大震災と原発人災ののちに、この国の人は、これまでの社会の在り方(我々がやってきた事、黙認してきた事)を深く省みる必要があるのではないかと僕は思います。

僕には、今回の大震災で、なんだか急に『いい人』になる人が増えて、少し気味がわるいな…と感じる部分もあります。

長文で申し訳ありませんでした、浜田さん。ただ浜田さんに聴いてもらいたかったのです。読んでくださりありがとうございました。

山形県尾花沢市 熊谷修一
熊谷修一
(2011-03-24 17:33)

コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。