浜田真理子オフィシャルブログ「本日のハマダマリコ的こころII」

視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う

02歴史館入口.jpg
おはようございます。晴れの松江晴れです。みなさまいかがお過ごしですか。今日から4月、新しい年度で職場を異動になる方、新入社員の方などいろいろな方が新しい生活になりますね。もう少ししたら学生さんも入学なさいますね。おめでとうございますexclamation新しい場所に行くのは誰もちょっとだけ不安ですが、でも大丈夫。初めからあんまりがんばりすぎると息切れしちゃうので、まずは周りを眺めてみましょう。自分の置かれている場所をよくよく観察して、それから周りにいる人のことも観察してみましょう。パニックになったり緊張したりすると、周りのことが見えなくなってしまうのですが、少し大きい呼吸をして観察日記を書くつもりで眺めてみるとこころに余裕ができますよ。新しい場所が一日も早く居心地のよい、あなたの居場所になりますようにぴかぴか(新しい)

震災から、早くも三週間。刻々とうつりかわる状況の中、被災地でお過ごしのみなさんにはまだまだご不便が多いですね。被災者のことは、被災したものでないと決してわからないと誰かが書いていらっしゃいました。まったくそのとおりです。ですが、それで終わっていたら人としてあまりに情けない。一生懸命想像力を働かせてお気持ちを察したいと思います。そして、変わらぬ支援を長く続けていけるようがんばりたいと思います。

さて、ハマダの最近の活動をお知らせします。
3月26日には松江歴史館で「ナイトミュージアムwith 浜田真理子」という企画をしていただき、1時間ほどのコンサートをさせていただきました。畳が140枚も敷かれている大きなロビーで座布団をしいて聴いていただきました。お出掛けくださったみなさまありがとうございました。和風な場所でしたので、お祝いの気持ちも込めて、着物で歌わせていただきました。ナイトミュージアムの企画はこれからも続けて行くと歴史館の方々もおっしゃっていました。観光の方はもちろんですが、地元の人が使ってこそのハコモノだと思っております。展示も折にふれて変わるそうです。どうぞ1度と言わず何度でもお出掛けになって、町の誇りの一部になりますようにと願います。なお、コンサートの入館料800円は義捐金にふりかえてもいただきました。ご協力ありがとうございました黒ハート

ライブの興奮さめやらぬ翌日は東京へ参りました。とあるCMのお手伝い、録音をしてきました。30秒ほどのフレーズを何度も何度も何度も何度も録りなおし、結果よい録音ができたと思います。詳しいことはまだ発表できませんが、準備ができましたら、お知らせしますのでごらんになってくださいね。

さて、3月は公私ともに駆け抜けましたがここへきて少し時間ができました。4月のクアトロツアーの準備をするとともに、これからどのように活動をしていくかというようなことも考えてみたいと思います。被災地への慰問のお話、チャリティコンサートのお話、まだ形になってはおりませんがちらほら耳にしており、何かできればいいなあと思っているところです。

☆ぎんちょこさん、歴史館へのお出掛けありがとうございました。座布団に座っているみなさまをピアノから眺めるのも壮観でしたよ。楽しんでいただけたならうれしいでするんるん

裕子さん、仙台はほんとうに大変でしたね。お見舞い申し上げます。iPodで「わたしたちのうた」を聴いていただいたとの書き込みを読んで涙が出ました。ありがとうありがとう。仙台にもまた行けるよう、がんばります。どうぞ、お体に気をつけて。

さほのかぁちゃんさん、「化粧」はいい歌ですよね〜。ありがとうございます。

yokoさん、「白洲次郎」をごらんになったのですね。次郎さん、かっこいいですよね。そして音楽にもこころをとめていただきありがとうございます。あの曲は「しゃれこうべと大砲」と言います。森繁久弥さんのCDを聴いているときに偶然見つけた曲でした。長く歌って行こうと思っています。

みなっちさん、「愛して愛して愛しちゃったのよ」はリクエストを募った中から選んで歌いました。かわいい歌ですよね。今年はまた心斎橋クアトロでお会いできるのですね。まだ、歌ができてないけどがく〜(落胆した顔)これからスパートをかけてがんばりま〜す。お会いできるのを楽しみにしています。

愛さん、札幌ではありがとうございました揺れるハート。たいへんあたたかく迎えていただきうれしかったです。ぜひぜひまた出掛けてみたいです。またお会いできますことをぴかぴか(新しい)

朧月夜さん、いつもありがとうございます。教えていただいたブログ読みました。現場を見てきた人のきれいごとでない言葉は力強く胸に迫りました。こんなに若い方の一途で一生懸命な文章を読むと、とても頼もしく、またわたしたちも何かしないではいられないという気持ちになります。ありがとうございます。みなさんにも読んでいただきたいのでURLもう一度上げておきますね。
http://blog.goo.ne.jp/flower-wing

ではでは楽しい週末をるんるん

だん吉&エバのおまけコーナー
サインをするハマダ、文豪風味。わははは。
04真理子さん(サイン会)2.jpg

写真協力:赤い人(ありがとねー手(チョキ)


2011-04-01 10:51 この記事だけ表示   |  コメント 8

コメント

松江歴史館でのコンサート、とても良かったです。
時間帯、場所的雰囲気、着物姿の真理子さん、それに合った弾き語りとトーク。
これまでにない優雅な気分に浸れ、幸せな気分になりました。
素晴らしい、「真理子ワールド」の体感でした。
ありがとうございました。
これからも素晴らしい演奏、心を打つ歌を作り続けて下さい。

このコンサートの感想的なものを、私のブログに載せました。
「アメブロ 赤鼻のトナカイ」 です。
良かったらどうぞ・・・CMでした。
何か支障があれば言って下さい。
よっちゃん
(2011-04-01 11:30)
真理子さん、おばんです。
松江歴史館、畳敷きのロビーでのコンサートなんてなんといかしているじゃありませんか。このような場所を提供した松江歴史館、演者の真理子さん、そして観客の皆様方、実にかっこいい、と思う次第ですね。俺も見に行きたいなあ。(着物姿の写真、大正浪漫風で素敵ですなあ。)

しかし、一見コンサートとは無縁な場所にてこのような形での催しをできるというのは、その土地の底知れぬ力を感じます。考えてみれば松江はもとより弘前、鶴岡/酒田、金沢、津和野・・・日本海側には古の文化を守りそこから新しい文化を創出していく「文化志向の町」が多いのはなぜでしょうか。こんな風土から浜田真理子が出てきたのは自然なのかもしれませんが、どうでしょう。

来月はクワトロツアー、またお忙しいと思いますがお体に気をつけてご活躍くださいませ。
y.nishita
(2011-04-01 20:37)
浜田さんのお着物姿、ステキです〜〜☆彡

あたたかいです。ここ。
ふるさとに戻った気持になります。

これからのご活動を応援しています。

ありがとうございました(^-^)/
麻美
(2011-04-04 21:35)
真理子さん
桜、日本の春がやってきましたね!!
やっと暖かくなりはじめて
身体が喜んでおります

震災の問題は長引きそうですが
最近「今の日常の小さな幸せ」が
我が家のテーマ?で
今月は心も穏やかに過ごせたらと思っています
真理子さんの言われるように
大きな深呼吸をしながらぼちぼちでんな
(ここは何故か大阪弁)

それにしても真理子さん
お着物姿、とても素敵でお似合いです・・・
私は身長はあるし、いかり肩なので
羨ましいな〜
普段のステージに立つドレス姿も素敵ですがね
でもお着物でピアノってどんなかな?
足を広げられないし、とか
なんて想像したりして あはは 失礼しました

CMのお話、とても楽しみにしております
どんなだろう わくわくしておりますよん
あかり
(2011-04-05 08:59)
真理子様お久しぶりです。島根歴史館でのコンサートいけませんでした。(涙)震災の影響がじわじわと仕事に影響し始めてバタバタしているうちにチェックし忘れていまい、気づいたときには遅かったです。次はいつお会いできるのでしょうかね。またイベントがあれば教えてくださいね。地震以来毎朝新聞を読んでは涙しています。これだけ毎日何をすべきか考えながら日々を過ごしたことはありません。きっと皆さんも同じ思いだと思います。明日から娘は二度目の高校一年です。どうなることやら・・。今はただ祈るばかりです。
bibi
(2011-04-07 23:44)
真理子さん、松江でのステキなコンサートに私も行きたかったです。お着物もお似合いでステキですね。
札幌は少しずつ雪も溶け、我が家の庭にも土が見えてきました。
この春から夫の初の単身赴任となり、車で6時間のところに離れ離れになりました。
先週、転居の手伝いの帰り道はずっと真理子さんの曲をかけながら帰ってきました。
同じ年の真理子さんの曲に、なぜか自分の人生を重ねていました。
Treasureを聞きながら夫のことを思い涙がこぼれたり、Americaを聞きながら昔の恋人を思い出したり、色々な思いが溢れてきました。
息子も(松江に雨がふる〜)と一緒に歌ってくれ、一度松江に行きたいねと、話しています。
真理子さんの曲に慰められ、励まされ、喜びもいただいています。
ありがとうございます、真理子さん!
(2011-04-09 21:14)
 未だ浜田さんのコンサートに行けていないホリゴンと申します。
 今回の大震災で普通に生活できることがどれだけ貴重なのかということを、改めて感じました。何もできませんが募金ぐらいは協力できるかと思い募金箱を見るたびに募金している状態です。
 歌は人の気持ちを奮い立たせてくれます。(私もいつも救ってもらっています。)そういう歌を仕事としている浜田さんを尊敬するとともに羨ましく思います。きっと被災された方にも浜田さんのファンはたくさんいると思いますし、元気づけられていると思います。
 私は浜田さんが好きです。歌声とはまったく違うぶっちゃけトークのブログも大好きです。
 今年こそは直に浜田さんを観て、生歌を聴けたらいいなあと思っています。
 浜田さんも身体に気をつけて頑張ってください。
ホリゴン
(2011-04-13 22:30)
震災で心が沈んだままです。自分の無力さ…いくら被災者の気持ちを察しても、どうしても他人事になってしまいます。今は支援を続けるしかないですね。もう少し後に必ず真理子さんの力が必要になる時が来るはずです。私はその『力』を信じています。
優希
(2011-04-14 23:18)

コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。