浜田真理子オフィシャルブログ「本日のハマダマリコ的こころII」

視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う
in Yamaguchi.JPG
カメラ写真は左から(知ってるだろうけど、小泉今日子さん)、「マイ・ラスト・ソング」プロデューサーの佐藤剛さん、右(せめてついでに知っておいてほしい、ハマダ)

おはようございます。今日はだらみたいに暑いですね〜〜〜あせあせ(飛び散る汗)。いかがお過ごしですか。立秋が来て、これはいったいぜんたい残暑と呼ぶものなのか疑問ですがお見舞い申し上げます。お体いかがです?

昨日山口から無事戻って参りました。小さな小さな湯田温泉駅から電車に乗り込んで、雰囲気はまことによくバス、このたびも順調に電車に酔いながら帰りましたよ。

小泉今日子さんとの「マイ・ラスト・ソング」は回を重ねて少しずつ深度を増しているようです。今回は東京から久世氏の奥様、朋子さんも来てくださってごらんいただきました。(本久世朋子さんの「テコちゃんの時間」おすすめいたします。)この「マイ・ラスト・ソング」は8月25日、26日と今度は、金沢、富山へ参ります。初めての場所で楽しみにしております(地図に丸をつけるよー)。あちらでお会いできるみなさま、待っててねー。

☆ちふみさん、今年はゲリラ豪雨だとかなんとか、定まらないお天気ですね。松江にお出掛けになるようですね。このごろの松江はだらみたいに暑いです。(「だら」の意味はミスターしじみにお尋ねを)。部室でお会いできるといいですね。12日はMIKAさん(ニューヨーク在住のピアニスト)のライブです。

よっちゃん、いつもありがとうございます。水郷祭楽しみましたか?

くんちゃん、試験はいかがでしたでしょうか。上首尾であったことを祈りまーす。

tamiya nobuさん、「LOVE YOU LONG」を聴いてくださってありがとうございます。コメント、励みになりました。

心にサクラさん、考えてみれば8月6日に「マイ・ラスト・ソング」をやるなんてめったにあることではないですよね。この偶然を大切にしたく思い、「一本の鉛筆」を初めて歌いました。歌えば歌うほど大きくなっていく歌だと思いました。YCAMは場所もスタッフのみなさんも大好きです。お出掛けありがとうございました。

ひろこさん、ご家族でのお出掛けありがとうございました。みなさまによろしくお伝えくださいませ。

neko→atsukoさん、湯田温泉つかりましたよ〜。いい湯でした。冷房で冷えた体をぐっと温めました。お出掛けありがとうございました。またお会いできる日を楽しみにしています。

だがやさん、2日間のお出掛けありがとうございました。「マイ・ラスト・ソング」は進化しながら細く長く続けて行きたいなと思っています。これからもよろしくお願いいたします。

最後になりましたが、YCAMのみなさま、お世話になりました。特に担当の土居さん、2年越しで準備をしてくださってありがとうございました。あなたの熱意がなければこの企画はありませんでした。ありがとう黒ハートまた呼んでちょ。そして、月の沙漠をみんなで歌いましょうもうやだ〜(悲しい顔)

ではでは、お盆やすみはゆっくりと高校野球でも見ましょうね。


2011-08-09 11:36 この記事だけ表示   |  コメント 6

コメント

真理子さん、遠い遠い山口に来てくださってありがとう。マイラストソングはいい企画ですね。歌も朗読も素敵でした。私、ライブの中の3人の共通点、勝手に見つけてしまいました。汚れのない澄んだ世界と危うい(?)世界の境界線上に立っておられるな、と。(深読み!)
yoko
(2011-08-09 19:59)
はじめまして、真理子さん。私は高校時代にたまたま金沢市のレコード屋さんで真理子さんのCDを手にして、それ以来ファンになりました♪一度だけ島根のコンサートにお邪魔したんですが、まさか金沢にきてくださるとは!!!ソッコーでチケット買いに行きました(笑)当日は楽しみにしています♪♪
えっこ
(2011-08-10 22:24)
真理子さん、お久しぶりです。
とはいっても、数十年ぶりですがね。
松江で生まれ育ち、流れ、流れて富山にいます。

子供の頃、一緒に遊んだ真理子さんの活躍は
母親から聞いてます。

会ってもわからないかもなぁ〜
って、誰かわかりませんよね!

今度、富山においでになるということで
嬉しくなって早速、チケット買いました。

富山で歌声を聴けるのを楽しみにしています。
(2011-08-13 19:40)
真理子さんお久しぶりです!

四月から新しい会社に正社員で就職し、何がなんたかわからないままバタバタと気が付いたらお盆休み

あまり真理子さんのプログみれてなく、ツイッターは毎日覗かせて頂いてますが。

奈良のお父さんのこと、今日初めてしりました。

残念です。

コメントの向こう気配を感じさせてくれる方でした。

ここで、出会えたことを感謝します。

今日よりご冥福をお祈りさせて頂きたいと思います。
藍 ヒトミ
(2011-08-17 12:25)
試験 無事に終わりました。
この年齢で、2日間・5科目ずつの日程は非常にキツイものでした。
吉と出るか凶と出るか・・結果は来月下旬判明。
うまくいけば、二次試験にチャレンジできます。
ダメでも、勉強したことは無駄にならないし、
今はそれなりに満足しています。

マイラストソング 次は金沢・富山なのですね。
新婚旅行で訪れた地・・・懐かしいです。
今は無理だけど、もう一度行ってみたいな〜

まだまだ厳しい暑さが続きますね。
お体に気をつけて頑張ってください。

くんちゃん
(2011-08-17 14:48)
こんばんは,真理子さん。

真理子さんと小泉今日子さんの並んだ写真を眺めていたら,先月読んだ村上春樹さんのエッセイを思い出しました。とても心に残る素敵な文章なので,ちょっと長めですが,せっかくなのでご紹介しますね。


この人生においてこれまで,本当に悲しい思いをしたことが何度かある。それを通過することによって,体の仕組みがあちこちで変化してしまうくらいきつい出来事。言うまでもないことだけど,無傷で人生をくぐり抜けることなんて誰にもできない。でもそのたびにそこには何か特別の音楽があった。というか,そのたびにその場所で,僕は何か特別の音楽を必要としたということになるのだろう。

ある時にはそれはマイルズ・デイヴィスのアルバムだったし,ある時にはブラームスのピアノ協奏曲だった。またある時それは小泉今日子のカセットテープだった。音楽はその時たまたまそこにあった。僕はそれを無心に取り上げ,目に見えない衣として身にまとった。

人はときとして,抱え込んだ悲しみやつらさを音楽に付着させ,自分自身がその重みでばらばらになってしまうのを防ごうとする。音楽にはそういう実用の機能がそなわっている。

小説にもまた同じような機能がそなわっている。心の痛みや悲しみは個人的な,孤立したものではあるけれど,同時にまたもっと深いところで誰かと担いあえるものであり,共通の広い風景の中にそっと組み込んでいけるものなのだということを,それらは教えてくれる。

〜村上春樹著『おおきなかぶ,むずかしいアボカド』の中の「ベネチアの小泉今日子」から抜粋〜

モンテクリスト
(2011-08-21 21:20)

コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。