浜田真理子オフィシャルブログ「本日のハマダマリコ的こころII」

視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う
singing.jpg
写真:歌だけ録音するのに、わざわざピアノの前に座って歌わせてもらうの巻

2月も下旬になりましたがまだまだ寒いですね。いかがお過ごしですか?今日はお天気はよいのですが、朝は道路が凍っていました。放射冷却?早くあたたかくならないかなあ。

Mr.Natsume and his men.jpg
写真:夏目一朗プロデューサーとその仲間たち

さて、前回のブログでは、今治へ夏目一朗さんに会いにでかけてきたところで終わっていましたが、このたびはその続編をば。今年はアルバムを作りますと早々に宣言していましたが、カバーアルバムを先に作ることになり、夏目さんにプロデュースをお願いしました。今回はわたしの弾き語りだけでなく、バンドサウンドで歌を歌っています。夏目さんのリーダーシップのもと、都内のスタジオで3日間びっちりと作業をさせてもらいました。このようながっつりとしたバンドサウンドでの録音はこれまでなく、わたしにとっては初めてのことだらけでしたが、「初めてのことマニア」なわたしとしては毎日がわくわくの3日間でした。そして、たくさん勉強になりました。ただ今できあがった音源を聞きながらこれを書いていますが、みなさまの驚かれる顔を想像してにやにやしていますわーい(嬉しい顔)。え〜exclamationまりこさんには弾き語りだけで歌って欲しい〜がく〜(落胆した顔)、とか、いろいろご希望もあるかと思いますが、まあそんなかたいこといわずに。ハマダの新しい引き出しをどうかお楽しみくださいね。発売は来月です。ぽかぽか春の陽気の中で聞いていただければうれしいです。(写真提供はyamasin(g)。いつもありがとね〜揺れるハート

taking a break.jpg
写真:夏目さんとおなじみ美音堂ずっこけ三人組。

☆ちふみさん、四十雀おめでとうございます。これからきっともっと楽しくなりますよ。またライブでお会いできるのを楽しみにしています。あ、そうそう、松江でもお待ちしております。

井上真理子さん、同じ名前の真理子さん、コメントありがとうございます。はげまされたというそのコメントにわたしがはげまされまするんるん山口にもまた行ってみたいです。近いようで遠い松江ですが、もしよかったら足を伸ばして松江にもお出掛けくださいね。

satoshiori56さん、ありがとうございます。「白い船のゐる港」見つかってよかったです。とても好きな歌です。ありがとうございますぴかぴか(新しい)

kamiさん、期間限定音源を聴いていただいたのでしょうか。まだCDにはなっていませんが、がんばります。ありがとうございまするんるん

菅原綾子さん、メールをいただいたとのこと、ありがとうございます。スタッフにたずねてみたのですが、どうやら届いていない様子。よろしければ、再送をお願いいたします。


2012-02-20 14:11 この記事だけ表示   |  コメント 16

コメント

 新しい真理子さんの引き出し、一体どんな宝物が入っているのでしょうか?

 あけて、ほんのり 、、、あけて、びっくり、、、あけてぽかぽか、、、、まあいずれにしても手にとって
開けてみないことにはね。
 楽しみにしています。
鈴鹿のJUN
(2012-02-20 15:22)
浜田さんこんばんは。
僕も去年は浜田さんとお話ができ、うれしかったです。とくに浜田さんのコンサートに参加すると、僕がどうなってしまうのかをお伝えでき、おそらくはよかったのだろうなあと、いまだに思っております。今年も宜しくお願い致します。

来月に新しいアルバムをだされるとのこと。うれしいニュース。楽しみです。浜田さんのバンドサウンド、なかなか想像できないですが、是非聴いてみたいです。

今年は雪が多くて、大変な冬でしたが、この頃は空気にどこか、やわらかさや、緩みが感じられるようになりました。春はそこまで来ているのだと思います。

今日は母(1949年生まれ)の63歳の誕生日でした。なかなか気恥ずかしく、おめでとうも言えていませんが、いつまでもできるかぎりの健康であってほしいと願うばかりです。

浜田さんもお体に気をつけて、出来るかぎりの健康であってほしいです。浜田さんは、これからも長く歌いつづけてほしいかたです。

今日はまた、1967年に生まれて、1994年に27歳にして急逝したアメリカのシンガーソングライター(通称グランジロックのイコンとも呼ばれておりますが…)、カート・コバーン(:KURT COBAIN)の誕生日でもありました。
彼は、ジェフ・バックリーと同じ時代に活躍した男性ボーカリスト・ギタリストです。
彼の声や痛々しいボーカリゼーション、上手くはないのかもしれないけれども、生々しく、どこか温かみのあるギターの弾きかたは、今でも僕の大切なこころの一部。

カート、45歳の誕生日をおめでとう。僕は君と出会えてよかった。君がいてくれてよかった。KURT,YOU ARE MY FRIEND.

熊谷修一
(2012-02-20 18:50)
わわわ、バンド・サウンドでのカヴァー・アルバムとは!取り上げられている曲を想像しながら、その新作が届けられる日を楽しみに待つことにします。早く驚かされたいなぁ。

ところで真理子さん、歌入れはいつもピアノの前に座って行うのですか?
Blue
(2012-02-20 23:06)
ご丁寧にお返事を頂きありがとうざいます<(_ _)>
真理子さん、スタッフの方にお手数をおかけして申し訳ありません。
ただ今美音堂さん宛てに再送させて頂きました。
今度は無事届いていると良いのですが・・。
菅原綾子
(2012-02-21 09:52)
初バンド録音に加え、ピアノも初の「ベーゼンドルファー」ですね。
ベーゼンドルファーは鍵盤が重くなかったですか?

「弾き語り」ではない歌声では、「武満 徹トリビュート」のアンコールでの菊地成孔氏とのデュオが強く印象に残っております。
まる む
(2012-02-21 10:52)
いつもブログ楽しみに読ませて頂いてます!
東京都目黒区在住の24歳、男真っ盛りです!


仕事に疲れた夜は決まって浜田真理子さんの歌を聴きながら眠りにつきます。

本当にいつも助けられております。

お体に気を付けてこれからも頑張ってください!

アルバム出たら絶対買います!
しょーた
(2012-02-21 12:44)
バンドサウンドでのカバー曲があるだなんて、ドキがむねむねです!レコーディング風景の写真3枚もステキな金縛りになるナイスショットばかりで喜びましたw。yamasin(g)さん、ナイスですね〜。

ちなみに「弾き語り」でない歌声は、京都精華大学でキャンディーズの歌などを、ふちがみじゅんこさんと鈴木祥子さんとの3人娘wでカバーされたときのことを思い出しました〜。

さらに夏目さんといえば、20年近く前!?に社内軽音楽部主催のバンドクリニックに講師としてお招きしたことがあり(すごい偶然!)、うちのバンドでは、ドラムの両端にメンバーを立たせて、それぞれ手でシンバルとクラッシュをミュートさせていたことに、しっかりとつっこみを入れてくださったのを思い出しましたw。
赤い人@大阪
(2012-02-22 01:12)
私が初めて、浜田真理子を知ったのは仕事帰りの車の中。FMラジオから流れてきた穏やかな声の女性。その言葉に心が動いた「俺ゴスペルを歌います。」かっこいいじゃん。歌われた「柔」に心を掴まれてしまった。日本海の夕日を見ていた。ハマダマリコという歌手。CDを買わなくっちゃ、CDショップへ、「柔入ってます?」透明なパッケージがされた、黒いジャケット。特別にお店の人が中を見てくれたが、「柔らは入ってません」「いまあるCDはこれだけです」『mariko』を購入。家で聴くと英語の歌が続いた。「のこされし者のうた」「AMERICA」がいい。次に『あなたへ』『月の記憶』『Love song』を購入。前者のアルバムで完全に虜になる。友人知人に勧めまくる。「純愛」をある女性は中途半端でもいいから愛が欲しいと言いました。すべて素晴らしいけど「あしくび」Hをさらりと歌うところがいい。「あなたへ」子供達に聴かせたかった。自分も子供?「教訓T」言わずと知れた加川良。その志、反骨がいい。東京の大きなホールで初めてのコンサートのアンコールがこれ、少しでなく、世情を考えると、かなりの挑戦。その後も『こころうた』『夜も昼も』購入。好きな歌多数。初めて松江の県民会館のコンサートに出かけたのもこの頃。ちょうど雨でした。そして、山口情報芸術センターのコンサートへ、「きのう湯田に泊まったんです。露天風呂に入って、月が出ていて。・・・・それだけなんですけど」MCに笑う。帰り『うたかた』を車で聴きながらながら帰宅。ACの国境無き医師団のキャンペーンソング「ひそやかなうた」。「みちくさ」「めぐりあい」に心がうごく。今日も「月の記憶」DISC-1をリピートしてます。初めてライナーナーツを読みました。田口史人さん、天野環さんと読み進み、おもわず落涙。私が見たライブは髪を切った後の真理子さん。楽しそうに見えるステージ。そこにはすごい集中があることを知りました。来月発売のカバーアルバム、そしてオリジナルアルバムが予定されているとのこと、楽しみです。
satoshiori56
(2012-02-22 02:03)
新作!出るんですね。ウレC(笑)…”寡作の人”という印象が強いもので、もう出るのかと思いましたが、前作「うたかた」から、結構月日は経っていたんですねぇ。それにしても楽しみだー。
冬のオルカ
(2012-02-22 21:58)
みんなみんなマリコさんの虜。
うんうんと肯きながら書き込み読んでいます。
私も今やマリコさん無しでは生きていけない・・
本日、夫のバースデー。
発病してちょうど3年・・・ 
よくぞ生きていてくれました。
精神的に病みそうになる私を支えてくれたのも
マリコさんの歌声でした。
本当にありがとうございます。
カバーアルバム、すご〜く楽しみです♪
くんちゃん
(2012-02-22 22:18)
カバーアルバムですか〜☆
楽しみにしています(^o^)/



夏目プロデューサーさん、見た目は怖そうな。。。
あ、これは内緒で(笑)
YAO男
(2012-02-23 21:47)
こんにちは

昨年,福島音楽堂でのコンサートでサインをいただいた者です。

唐突で恐縮ですが,山陰地方からの連想で,昔,五つの赤い風船が歌っていた鳥取県民謡の「貝殻節」を思い出しました。

個人的な興味で申し訳ないのですが,何となく真理子さんが歌ったらどうなるかなあと想像しています。
なも
(2012-02-26 17:08)
真理子さん
春待ち、ならぬ
アルバム待ち!!!
楽しみです〜。
もう明日は来月ですよ〜。
いつ発売ですか?

今日ひな人形を飾りました。
あはは。遅い。
東京お気をつけて行ってきてくださいね。

あかり
(2012-02-29 17:07)
こんばんわ。今日「じいちゃんのわさび」で歌ってらした「ひそやかなうた」素敵でした。鳥取でのコンサートで聞けると嬉しいですね。
teko
(2012-03-03 00:00)
まだまだ寒い毎日ですが、
真理子さんがカバーアルバムを!!という話題に、
一気に血行が良くなったひな祭りの夜です。
真理子さんの歌も、選曲もとても楽しみです♪

3月は勤務先が決算なので、
OLとしてはちょいと頑張りどころなのですが、
これもお楽しみのひとつにして
時折思い出してはニヤっとして働きます!

暖かくなるのも待ち遠しいですが
暦は季節の変わり目、ご自愛くださいね!





裕子
(2012-03-04 22:15)
はじめまして。夏目さんと言えば松山千春さん。アレンジを手がけ、コンサートでは千春さんにいじられていますよ〜。浜田さんの歌も毎日聴いています〜(^_^)v
みのるくん
(2012-06-16 10:09)

コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。