浜田真理子オフィシャルブログ「本日のハマダマリコ的こころII」

視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う
マイ・ラスト・ソング東京公演[2012年ライブ記録]
ご来場ありがとうございました。
久世光彦「マイ・ラスト・ソング」東京公演
2012.7.14-15 at 世田谷パブリックシアター
小泉今日子(朗読)・浜田真理子(歌・ピアノ)

港が見える丘(作詞・作曲:東辰三)
バイヤ・コン・ディオス(作詞・作曲:LARRY RUSSELL 訳詞:井田誠一)
月の沙漠 (作詞:加藤まさを 作曲:佐々木すぐる)
離別(イビヨル)(作詞・作曲:吉屋潤)
ふるさと(作詞:高野辰之 作曲:岡野貞一)
朧月夜(作詞:高野辰之 作曲:岡野貞一)
時の過ぎゆくままに(作詞:阿久 悠 作曲:大野克夫)
東京キッド(作詞:藤浦 洸 作曲:万城目 正)
一本の鉛筆(作詞:松山善三 作曲:佐藤 勝)
さくらの唄(作詞:なかにし礼 作曲:三木たかし)
酒は泪か溜息か(作詞:高橋掬太郎 作曲:古賀政男)
プカプカ(作詞・作曲:象狂象)
海ゆかば(作詞:大伴家持 作曲:信時潔)
哀しみのソレアード(作詞:F.Specchia/M..Seimandi/A.Salemo作曲:Zacar/D.Baldan)
みんな夢の中 (作詞・作曲:浜口庫之助)
2012-07-17 12:07 この記事だけ表示   |  コメント 7

コメント

一日千秋の思いで、待っていました。『マイ・ラスト・ソング』
浜田さんの存在を教えてくれて、CDを貸してくれて、当日ご一緒した、真弓さんに「浜田さんに惚れますよっ!」と言われて居りました。
はいっ! その通りになりました(笑)。
CDだけでも参っていたのに…

誰でも知る歌達なのに、浜田さんの体を通して溢れる歌は、どうしてこうも、心の琴線に触れるのでしょうか?
お陰で鼻水と涙の処理に困りました(笑)。
自分のブログにも書かせていただきましたが、浜田さんの歌声が神が与えた物だとしても、それを操る浜田さんの優しい気持ち・美しい心が内面にないと、こんなにも素直に聴く側に伝わらないと思います。

サインを頂いた時に、
『お名前は?』
「正木です」
『あっ!正木学さんっ!』
たった一度のコメントなのに、名前を覚えて頂いていたのにも驚き感激して、握手して頂いた柔らかい手からも優しい人柄が伝わり…また惚れてしまいました(笑)。

しかし当方妻子ある身、浜田さんの次回のライブを夢にCDで我慢します(笑)。

『ステキなコンサート』・真弓さん曰わく『至福のひととき』ありがとうございました。

CDを聴く度安らぐ気持ちと、『浜田真理子』を教えてくれた真弓さんに感謝の日々です。
正木学
(2012-07-17 23:24)
朗読を終え、「プカプカ」を聴きながら久世さんの写真を見上げて寛いでいるソファの小泉今日子さんの背中から

そろそろ私も唄っちゃおうかな〜

そんな呟きが聞こえた気がしたのは私だけでしょうか(笑)

『マイ・ラスト・ソング』は年に一度の自分へのご褒美としておきたい気持ちと地方公演にも行ってみたい浮気心がせめぎあっています。

友達は浜田真理子好きなんですよ、という知り合いが多くて困ります(笑)

まずはそこから取り組みたいと思います。

脳天先輩(た満月満月改メ)
(2012-07-18 07:16)
染みました。
マイ・ラスト・ソングのライブは初めてでしたが、
良い企画ですね。
キョンキョンの朗読もとても素敵で
とても幸せな空間でした。なんかそのアタリに
漂っているような不思議な感覚になりました。

初浜田さんだった一緒に行った友人も
完全に虜になってしまったようですよ。

サイン会の時は一番始めに並んでサインをいただきました。最新アルバムのこんなアレンジで歌う
真理子さんも素敵ですが、
ピアノの弾き語りもやっぱり素敵です!

もっともっと東京でもライブやってくださいね。
yuzuru
(2012-07-18 15:39)

こんばんは。

昨年12月の唄会十日町以来,7か月ぶりに真理子さんのライブを聴くことができました。

時が経つ早さに驚かされます。

小泉今日子さんのお話の中で,ドラマ「花嫁人形は眠らない」のロケの合間に,笠智衆さんから月の砂漠を教えてほしいと頼まれ,歌ったというエピソードがとても印象的でした。

今回,真理子さんが歌われた曲はもちろん,どの曲もみんな素晴らしいのですが,でもその中でも,やはり哀しみのソレアードは何か特別でした。

いつもそうなのですが,真理子さんがこの曲を歌っている4分ほどの短い時間,僕はまったく次元の異なる世界に入り込んでしまうのです。

モンテクリスト
(2012-07-18 21:37)
もう一度,なも@釧路です。

サイン会,ちゃんとなさったのですね。「あなたの心に」を買ったとき,「サイン会がありますから…」と言われたのですが,終演後にアナウンスがなかったので,「やはり東京では人が多いからしないのかな?」と思ってしまいました。

残念なことをしました。
(2012-07-19 03:31)
真理子さん! こんにちは☆
会場で購入したCDを毎日聴いています。聴くと、元気が出ます。

鳥取は伯母の住む街♪、世田谷は私の住む街♪、そして岡山は母の故郷♪。 真理子さんのブログとも出会った今、真理子さんを通して、心の旅をしている感じです☆ 

少しでも早く、またお会いできるのを楽しみしています♪
Reiko Hataya
(2012-07-19 05:54)
真理子様
今頃コメント書いちょーよ。
当日、東京は本当に暑かったが。

一緒に行った友人が、一回で真理子様のフアンになりました。

コンサートは小泉今日子さんよりも真理子さんの方が目立っていて、私も鼻が高かったわ。(低いけど)

また、東京でコンサートやってごいてや。

別の友達連れて行くけん。

早苗
早苗
(2012-08-13 21:14)

コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。