浜田真理子オフィシャルブログ「本日のハマダマリコ的こころII」

視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う
IMG_3206.jpg
カメラアンニョンハセヨ〜。

おはようございます。ぼうっとしているうちに一月も終わりに近づいています。いよいよ今週末は松江での「マイ・ラスト・ソング」楽しみですね〜。お天気も週間天気予報をみた限りではよさそうよ。

さて、先週の流れを少し書いてみましょうか。

まずは20日。スクールMARIKOのご相談で中国電力へ行って来ました。今年はスクールのオプションイベントで、島根原発の見学もさせていただくことになりました。セキュリティの関係などで人数制限があったりなど、条件もきびしくなってはいますが、それでも見学を許してくださった中国電力島根支社に感謝したいと思います。
今年のスクールMARIKOは4月26日から。第一回はトーク&ライブということで、二階堂和美さんをお呼びしています。映画「かぐや姫の物語」の主題歌を歌っている方ですよ。二階堂さんは広島在住で普段は僧侶をなさっています。プロジェクトFUkUSHIMA!の活動にも参加なさっているので、お聞きしたいことが山盛りです。どうぞお楽しみにグッド(上向き矢印)スクールの概要は近日公開します!

1555348_563122820443765_734384136_n.jpg
カメラ国際交流員のキムさんと。なんか、お母さんみたいだなあ、わし。

22日は松江市国際交流館で開催された韓国公開文化講座「韓国のお正月」イベントに参加してきました。松江市の国際交流員、キム・フジンさんのお話を聞きました。お正月の様子を聞いたり、韓国のお雑煮を食べたり、お正月のゲームをしたりしました。楽しかった。お正月に家族が集まるのは、一緒なんだなあと身近に感じました。子供たちにお年玉をあげる習慣もあるんですって。終わりには、韓国の民族衣装を着せてもらいました。いろとりどりで素敵でした。もちろん、着たわよ〜♪

ええじゃないか。.jpg
カメラええじゃないか。

23日は、遠藤ミチロウさんのライブにちょこっと参加してきました。今年初のライブが、遠藤ミチロウさんとだなんて、今年の俺はパンクだぜ!みたいなわーい(嬉しい顔)気分でしたよ。他には蒜山からのラモーン部というバンドも出演しました。彼らは蒜山で酪農をしていたりという働く青年部という感じで、ラモーンズのコピーをやっているそうです。かっこよかったわよ。爆音でおべたけど。

ミチロウさん.jpg
カメララモーン部入部。押忍!

ミチロウさんはかっこよかったですよー。60歳を過ぎているとは思えないほどのパワフルなステージでした。終わりにはハマダも一緒に「ええじゃないか音頭」を歌いました。1月に盆踊りでもええじゃないか。

JAMJAM.jpg
カメラ公開録音!

打ち上げのカレーをがまんして帰って翌日は朝から、京都へ行き、大友良英さんのラジオ番組に出演しました。「昨日ミチロウ今日おおとも」みたいな流れ、今年は春から縁起がいいやと思いました。
大友さんのラジオはKBS京都の「大友良英のJAMJAMラジオ」です。2010年4月からの放送が200回を迎えたということで、記念の公開録音で、ライブもしました。ポッドキャスト版もございますので、どうぞチェックをお願いします。200回目の放送は1月31日です。
http://www.kbs-kyoto.co.jp/radio/jam/

25日は京都から帰ってその足でカラコロ工房へ行き、おがっちの「韓国さらん講座」へ行って来ました。韓国の古典文学がご専門のチェ・ジェウ先生のお話を聞きました。おもしろかったー。韓国の物語のベースには「春香伝」があるということで読んでみたくなりました(ポチっとしたわ〜)。
もうすぐ竹島の日がやってきます。式典でどんなことが行われるのか、参加してみようと思います。国の領土の問題や政治の問題はさておき、わたしはお隣の国と仲よくしたい!揺れるハート

☆y.nishitaさん、今年もよろしくお願いします。秋田の雪のニュースをテレビで見ましたが、そちらはいかがですか?被害が少ないことをお祈りします。こちらは1日ぱあっと降ったことがありましたが、今はまったくなくなっています。玄田有史さんは、確かに同級生というか同学年で同じ部活でしたよ〜。玄田さんのような方にどんどん活躍していただきたいです。

さて、寒い時期、お体に気を付けて、元気にお過ごしくださいね。春はもうすぐだよ〜。


2014-01-26 11:03 この記事だけ表示   |  コメント 4

コメント

おつかれさまです。
とても有意義に過ごされて
おられます様で嬉しいです。
にわかファンですが
とても真理子さんの生き方に共鳴しております。

何も分からない不束者ですが
是非御一緒にファンとして色々勉強したり
浜田さんの音楽をもっと
一杯聞かせていただきたいです。

頑張ってくださいませ。

パンク真理子!!  素敵です。

永遠に応援させていただきます。
(2014-01-27 00:53)
KBS京都といえば僕たち世代には「イムジン河」、『パッチギ』の大友康平ディレクターが、かっこよかったですね、この番組担当の小林ディレクターも落ち着いた雰囲気の中に「デキル感」がただよい、素敵な女性でした。
USTREAM、Podcastに本番2回の2時間あまりが、「椅子投げ伝説」の大友良英氏と舌鋒鋭利な浜田真理子女史の掛け合いが絶妙で楽しく、とても短く感じられました。
阿部さんとは当然ながら、また違った「その街のこども」、「カナリア」、大友さんらしい(?)「教訓1」、そして最後に、聴くたびに色々な思いに、こころが動かされてしまう「はためいて」、『But Beautiful』のなかでも特に印象深い曲の一つです。
唄数がすこし少なかったのと「いつでも夢を」のデュエットが聴けなかったのは残念でしたが、ラジオの公開収録、面白いですね、また機会があれば参加したいと思います。
うしはら
(2014-01-29 13:22)
またまた、おばんです。
当方(本県)の豪雪被害に言及していただき、お見舞いの言葉、ありがとうございます。
私の住んでいる地域は県内最悪の豪雪地帯で、地域の集会所は数件倒壊したという情報もあります。私の住む集落はそのニュースがあった前日に住民全員で屋根の雪下ろしをしましたが。
山陰は出雲の真理子さんにはこの雪は大変だと思いますが、果たして関東や上方の皆様方はどう思っていらっしゃるのでしょうか。
立春後にはまた厳寒・大雪にて10年に一度の大事になるという気象予報もあります。もっと穏やかな年になればという気持ちも萎えますねぇ。
そういう中、くれぐれも体調にはお気をつけてください。

追記;年明けそうそう島根原発に行き、来月は竹嶋の日の式典にいくとは、すごい根性ですわ。どういう風に進化するのか、気になります。


y.nishita
(2014-01-29 21:30)
 昨日の「マイ・ラスト・ソング」のライブはとても良かったです。
 真理子さんのしっとりとした歌と小泉今日子さんの淀みのない朗読がマッチした素敵なライブでした。
 2列目の席で今日子さんの「実物」もばっちり見ました。
 真理子さんの「月の砂漠」は一味違っていました。唱歌も良かったです。
 「さくらの唄」は初めて聴く曲でした。
 「1本のえんぴつ」を選曲されたのは、真理子さんの平和へのこだわりからでしょうか?
 「酒は泪かためいきか」などの古賀メロディーは僕も大好きです・
 「海ゆかば」は天皇(制)賛美の曲ですが、この歌も好きです。
 「水の都に雨が降る」はいつ聴いても良く、名曲です(ライブ終了後、来ていたノグチアツシさんと小片悦子さんに「こんにちは」と声をかけました)。
 最後の「みんな夢の中」も好きな曲です。
 充実した時間を過ごしました。
 4月26日の二階堂和美さんとのトーク&ライブには行くつもりです。
 会場で買ったCD「夜も昼も」・「うたかた」を聴きながらこれを書きました。   
 
椋木啓二
(2014-02-02 01:26)

コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。