浜田真理子オフィシャルブログ「本日のハマダマリコ的こころII」

視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う
おはようございます。ずいぶんのごぶさたです。まずは、広島の豪雨土砂災害にて被害を受けられたみなさまにお見舞いを申し上げます。ほんとうに大変な大雨でしたね。水が出てしまうとあっという間のことですから、どうやって気を付けたらよいのかわかりません。まして今回のような夜中となると、避難指示も聞き逃してしまいそうです。天候も不安定な昨今、防災ということもっと考えていかねばなりませんね。

さて、あまりのご無沙汰にどこから書いてよいものやらと思います。

実は昨日東京〜郡山のプチツアーから帰ってきましたのでそのことについて書いてみます。


8月22日代官山の「晴れたら空に豆まいて」でアン・サリーさん&小池龍平さんとライブをしました。1部はアンさんたち、2部はハマダ、3部はセッションという構成でした。アン・サリーさんとは昨年大阪でもご一緒させていただきましたが、今回はさらに密な時間が過ごせました。なにしろ楽屋が一緒でしたからずっとだじゃれの応酬をしておりましたよ。ふふ。アンさんああ見えて意外とおやじギャグが得意な方ですよ、内緒ですけど。

10590461_643391639090153_5534365718205612611_n.jpg
カメラいつもの面々と。

アンさんと一緒に撮った写真がなかったので、ハマダのばっかりですが、会場も大変素敵な場所でした。また行きたいなあ。スタッフのみなさまありがとうございました。ずっと会いたかった越路姉妹の越路よう子さんにもお会いできて、うれしゅうございました。

10563167_643392809090036_6401028714927324250_n.jpg
カメラ福島の鳥キビタキのゆるきゃらキビたん。

さて、翌日は郡山で行われた作家古川日出男さん主催の「ただようまなびや〜文学の学校」に昨年に引き続き講師として参加してきました。昨年ははじめてのことでしたので、文学の学校で何をしたらよいやらと右往左往しましたが、今年は歌詞を書くというワークショップをやってみました。参加の生徒さんたち、わたしの無茶ぶりにもめげずいい歌を書かれました。人によっては人生初の作詞の方もありました。どうぞ大切に持っていてくださいね。

10544378_643394049089912_1074510362206072329_n.jpg
カメラ教室のご案内。

10441528_643394069089910_7681323033560991949_n.jpg
カメラハマダの教室。

今年はコマ数が詰まっていたので、他の講師の先生方の授業を受けることができませんでしたが、休み時間の職員室(笑・控室の意)での会話、放課後(うちあげの意)の会話はたいへん刺激を受けました。作家、脚本家、翻訳家、俳人、詩人、書道家、写真家、音楽家、社会学者、ラッパー、歌手という言葉を使って仕事をしているもの同士の交流は傍らに座って会話を聞いているだけでも勉強になりました。

また、朝礼の際に朝の歌を歌う機会をいただき「浜辺のうた」を選びましたが、下調べをしていて発見した三番の歌詞、またそれにまつわる物語も興味深いものでした。ああ、ほんとに楽しかったです。これだけの人数の講師と生徒さんを抱えて運営されたスタッフのみなさんのご苦労を思うと、ほんとに頭が下がります。日出男先輩以下スタッフのみなさまお疲れ様でした。そしてかけがえのない時間をありがとうございました。

「ただようまなびや」はただよって、今度は盛岡で開催されるそうです。まさに漂流教室!(なつかしい!)北へ行くのね、ここも北なのに。というわけで、ご盛会をお祈りいたします。
参加できる方はぜひとおすすめいたします。詳細はこちら↓
http://www.tadayoumanabiya.com/iwate/index.html
いつか松江にもただよって来るといいですね〜。(誰か、やらこい!)

ああ、帰ってきてみたらなんだか夏が終わっていて少しだけさみしくも感じます。

ライブの告知も始まりました。
9月13日 松江市民フェスティバル(午前中参加)
    雲南市吉田町生涯学習交流館(14時より1時間の無料コンサート)

9月20日 スクールMARIKO最終回!カラコロ工房地下大金庫室にて15時より
http://schoolmariko.com/

9月24日 公園通りクラシックスライブwith phonolite strings
http://k-classics.net/schedule/detail.php?id=4244

9月25日 サラバ東京ライブ(ソロ)
http://l-amusee.com/saravah/schedule/log/20140925.php

10月22日 福山Jazz spot Duoライブ
https://www.facebook.com/events/1558117494408185/?ref_dashboard_filter=upcoming

10月25日 島根県民会館小ホールライブ
http://www.shimane-catchnavi.jp/cul_shimane/show?id=41881

どうぞよろしくお願いします。

☆くんちゃん、いろいろ告知になりました。よかったらどこかにお出かけくださいね。

椋木啓二さん、よしととひうた、きっと楽しいと思います。お待ちしております。もちろん県民会館も!

だいすけさん、毎年恒例の県民会館です。どうぞよろしくお願いします。

せいろさん、志村ふくみさんの番組のこと、いろんな方にお聞きしました。わたしは見ていたなかったのですが、うれしかったです。志村ふくみさんの「一色一生」愛読しています。

小村好弘さん、ありがとうございます。今年は完全にソロコンサートです。お会いできたらうれしいです。ありがとうございます。

ではでは今週もご機嫌さんで♪

オマケコーナー
5PkrDPlI.jpg
カメラ大好きな川上弘美さん(真ん中)とただようまなびやの司会をつとめたみきちゃんと。

追記:アン・サリーさん、小池龍平さんとの写真いただきました。
終演後ステージの上で。背の高さが・・・。
10617343_718128668236403_1887401428_n.jpg


2014-08-26 12:44 この記事だけ表示   |  コメント 6

コメント

真理子さん。
代官山にて念願の初ライヴを堪能!
大感動でした。やっぱり生音は違いますね。

浅川マキさんの大ファンなので、“Blue Spirit Blues"のイントロがポロンと流れると心臓がドキッとしました。
マキさん訳の歌詞を真理子さんが歌っている姿を見ているとなぜだか自然と涙がこぼれました。

ジャケ買いした「夜も昼も」は、「旅路」「恋ごころ」「Someday soon」がお気に入り。
何度も何度も聴いて、口ずさんでいます。

壁際の一番前に腰掛けていたのですが、アンコールの
「虹の彼方に」のとき、真理子さん、アン・サリーさん、小池龍平さんの声が重なった瞬間に反対側の壁に大きな「光の虹」がかかりました。
とっても粋な七色の照明の演出なのに、それはまるで、オズが魔法をかけたかのようで、夕立のあとの本物の虹に見えました。
「音楽の神様」が会場にいたんですね。きっと。

これからも、この感動を求めてどんどんライブに伺いますね。真理子さんが書いてくださったメッセージのようにやっぱり、“Love and Peace"ですよね。
次のライブが楽しみです。
くりばやし
(2014-08-26 17:03)
今年はマチノブンカサイは参加されないのでしょうか?
大友さんとのトークをまた聞いてみたいです^^
kouichi
(2014-09-03 22:57)
今年はマチノブンカサイへは参加されないのでしょうか。
また大友さんとのトークを聞いてみたいです^^
kouichi
(2014-09-03 23:01)
真理子さん、こんにちは。

また、コメ遅くなりましたが、
「晴れたら空に豆まいて」のライブ、
堪能させていただきました。
後ろの方の小上がりのような席(狭い方)で、
まるで飲み屋だねと、しじみと話しながら。

5人席だったのですが、
みな真理子さんファンで、
雑談に花が咲きました。
楽しかったです。

今後の告知、今年は東京が多いですね。
となると、冬恒例になりつつある
WWWの公演は、今年はないのでしょうか?

9月のライブは、残念ながら都合が悪くて、
行くことができません。

最後に、これは美音堂さんにお願いすれば
よろしいのかな?
「晴れたら空に豆まいて」の曲目リストは、
このブログにだしていただけないのでしょうか?
よろしくお願いします。

では、真理子さん、
今度はいつお会いできるか分かりませんが、
お元気でお過ごしくださいませ。

ちふみ
(2014-09-07 17:31)
to ちふみさん

曲目はいつもメモっていたりするので、恐縮ながら先日の「晴れたら空に豆まいて」のライブの真理子さんが登場された第二部以降の曲目リストを貼っておきますね^^;。

<第二部:浜田真理子>
song never sung
恋ごころ
のこされし者のうた
ミシン
しゃれこうべと大砲〜Hallelujah
上海リル
明星
あしくび
ブルー・スピリット・ブルース
流転

<アンコール(出演者全員でセッション)>
Over the rainbow


赤い人
(2014-09-10 00:43)
 昨日の某公営放送「すっぴん!」で、高橋源一郎氏が「ただようまなびや」体験記というテーマで話をしていました。大友さんの授業と、開沼氏による吉増氏へのインタビューの一部が流され(「移動キャバクラ」の女の子たちの話は不勉強ながら初めて知りました)、参加者の声も少し聞くことができました。
 大友さんの話の後ろにはBGMのように浜田さんの歌が聞こえていて、そのあと「めぐりあい」もオン・エアされました。
 高橋氏は一方通行ではない、参加者と講師の双方向的な授業のあり方や、講師にとって、いま最も切実な内容が選ばれていることなどについて熱く語り、「気付きの場」としての「まなびや」を絶賛していました。
 随分昔、学生たちの叛乱がありましたが、そのとき彼らが求めていたものも、こうした「こころの交流」だったと思います。
 「会社」になってしまった大学に、色々な意味で元手のかかる、そんな「教育」を望むことは無理でしょうが、参加者たちの胸に撒かれたであろう種子が、様々な場所で根を下ろすことになればと思います。
 蒲公英の綿毛が風に運ばれるように、浜田さんの歌が運ぶ色々な種子の一つが根付き始めたといえる「スクールMARIKO」の試みにも期待しています。
 岡崎京子さんは「ぼくたちは何だかすべて忘れてしまうね」と切なく語りましたが、「3.11」の死者たちの一人一人が、「明星」の彼方から「忘れっぽい日本人」を哀しくみつめていることを、意識的に、忘れずにいたいと思います。
うしはら
(2014-09-27 11:39)

コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。