浜田真理子オフィシャルブログ「本日のハマダマリコ的こころII」

視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う
僧は推す月下の門、マリコは押す携帯のボタン。[ハマダマリコ的こころ]

久しぶりに失敗。昨日のマリコ的こころは2部構成で、前半は今残っているベニサンピットのDVDのお話で、後半はムナカタコーチにいただいた小沢昭一さんの『あたく史外伝』がとてもおかしかったという話をおやじギャグ満載のマリコ節で書きなぐっていたのね。で、今日仕事してるときに、前半部分の「姿態」という漢字は「肢体」になおしたほうがいいな、とふと思い付いて、携帯からアクセスして編集しようとしたの。そうしたら、あーた、あたしの携帯って文字数が限られているようで、件の字をなおして上書きしたら、後半部分がそっくり消えちまったでないの。もーやだーーー。仕事を終えて家に帰ってきて、消えた部分を思い出しながら書こうかしらとも思ったけれど、ああゆうサムイギャグは勢いで書くものでしょ。記憶をたどりながら書くなんて、なんだかどんくさいんでないの、と思ったので、やめました。まーあらためて書くほどの内容でもなかったですしね。えへへへ。またわたくし学びましたよ。携帯から、編集なんてするものではない、ということ。そして、そもそも「姿態」でも「肢体」でもどっちでもよかった、ということ。(どっちにしたってでぶだったことにかわりなく。ははは。)下手な推敲休むに似たり。



コメント


コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。