浜田真理子オフィシャルブログ「本日のハマダマリコ的こころII」

視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う
十人十色といいますが、[ハマダマリコ的こころ]

先日京都大学西部講堂でライブをしたときのこと、昼食時に連れ立って、大学の学食に行きました。学食は広くて、たくさんのメニューがありました。わたしと、美音堂の竹中くんと市川くん、コントラバスの水谷さん、ダウトミュージックの沼田さん、そして、物販担当のすみちゃんの6人で行ったのだけど、まぁまぁ、メニューの決め方に性格が出ることといったら。あはははは。学食占いとか、できそうよ。

ハマダの場合
注文のしかたなど、システムがわからないので、いきなり入り口で若者(学生さんと思われる)を呼び止めて「ここ、どうやって買うの?」などと聞く(読んだりするのがめんどくさいので)。ひととおり説明してもらって結局入り口から一番近くて人の並んでいない、「めん類」に行ってチャーシューラーメンを頼んで(特に食べたかったわけではないが、なにしろ早いので)、トレイに乗せて精算をすませて、一番先に席にすわる(全体が見渡せる席につく。「俺の後ろに立つな」)。その際、人数分の席を確認してとっておく。

B堂Tの場合
前の晩の前夜祭のごちそうをはしゃいで食べ過ぎたために、その日はお腹の調子がよくなく、あまり食欲なし。さんまの焼いたの、とか、じゃこおろし、とか、みそしるとかで超ヘルシーにまとめる。B堂Iに「おじいさんの食事みたい」と笑われる。食後には、ハマダにもらった胃腸薬を服用する。

B堂Iの場合
どれにしようかと、嬉々として、得意のフットワークでいろいろなカウンターを飛び回っておかずを選びまくる。トレイいっぱいの和風小鉢でかためる。充実感あふれた顔で「いやぁ〜、選ぶのに苦労しましたよぅ〜」と、なおもほかの人のトレイを覗き込む。「食べきれなかったら、僕がいますんで」とか。くいしん坊ばんざいである。

すみちゃんの場合
カキフライ丼。一点豪華主義。かと思いきや、みんなが食べ終わって話をしている時にいつの間にかドロンして、帰ってきたと思ったら大きなパフェでひとりおすましデザート。「ややっ!いつの間に!」。さすがは、日本忍者選手権で優勝しただけのことはある(←まじです)「くのいち」。

ダウトミュージック沼田さんの場合
みんなが各カウンターに散ってからもなお、鋭い表情で腕組みして背中を少し丸めてウインドーサンプルを見つめる。ハマダに「順ちゃん、顔がこわいよ」とか「真剣すぎない?」とか言われても平気の平左で、星飛雄馬みたいな目で「めちゃめちゃ真剣っすよ」と言ってなおもウインドーを睨み続ける。厳選に厳選を重ねたわりにはメニューはなぜか、B堂Tの「おじいさんの食事」に似ていてハマダに笑われる。

ラブマン水谷さんの場合
選ぶのに苦労したとB堂Iが言うと、すかさず、「選べなかったぁ〜でへへへへ」だって。見ると、トレイに乗りきらないほどのおかず(和洋入り乱れ)と、サラダバーでとってきた山盛りのサラダ。目についたものをゼンブ買ってしまったとのこと。「見積もりのできないタイプですね」とハマダにつっこまれる。結局食べきれず、B堂Iにおすそわけ。B堂I、ラッキー!

☆昼食をとるだけで、こんなに違うんですから、集団行動って、たいへんね。そういうところを観察するのが、ハマダは大好きです。人間っておもしろいね。



コメント


コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。