浜田真理子オフィシャルブログ「本日のハマダマリコ的こころII」

視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う

会社の朝礼で所長が「かなしいお知らせがあります」と暗く言われたので、誰ぞ亡くなりでもしたかと心配したのだが、結局は今の事業所が、平成20年の3月で、なくなってしまうという既知のニュースの確認、というか決定の駄目押しだった。とっくにわかっている話がなぜ「かなしいお知らせ」なのかと言えば、まだ、それまでに新規事業を開拓して、せめて一部の社員でも解雇しなくてよいようにする、というわずかな望みが上部にあったのに、親会社の方から、「新規事業は開拓しなくてよい」というお達しが来たとのことで、その望みと、新規事業開拓のために費やした時間と努力が泡と消えてしまったからだ。かわいそうに。ま、仮に新規の事業が始まったとしても、到底社員全員を救うことはできないし、まして成績の悪いわたしなんかが採用されることもないだろうと思って、最初からぜんぜん期待していなかったので、わたしにとってはあまり「かなしい」お知らせでも「とつぜんの」お知らせでもなかったけれど、そういう話をされたということで、3年後の、いや正確にはあと2年と何ヵ月かあとのことをみなリアルなものとして考えざるを得なくなり、お弁当の時間はその話でもりあがった。そういうことを見越して、職業資格を取ってしまっている人もいるし、勉強をしている人もいる。3年後といえば、みねっちは高校を卒業するので、ハマダ家にとっても、大きな転機になるかもしれない。わたしとしては、暇な喫茶店とかで働きたいのだけどな。お客商売は得意だし(笑顔が自慢です。ユーモアもいくらかありますし)。美音堂の電話番とか。



コメント


コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。