浜田真理子オフィシャルブログ「本日のハマダマリコ的こころII」

視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う
年を忘れたカナリア−まりちゃんも考える[ハマダマリコ的こころ]

『百円シンガー極楽天使』を読み終えました。文体そのものは、あまり好みではありませんでしたが、とにかく書かれている内容が、おもしろくて考えさせられることしきり。以前もどこかで書いたけれど、有吉佐和子さんの『出雲の阿国』の中に、こんな文章があります。

「唄ったり踊ったりして何が育つか、何が稔るか、誰の腹がくちくなるか、唄や踊りで銭とるのは、傾いた女のすることで、土を離れた根無し草よ。畑から引抜かれた青菜は、町で売り歩いている間にも見る間にしおれていくものぞ。」

あるお婆が、阿国に説教する場面です。古い考え方なのかもしれませんが、わたしは、このお婆の言葉は正しいと思います。以前、ナイトクラブやレストランやラウンジや、いろんな場所でわたしがピアノを弾いて歌を歌っていたとき、わたしは「マリコ先生」とよばれて、ホステスさんや、バーテンさんや、板前さんよりも、ちやほやされ大事にされました。給料も一番多かった。でも、お店が暇になって経営が立ち行かなくなると、一番先に切られるのは、わたしでした。なぜかというと、ほかの人をくびにしたらお店の営業そのものができなくなるからです。そういう経験を何度かしているうちに、こういう仕事はお店にとって、「あればうれしいけれどなくても困らない」部分なんだなと思うようになりました。

歌を歌う仕事もほかの仕事と、何かをやってお金をいただく、という点では、そんなにかわらない気がします。そしてその、仕事という点においてはほかの仕事をする人と同じように職人でありたいと思っています。根無し草だ、傾き者だという罪の意識やかなしみをこころの隅にいつも抱きながらね。でもね、たとえ1曲歌って100万円もらえるような歌手になっても、今日うちの庭の草刈りをしてくれた時給700円のシルバー人材センターのおばあちゃんには、絶対に勝てないのよ。



コメント


コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。