浜田真理子オフィシャルブログ「本日のハマダマリコ的こころII」

視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う

3連休の初日。ライブが近づいてきたのであわてる。練習もしなきゃいけないし、荷造りや準備だってしなきゃ。今日は安来のおじがおがっちとやっているFM山陰の番組の『おがっちのレトロ本舗』の公開収録&ライブが出雲空港のロビーであるとのことで(空の日にちなんでの空港ライブ!)前から「見に来いよ」と誘われていたけれど、やらなければならないことがたくさんあって、こころがあわただしくて行けなかった。ごめんなさい。どうしていつもこうカチカチ山なんだろう、わたしは。ばかばか。

と、自分を責めるのにも飽きたので、ちょっとだけよとこの間何気なく買った荻原浩さんの『明日の記憶』という本を読み始めたらおもしろくてやめられなくなって最後まで読んでしまった。ああ、こわかった。ホラーではないけれど、こんなにどきどきはらはらしながら本を読んだのは久しぶりだ。49歳の広告会社で営業部長を勤める主人公が若年性のアルツハイマー病になってしまうお話。と書くとなんということはないのだけれど、記憶がだんだん消えていく主人公本人の語りですすんでいくお話だからリアルでいつのまにか主人公のキモチになって読んでしまう。『アルジャーノンに花束を』なんて思い出すけれど、自分にも起こりうる病気だということでは断然こちらのほうがこわい。本の書き出しからしてすごいの。

「誰だっけ、ほら、あの人」
最近、こんなせりふが多くなった。−『明日の記憶』より

普段「あれ」とか「なんとかさん」とか「あの人」で、会話をすませているわたしにとってはひとごとではないのだよぅ〜〜〜。



コメント


コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。