浜田真理子オフィシャルブログ「本日のハマダマリコ的こころII」

視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う

連休3日目。もう一度初日に帰りたいと祈るようなキモチだ。ライブ前になって、おなかが出ているのが気になりだす。どてっとか、ぼこっと出ているわけではない。ぽこん、というのも違う。強いて言うなら「ぽこぺん」だろう。いや、あまり深い意味はないが。わたしはなんにしても自分の好きなものしか好きでないので、ファッションなどもあまり流行は追わないけれど(むしろ一周遅れで「追われている」感すらある)、そんなわたしでも、祈るのは股上がへその上まであるジーンズが流行って欲しいということだ(祈ってばかりである)。このままでは「ぽこぺん」が止まらない。

さて。今朝は寝坊して9時半に起きた。おばあちゃんは仕事で、みねっちが部活でだれもいない。ゆっくり朝食をとって服を着替えて顔を洗って化粧をすませたら11時だった。ライブの練習でもするかと立ち上がったところに電話が鳴った。みねっちの高校の部活の先生からで、みねっちが過呼吸になって倒れたので、迎えに来て欲しいということだった。すぐ行きます!とあわてて家を出た。行くと、体育教官室の中で寝かされているみねっちがいて、そこには、部活の顧問の先生と、もう一人若くてかっこいい先生がいた(サッカーの先生らしい)。そのかっこいい先生が、「過呼吸になっていますがたいしたことはありません」と言われたので、どうもどうもと言って連れて帰った。水を飲ませたり、汗びっしょりのTシャツをサンボマスターのTシャツに着替えさせたりして、寝かせてからインターネットで「過呼吸」を調べたら、時間とともになおる、と書いてあったので、少し安心した。少し落ち着いて腹がへったとも言うので、昼ご飯の用意をして、いっしょに食べると、「あたし、すごくドラマチックに倒れたよ〜、明日はこの話でもちきりだわ〜」と、ちょっとおいしそうである。

過呼吸で死ぬことはないと、ネットのページには書いてあったが、本人は「死ぬかと思った」そうである。いろいろ走馬灯のようだった?と聞いたら「走馬灯って?」と言われてしまったので、そのとき何を考えたかと聞き直すと、「こんな、高円寺と書いてあるTシャツを着て、死ぬのはいやだ」と思ったそうである。あははははは。ばか。「おかあさんは、あたしの倒れてる姿見てどう思った?」と聞かれて、「かっこいい先生がいたから、化粧していてよかった、と思った」と言うと、「あの先生さ、おかあさんが看護士をしてるそうで、病院に電話かけてどうすればいいかなって、聞いてたよ」とか言う。ひえ〜まじかよぅ。なんか、苦笑。「それともうひとつ、」、と彼女は続けて、「あたし、先生がうちに電話したとき、おかあさんが寝起きで化粧とかしてなくて、ありえない顔であらわれたらどうしようかと思ってた」とかも言う。ありえない顔ってなんだよ、ありえない顔って。まったく、ぽこぺんな娘だ。

あ〜こんな長い文章を書いてる場合じゃないですよぅ。じゃ、腹筋しますんで。ぽこぺん。



コメント


コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。