浜田真理子オフィシャルブログ「本日のハマダマリコ的こころII」

視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う

この間のこと、みねっちが学校の畑で育てている野菜に虫が寄ってこないように、ある薬をまいたそうだ。その薬は、人体に影響を及ぼすかもしれないようなきつい殺虫剤の類ではなく、虫の嫌いな匂いをさせて(ねぎ臭だと。わはは。)虫を追い払うだけのものだから、仮に人間が食べて体内に入ってしまってもだいじょうぶなんですと。夕ご飯の時、みねっちがそう自慢げに話していたので、わたしとおばあちゃんは、ほ、ほぅ、とか、虫はねぎが嫌いなのかね、とか、それじゃ、ねぎには虫がこないのかね、とか言いながら感心して聞いていた。みねっちは調子こいてさらに「それが、傑作なのはさー、その薬の名前が『虫たちの別れ』っていうことなんだよぅー、ありえんでしょーーー」と言って、きゃははははははと笑った。えらい、ハイカラな名前だねー、文学的だねー、と言って、わたしもおばあちゃんも笑いました。なんか、ニヒルな虫が、野菜の近くからトレンチコートのえりを立てて足早に去って行くような様子が目にうかんだりして、さらに笑いがとまらなくなりましたとさ。ありえんありえん、でもなんか、ちょっとかわいいし。きゃははははははは。



コメント

ずっと気になっていたのですが、この先生がフィッシュマンズファンで、フィッシュマンズ最後のライブの模様を納めたライブアルバム「男達の別れ」にちなんで命名したとすれば、オイラにや笑えないッス・・・。なんとなく気持ち分かっちゃうなあ・・・。
全然違ったら、笑えますが。
「男達の別れ」DVD発売決定記念コメントでした。
ダッピ
(2005-11-10 09:16)

コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。