浜田真理子オフィシャルブログ「本日のハマダマリコ的こころII」

視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う

上京の折に乗る飛行機の中でわたしはいつも、イヤフォンでなにかしら聞くことにしています。いろんなチャンネルを回して探りますが、たいていは落語を聞いています。先日の上京の際も、少しの間音楽を聴いてから、落語チャンネルに合わせました。なんと、今月は志の輔さんじゃあ〜りませんか!あらしまったわ、最初から聞くんだった、ち、ち、ち、と思って少しボリュームを上げました。

ストーリーは大工の八五郎さんの妹のお鶴さんが殿様のお目にかなってお世取りを産んだというお話。八五郎さんが、というよりは志の輔さんの語りがおかしいので、何度も「ぶっ!」とか「ぐふぅ!」とか吹き出してしまって困りました。となりにサラリーマンらしき人が座っておられたので、恥ずかしいので口を手でおさえて、窓のほうを見てひとりでにやにやしていました。ストーリーはさらに、八五郎さんが産まれた赤ちゃんのお祝いにお城に上がってお殿様にお目通り、というところに行くのですが、お世取りはめでたいけれど、八五郎さんとお鶴さんの年老いたおっかさんは、孫を抱くこともできないんだなぁ、なんてくだりになったら今度は涙が出て来てしまって、さっきまでは笑い声が漏れぬよう口を押さえていた手で、目頭を押さえたりしなきゃならない始末。東京までの小1時間、泣いたり笑ったり忙しかったこと。しょうがないねぇ。

最後には、八五郎さんのがらっぱちながらも誠実な人柄をお殿様が気に入り、八五郎さんを士分にとりたてよう、というお話になるのですが、そのとき、飛行機は羽田に着いてしまったのでした。くぅ〜。続きが聞きてぇ〜、オチが知りてぇ〜、と思ったけれど降りなきゃなりません。ま、いいか、また帰りに聞けば、と後ろ髪をひかれつつ降りて、さて帰りの日。座席についてまわりを見渡してもどうしてもイヤフォンが見つからず、おっかしいなぁ〜、客室乗務員さんが来られたらもらおう、と思っているうちに、風のため飛行機が揺れるわ、疲れもあるわで、寝てしまってました。出雲空港に着いて、そりゃ悔しかったのなんのって。(しかもイヤフォン、お尻の下でぺちゃんこでした。こりゃまた失敬。)

家に帰って、八五郎さんがどうなるのか、どうしても知りたくて、わたし、「落語登場人物辞典」で調べました。キーワード、「お鶴」でひいたら、『妾馬(めかうま)』と出てきました。今度、ライブで東京へ行くとき、また聞けるかしらん。



コメント

落語は、昔に桂米朝師匠と桂枝雀師匠と笑福亭松鶴師匠の寄席に行ったことがあります!

枝雀師匠と松鶴師匠の落語は、もうナマでは聴くことができないのが残念ですね・・

僕は米朝師匠と榊獏山先生をたして2で割ったようなじいさん(失礼!)になりたいと思っています(笑)。
NON
(2005-11-09 19:30)
も〜〜MARIKO譲の感情豊かな所は大好きなんですが・・・。と言うわたくしも、喜怒哀楽がすぐに表面化?してしまって困っております。特に、映画や読書の折には人目も忘れてボロボロ と・・・。感受性豊かと言えば聞こえはいいんだけどね・・・。MARIKO譲の唄を聴いて何度涙したことか。悲しみの涙と言うより心深く染み込んで来る感情で・・・。でも唄や詩や落語?で泣けるなんて素晴らしいことですよね。そんな自分の気持ちをずっと大切に、これからも生きていきたいと思います。
やまちゃん
(2005-11-09 21:17)
オチ言うたら
おこるやろ〜な。w
はなロボ
(2005-11-09 22:38)

コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。