浜田真理子オフィシャルブログ「本日のハマダマリコ的こころII」

視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う
船旅には時差がない[ハマダマリコ的こころ]

さわやかな日曜、ふりそそぐ太陽♪monkさん、楽しい演奏ができましたか?今日は松江もすばらしく晴れました。午後からひとりで近くの温泉へ行って、バラ湯に入ってきました。お湯の中にバラの花びらや花がまるごと浮かべてあるのですが、とてもいい香りで幸せな気持ちになりました。

以前、何かのテレビ番組を見るともなくつけたままにしていたら、番組中の豪華客船のレポーターの「・・・船旅には時差がありません・・・」というフレーズが耳に飛び込んできました。話の脈絡はよくわかりませんでしたが、その言葉だけは大層、示唆にみちて胸に響きました。

20代のころはまったく平気でしたが、このごろは環境の急激な変化が心身ともに大変苦手になりました(自律神経も弱いですし)。なので、大きな動きが自分の身に起こりそうになると、その激変ジャンプぶりをなんとか自然なスライドに変えるべく、自分を納得させる理由を見つけたり、ささやかな対策を考えたりしてきました。時間とともに流れゆくものごとの変化は、とめることはできません。実のところ、冒険や挑戦、それにともなう変化は嫌いではありません(むしろ大好き!)。そうして、いったん、おかれてしまった環境に順応するのは結構得意でもあります。行く手の少し先にあたらしい世界があるのはわかっているのに、そこにひとっとびすれば、心身ともに少なからぬダメージを受ける、というジレンマを抱えて、攻めと守りの間でいつもゆれている自分を感じていました。そんな時のこの言葉でした。

そうか、船旅にすればいいのかって。たとえば、船旅のようにゆっくり行こうという意味です。ゆっくりでも、動いてさえいれば、いつかは着くじゃありませんか。そう思ったらこころが軽くなって、楽しくなってきました。もちろん、こころや体の強い人は、劇的な変化でも平気かもしれません。わたしもそういうこころや体をつくる努力をすることにはやぶさかではありませんけれど、長年自分と付き合ってきて、これが自分に合ったやり方かなぁと思っているところなのです。

コメント

マリコさん 
皆様 こんばんわ

私は
自分のことを省みると
欲しいもののために、
今あるものを
あっさり手放してしまうようなところがあります。
そういうふうにしなければ、欲しいものは手に入らないのだと長いこと思ってきました。
でも、
劇的に全とっかえをしたつもりでも、
自分は前と何一つ変わっていないと気づいたり、
痛い思いをして、臍を噛んでいたりもし。
自分を
短慮で子供っぽいと厭う気持ちもあります。

そんな私から見ると
マリコ’s ペース(ゆっくりな船旅)は
とても大人で、素敵で、
私にとってマリコさんは
同い年なのに尊敬と憧れのまなざしで仰ぎ見る
賢い女性であります。
(もっとも私が抱くマリコ像は
マリコさんの音楽
このブログからうかがい知れる暮らしぶりなどから
私が勝手に形成したものなので、
ご本人は、ちょっと違うぞーって言うかもしれないけど…)

今日のマリコさんの日記を読んで
…そうか
マリコさんも揺れたりするんだね
当たり前だけど、
自分に迷いのない人はいないのだなぁと
思いました。
そして
私はきっとこの先も
自分と誰かを比べてぐらぐら迷ったり、
こんな自分、嫌だようなどと
心の中で泣き言をつぶやきながら、
でも
他人様から見たら
「とってもあんたらしい」と言われるやり方で
生きてくんだろうなあと
思ったりしました。
(2006-05-21 21:14)
はじめまして。 船旅ですか・・・いいですよね〜
私も20年位前、グアム、サイパン10日間の船旅を経験しましたが、それは素晴らしかったです。ただ船酔いがたいへんでしたね。でもそれがあってもよかったですよ。機会があったら体験してください。
   
 *ケンちゃん(魔法の木)の弟子
   また、マジックを観にお店にもきてくださいね。
   待ってまーす。
カトちゃんッペ
(2006-05-21 22:50)
私も船旅がいいな〜と思います。海の上だと今どこらへんか一見わからなくなったりもしそうですねぇ。でも確実に目的地に進んで行けてたらいいな〜と。
私の目的地ってどこなんだろうな〜と・・・。
new
(2006-05-21 23:09)
マリコさん、まずは社員からアルバイトへの方向転換、色々な思いがあったことと思います。
でも、やっぱり社員を続けながらのアーティスト活動はなかなかシンドイものがあるでしょう。

ほぼ同世代の私としては、縦横無尽に飛び回る(?)マリコさんて本当にバイタリティーがあるなぁ・・と感心してました。

なので、この方向転換は良い機会と捕らえて、これからも是非前向きに、マリコさんのペースで行ってくださいね♪
会社の皆さんだって、ずっと応援して下さるに違いありませんから☆そして私たちも・・・♪

ゆっくりの船旅、大賛成です!
人生、そんなに急いでどこへ行く・・・
スローライフ、のんびりマイペースで楽しんでゆけば良いのだと、私も最近しみじみ思っています。
Nomzie
(2006-05-22 16:46)

コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

トラックバック

長島温泉に 行ってきました〜(長島温泉 2006-05-22 18:36)
浴衣に着替えて、まずは 湯あみの島へ・・・ 自然のパノラマを眺めながら の〜んびりと 過ごしました お湯は、滑らかで お肌しっとり つるつるです 癒されました〜
このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.seesaa.jp/tb/41929391
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。