浜田真理子オフィシャルブログ「本日のハマダマリコ的こころII」

視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う
あした浜辺をさまよえば♪[ハマダマリコ的こころ]


今日もよいお天気でした。でもそろそろ雨の神さまがしのび足で近づいてきそうです。お休みも今日までなので、また散歩に行きました。県立美術館の駐車場に車をとめて、湖岸の白潟(しらかた)公園へ本とお茶を持って歩いて行きました。よめしま橋をわたって、公園の芝生を歩いて、木陰になるようなベンチはないものかとさまよいました。歩けば波の音や風の音、そして鳥の声が聞こえます。極楽だなぁ。気づけば歩きながら、『浜辺のうた』をくちづさんでいました。自分の住んでいる町のことって意外と知りませんよね。股旅になっていつか、知らない町を歩いてみたいと思った瞬間から、同時に松江のことが気になるようになったのです。まずは地元から。お休みのたびに、ガイドブック片手にいろいろ歩いてみようと思うのよ。下手な写真ですが、携帯で撮ってみたりもしますから、ふるさとを思い出してね〜、さなえちゃん。

昔のことぞしのばるる♪
明治維新のころ、松江藩の窮状を救ったといわれる芸妓、玄丹お加代の像の前のベンチに腰かけて本を読もうと思いましたが、風と日差しがきついのでそこはあきらめました。なかなか、自分の座る場所が決められない猫のように、いろんなベンチに座ってみては、ここじゃないわ、と移動を繰り返し、結局はもう少し美術館に寄ったところにあるベンチに居場所を決めました。読み始めた本は、『歳三往きてまた』(by秋山香乃)。きっとまた惚れてしまうので、半年も前に買って、なかなか読む勇気がなかった(あはは)、大好きな土方歳三の物語。何度も涙ぐみつつ半分ほど読み進めましたが、つくづく思いました、ああ、土方歳三がもうこの世の人でなくてよかったって。生きていなさったら、焦がれ死にしていたでしょうよ。



コメント

突然ですけど、NONさんって
すごく面白い方なんですね(っていやみにとらないで
下さいね。読みながら、しばし、幸せな気分になりました♪あはは)

私はソバージュって美容室で言ったら
通じるかどうかとまわりの人に聞きまくってる
今日この頃です。某25歳の男子は知ってるけど
知っているって言いたくないなんて言ってました。
いいじゃんか、青春のソバージュ・・・

以前話題になっていた、いとやまさんの
「袋小路の男」はまだ読んでいませんが
「沖で待つ」という本を読みました。

新聞の批評家はオバカなタイトルだって
書いてありましたけど、わしは何故か
ウルウルしてしまいましたです・・・。
待っていてね、なんつって。

「浜辺のうた」ですか・・・。
いい歌って沢山ありますね。
何だか湖岸のタッポンタッポンという
水の音を聞きながら読書なんていいですなあ・・・。

話は違いますけど、昨日は人の前で山賊の歌を
歌いました。知ってます?♪雨(雨)が降れば〜♪
昔、この歌で甥っ子を寝かしつけたという
お話なんですけど、カラオケで歌うのと
一対一のアカペラで人前で歌うのと
どっちが恥ずかしいのだろうか・・・。
くだらなくてすんまそん。
あかり
(2006-06-05 22:06)
住めば都・・・って言うけれど、本当に水の都「松江」はよいところだと思います。
地元に居ながら、堀川遊覧船にも乗ったことないし、松江城やヘルン旧居、武家屋敷なんて、もう何十年行ってないんだろう。
いつか、県外の旅人を装って、松江駅を起点に「どっかおもろいとこおまへんかぁ〜?」なんて地元の人
に問いかけながら、「ぐるっとレイクライン」に乗って、ぶらりと松江の街を独り旅しようと思ったりしています。
普段の生活を忘れて、地元誌「ラズダ」(←出雲弁の馬鹿を意味するダラズをもじった情報誌)を片手に、「オススメコース」をゆっくり散策するのも、すっごく贅沢な気分で最高ですよね。
なんか、松江観光協会風になっちゃたねぇ〜
すんまそん・・m(__)m
やまちゃん
(2006-06-05 23:12)
なんかいいですねー。この26年、一年に3.4回は仕事で松江に行きますが、ゆっくり観光したことない!まあ、仕事終わって地元の人が行くところは知ってますが、宍道湖の湖畔、ゆっくり歩きたいでーす!
T.T
(2006-06-05 23:22)
街中を流れる川の真向かいに住んでもう10年になります。人や車も通る遊歩道に面しているので、さすがにベランダでお茶を飲むことはしてませんが、朝な夕なの通勤時だけは気持のんびり、静かに流れる水面と桜の緑を眺めながら歩いています。
川や湖や海、豊かな水面を見ていると私は心が落ち着くようで、悩みや不安やもどかしさがサラサラと溶けて流れて行くイメージだったり、楽しい出来事や出会いもまた流れてくるさと希望につなげてみたり、都合よく世話になってました。
実はもうすぐここから引越しなので、川との別れがちと寂しいこの頃でした。
円太朗
(2006-06-06 00:37)
きゃん東京みたいな所におると
体内時計や季節感が麻痺すーわー
行こう!と思ってすぐ自然がある松江が懐かしいよ。
すんず湖の夕日でも見て感傷に浸りたいわ!
い〜が〜
(2006-06-07 01:06)
幸せな気分になって頂けてよかったっす!
でも、まりこさんには「きみのギャグはさむい。」と言われます(笑)>あかりさん
NON
(2006-06-07 06:57)
松江に行きたくないと涙した、2年半前
松江から離れるのはイヤだと涙する、いま
松江っていいとこだがぁ…。
ちゃな
(2006-06-08 19:46)

コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。