浜田真理子オフィシャルブログ「本日のハマダマリコ的こころII」

視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う
源助さんのウインク[ハマダマリコ的こころ]

今日も蒸し暑い松江でした。あ、でも、とうりょうさんのサムイおやじギャグで少し涼しくなりました(とかね。こ、らー、なりませんて。)さて、源助公園の源助さん。今日も休憩の時眺めていました。昨日の停電はやっぱり源助さんのしわざかもなぁって。でも、それは、化けて出たとかそういうことじゃなくて、「俺のこと思い出してくれてありがとうよ」みたいな、ウインクみたいな合図じゃないかなぁ、って、わたしはそう思いたい。源助さんには、想い人はいなかったのか、どんな気持ちで人柱になったのか、そのあたりのドラマが映画になればいいなぁ、そうしたら峠の茶屋の娘かなんかの役でわたしは出させてもらおう(どこに峠が?)、セリフはなしで、とか、いろいろ妄想をめぐらせていたのですが、くろちゃんがやってきて、マリコさん、昨日のブログ見ましたよー!と言うので、おっといけねぇ、と、われに返りました。

実は、くろちゃんは、昨日の停電の時、振り返って真っ暗な部屋を見て仰天しているわたしのすぐ近くにいてその驚き顔とかを見ていたので、でも、その時わたしは源助さんのことは言わなかったので、家に帰ってブログを読んでわたしの驚き顔に納得がいったとのことでした。そして、さらに、面白い話をしてくれました。くろちゃんは、市民大学に通っていて、郷土の歴史なんかも勉強していて、たまたま先日の講義で、源助さんの話が出たとのことで。

たとえば朝、湯のみにお茶を一杯、飲んで出かけようとすると、うちでは母が必ず「一杯茶はだめよ」と、二杯目のお茶をついでくれるので、なんとなく、そういう風にいつも二杯飲むんだけれど(あるいは、二杯目にちょっと口をつけるまねをするとか)、それの根拠を聞いても母も知らないし、子供のころからずっと謎のままでした。お茶どころの松江だから、なんか、お茶の作法かなんかの名残だろうと思っていたのですが、くろちゃんによれば、それには源助さんがかかわっているのです。

その朝、源助さんがお茶を飲んで出ようとしたとき、奥さんが、もう一杯飲んでゆっくりして出かけたらどうですか、とすすめたのに、源助さんは、早く仕事に行かなければってんで、一杯だけ飲んで家を出てしまいました。そうして、件の仮橋のところに来てしまったというわけです。もう一杯飲んでいれば、朝いちばんでその橋を通ることもなく、人柱になることはなかったかもしれないのです。というわけで、以後、一杯茶はいけないよ、ということになったらしいですよ、マリコさん、とくろちゃんが話してくれたので、きゃ===、そうだったの===うっそ====!!!!20へぇで驚いた次第でございます。(会社から家に帰ってさっそく母に、鼻の穴をふくらませて説明したところです。)

興味のない方には、ごめんなさい。こんなに長々と。でも、わたしには、とてもおもしろかったの、こういう伝承の物語。なぁんか、大人になってから、やたら歴史がおもしろいんだなぁ、なんでかなぁ、って思っていたら、『人生のほんとう』(by池田晶子)にちょうどよい記述がありました。「自分の年齢と自分の人生経験によって、歴史を歴史として理解できるようになる」うんぬんかんぬん。なるほどねぇ。つまりは、知識でなく、経験として、歴史や歴史上の人物のことが自分の中に想像できる、ということではないかと。今日はそういうわけで、なんだか、答えが近くにある、ということを実感する日でした。くろちゃんありがとね。



コメント

でも源助さんも、こんなに語り継がれて親しんでもらってるから、今となってはうかばれてるんじゃないかな〜と思うのであります。
new
(2006-06-28 21:01)
「峠」っていうところよりも
「娘」につっこみたいね、あたしゃ。w
はなロボ
(2006-06-29 13:17)
「自分の年齢と自分の人生経験によって、歴史を歴史として理解できるようになる」って分かる気がします!
私も子供の頃は歴史なんて「死んだ人の事や終わった事柄を掘り起こして考えても面白くな〜い!」と思っていたのですが、いつの間にやら掘り起こして考えるのが大好きになりました。
私だけかと思っていたら、同年の友達も「最近、歴史が面白くって!」と言っていたので、ああ、同じにトシを取っているんだなぁ〜と実感しました(笑)
Nomzie
(2006-06-29 16:04)
初めてコメントします.実家にいる私の母も「一杯茶はダメよ」なんて言うので,腹が一杯でもつい飲んでしまいますが,そういう意味があったのですね.急いては事をし損じるとでもいう戒めなのですね.昔の人はいい教えをたくさん持っていたのだなと感心しました.
それにしても出雲の山の上に120メートルモの巨大な風車が26も建つなんて信じられないことです.神様の罰が当たります.
イヌワシ
(2006-07-01 13:53)

コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。