浜田真理子オフィシャルブログ「本日のハマダマリコ的こころII」

視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う

仕事を終えて会社を出たとき、もう陽は落ちていて、けれどまだ明るさが少し残っていて、空を見上げれば上弦の月がくっきりと。きれいねぇ。切ったかまぼこみたいな宵の月を見て、月ノ音団のことを思い出しました。奈良でライブしたのって、4年前の10月だったっけ?懐かしいですね。あっという間でした。今日で10月も終わりだなんてまたまた早いこと。今年もあと2ヶ月ですね。どんな年でしたか?

さて、ニューアルバム『夜も昼も』のことを書く書くと言ってちっとも書かないうちに、発売日が間近となってしまいました。まぁ、あまり、先入観なしに聴いていただくのもいいのかなと思ってしまったせいもあるのですが。楽曲のことや、ミュージシャンのこと、発売日過ぎてからでも、書きましょうか。みなさんの質問におこたえするかたちでもいいし(なぁんて、また適当なことを書いておりますが。へへ。)。でも、今夜はZAKさんのことについて少しばかり。ZAKさんは、このたびの録音をてがけてくださったエンジニアの方です。大友さんの紹介で初めてお会いしたのですが、プライベートスタジオ、St-roboのあるじです。

ZAKさんについては、いろんなことが、わたしにとっては革命的でしたので、何から語ってよいやら・・と前置きはともかく、すばらしいエンジニアさんでありました。専門的、技術的に言えば、ああでこうでああでこうで、とすばらしい点は数限りなくあるのでしょうが、わたしはあいにくそのあたりの知識が皆無なので、観念的な感想しか言えないのですが、とにかく歌っていて気持ちのよい音作り、場所作り、雰囲気づくりのエンジニアさんでした。たっくさんある機材を自在に使いこなすとはこのことか、はぁこれが職人技か、と思えるほど、ZAKさんの作業は早いし無駄がない。何をどうすれば、どんな音になる、ということが、ちゃんと頭の中にあるということなのです。マイクや楽器を並べて音を出してみて、それから調整する、ということでなく、楽器を鳴らす向きも位置も、理由があってそこに置く、というようにすべて最初から考えられてあるということなのです。そういう意味での待ち時間のストレスなどが演奏する側にはまったくないし、すべて機材も楽器も自分で動かし自分で並べる、というなんだかあたりまえの作業を見ているだけで、これに報いる演奏をしたいと思わせるような互いのリスペクトを呼び起こしてくれるのです。大友さんのおかげですごい人に出会ったなぁと、ただただ感謝の気持ちなのです。



2006-10-31 20:53 この記事だけ表示   |  コメント 5

コメント

すばらしいスタッフ&ミュージッシャン&ヴォーカリストから生まれたアルバムですね。 いよいよカウントダウンですね。 わくわく。
ひろ
(2006-10-31 21:34)
はじめまして。真理子さんの歌を知ってまだ日が浅い私は今回のアルバムが真理子さんデビュー?!です。初めて試聴させていただいたときの、あの感覚をなんと表現していいのか、雷に打たれたような・・・(打たれたことないですが)聴いているうちにドキドキしてきて動けなくなる・・・ような。。。4日がとても待ち遠しいです。
スコール
(2006-10-31 22:04)
はじめまして〜。アルバム、楽しみにしてます!ZAKさんは以前のインタビューで、アーティストの方のやりたいと思っている事を先回りし、その上で行きたい方向へ一緒に行く、というような事をおっしゃっていました。音の空気感をとても大事にされてる方なのかな、と思います。ニューアルバムは、アナログ盤では出されないですよね?いつかぜひ、アナログでも出して頂きたいです!
slowly
(2006-11-01 11:26)
ZAKさん「sakana」のアルバムでもマスタリングだけを担当されて、その仕上がりはまた一味違ったものになりました。先日観に行った京都の「P-hour」コンサートでも、セッティング中はご自分でマイクをすいすいと見事な素早さで立てておられ、ライブ開始後はミキサー卓で常にどこかのつまみを調整し演奏者と同じように動いておられる姿に目が釘付けでした。真理子さんのレコ発でもライブPAされないでしょうかね? どんな風にピアノにマイクを立てられるのか興味津々です。
やまシン(独立)
(2006-11-01 18:04)
お久しぶりです!ありがとぅございます!!聴くの、楽しみですっ♪
URIKO
(2006-11-01 18:40)

コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。