浜田真理子オフィシャルブログ「本日のハマダマリコ的こころII」

視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う

一日のうちに晴れたり曇ったり雨がざーざー降ったり、忙しげなお天気でした。御堂会館においでいただいたみなさんのたくさんのコメントありがとうございます。とても励みになります。どもども〜。夕方事務所スタッフから電話あり、来る東京ライブの話や、その後の話などしました。来年もいろいろ楽しそうな企画がありますよ、お楽しみに。ふふふふふふふふ。大阪から帰ったばかりで、まだ大阪弁がぬけませんが(うそだけどね)、来週末には、東京でのライブと、ちょとせわしないです。まぁ師走だからしょうがないか。風邪をひかないように気をつけましょ。年賀状も買ってはあるけど、まだまだ手がつけられそうにはありません。なんとなく気合を入れてみておきます。おりゃ=====!!!!!

☆最近の読書ノート
本屋でなんだか、呼ばれている気がして買ってみた『深い河』(by遠藤周作)の文庫本、出雲空港で読み始めて、迎えを待つ伊丹空港で続きを読み、ライブのあとの大阪のホテルで読み終えました。とてもおもしろかった。さて、東京には何を持って行こうかしらん。



2006-11-28 20:50 この記事だけ表示   |  コメント 5

コメント

先週末、九州の湯布院へ行ってきました。あいにく霧がすごくて、せっかくの紅葉が・・・。全てが白く煙って、車の窓から見える景色は本当に水墨画みたいでした。
そのかわり?じゃないだろうけど、今日お昼頃 仕事で松江から出雲へ向かう途中・・・素晴らしい「虹」を見ました。宍道湖に綺麗にアーチを描いて、松江市内から、宍道まで約20分間本当に素晴らしい虹でした。思わず車を止めて、携帯で写しましたよ。
車を止めてふと前を見ると、同じように携帯で一生懸命に「虹撮影」?写してる女性がいたので、なんだか嬉しくなりました。きっと心優しい人なんでしょうね。
真理子さんも「虹」見たのかな?
御堂会館、お疲れさまでした。
松江でのライブ情報はまだありませんが、楽しみにしていますね。松江でのサイン会は最高人数更新しますから・・・(字がぐちゃぐちゃのサインも貴重ですよね)絶対、客席をいっぱいにしますから、主催者の方やベテランミュージシャンの共演者も応援よろしくお願いします。

☆20代に見える、とか言われて、にやにやしています。忘れないようにして、悲しいことがあったら思い出そうっと。ふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふ。みねっちに自慢したら、飲みかけのジュースをふきだしていました。夜目に遠目に笠の内、そして、照明付きのステージの上ですね。
NO NAME
(2006-11-28 22:57)
↑途中で、Enterキー押しちゃって・・・すみません
☆印以降の文章は昨日の真理子さんのコメントでした??なんで????
やまちゃん
(2006-11-28 23:02)
 「わたしの力不足で、客席をいっぱいにできなかったのが、主催者の方や共演者のみなさんに申し訳なく、少し心残りです。次はがんばりますので応援よろしくお願いします。」
 
 一昨日のこのコメントが気になったので、久々に余計なお世話で、お邪魔します。
 大阪へ行かなかったのでわかりませんが、サイン会史上最長の反響ということは、観客総数の中でサイン会参加者が極めて多かったという事で、物見遊山の方が少なく、演奏を見・聴くエネルギーはより強かったのではないでしょうか?それは、共演者の方にも充分に伝わったと思いますよ。満員で冷めた空気が立ち込める中で演るより、一音も洩らさぬように聴き入ってくださるファンがいて、終演後2時間も待って下さったならば、それは”なにより”だったのではないでしょうか!
 昔、不思議だったのですが、音楽用語で、テンポであれば「アンダンテ」だったり、強弱であれば「mf」と「mp」といったように、中くらいでという表現は無いですよね。ほどほどにというのは、個々にも違いますし、何事にも、それだけ難しいという事ではないでしょうか?
 ”チケット発売当日売り切れ”だったら、追加公演を行ったのか?は、わかりませんが。例えば、ドームやアリーナでのコンサートとなり、外タレ価格で弁当付の「まりこ’s BAR」なんていうのは、私は観たいとは思いません。売れれば売れたで、1回のツアーに一人でも多くの方に観て頂きたい為、「何ヶ所もというのは御遠慮願います。」なんて仰るミュージシャンのスタッフの方もいます。常連さんがあってのLIVEの筈なんですけどね・・・。観客・関係者問わず、どなたに対しても過不足無く・・・って、一番難しいのではないでしょうか?
 どんなことも、なかなかどうして思うようにはいきませんよね!でも、美音堂的にはよくないかもしれませんが、”少しでも多く売らんかな”か?”よりよいものを聴かせたい”か?でしょうし、サイン会やアンケートの反応重視か?まりこさんとスタッフの意向重視か?で、結果は受け入れるしかないのではないでしょうか?今回の成果は、サイン会の列の”反応”これって凄いことですよね!
 それから、せっかくのHPなので、チケットの残席状況を案内出来たらいいのかもしれませんね。(これは、イヴェンターの仕事でしょうけれど・・)

 例えもあいまいで、きちんと伝わらず、また、悪い性分で、波乱起こしちゃったら、すみません。
ロック54!
(2006-11-29 00:23)
遠藤周作の小説は、僕も長年のつきあいです。10代で読んだ”白い人黄色い人”。この頃から聖書を読み始めた。20代で”沈黙”。40代でプロテスタントの教会に通い始め、昨年”深い河”を読みました。洗礼を受けてはいませんが、キリスト教は一生のテーマ。そもそも最初のきっかけは、ピーター・ポール&マリーでした。
ユダヤ教への興味からクレズマー・ミュージック、さらにちんどん屋と変遷。人生、愉快です。
monk
(2006-11-29 09:25)
東京では何を読まれているんやろう、などと思いながらライブの日を過ごしていました。ご成功おめでとうございます。ほっとして風邪など召されませんように。
年末ということでいろんなランキングがいろんなところで発表されていますが、本も例外ではないようで。というか、ここ数年本(または本屋?)ブームなのか、雑誌で特集がたくさん組まれているみたいですね。
そのうちの1冊、『Figaro』という女性誌を買いました。意外というと失礼だけど、とっても硬派です。魅力的な海外文学がたくさん載っていました。とりあえず、カズオ・イシグロをブックオフで探そうと思います。(本屋で買え>自分)
追伸:絲山さんの新刊が面白そう、とのことです。非現実的な双子の話だそうで、『悪童日記』信者としてはなんだかドキドキ。
かねちょも
(2006-12-12 23:59)

コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。