浜田真理子オフィシャルブログ「本日のハマダマリコ的こころII」

視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う
浜田真理子 mariko live〜夜も昼も〜 東京・天王洲 銀河劇場[2006年ライブ記録]

本日はご来場ありがとうございました。

【第一部】
1.月夜の夢に (作詞・作曲:浜田真理子)
2.夏の日の想い出(作詞・作曲:鈴木道明)
3.スプーン (作詞・作曲:浜田真理子)
4.埋み火のブルース(作詞・作曲:浜田真理子)
5.花いちもんめ(作詞:寺山修司・作曲:山木幸三郎)
6.純愛 (作詞・作曲:浜田真理子)

【第二部】
1.Winter people(作詞・作曲:浜田真理子)
2.風の音(作詞・作曲:浜田真理子)
with 五十嵐一生(tp)
3.Someday soon(作詞・作曲:浜田真理子)
with 水谷浩章(bass)・江藤直子(org)
4.あなたへ(作詞・作曲:浜田真理子)
with 水谷浩章(bass)・四家卯大(cello)・沖祥子(viola)
5.恋ごころ(作詞・作曲:浜田真理子)
with 水谷浩章(bass)・四家卯大(cello)・江藤直子(org)
6.旅路(作詞・作曲:浜田真理子)
with 水谷浩章(bass)・四家卯大(cello)
7.十五夜(作詞・作曲:浜田真理子)
with 水谷浩章(bass)・四家卯大(cello)・沖祥子(viola)
8.聖歌〜はじまりの日〜(作詞・作曲:浜田真理子)

【アンコール】
1.水の都に雨が降る(作詞・作曲:安来のおじ)
with 水谷浩章(bass)・四家卯大(cello)・沖祥子(viola)
2.胸の小箱(作詞・作曲:浜田真理子)

2006-12-09 20:46 この記事だけ表示   |  コメント 16

コメント

今日は すばらしいライブ!を聴かせて頂いて ありがとうございます。
真理子さんのMCも楽しめましたし、水の都に雨が降るも生で聴きたいと思っていた歌なので最高でした。
年末のライブも4回目で、自分にとっては年末の行事のようになっています、普段はなかなか行けなくてやっと6回目のライブで真理子さんのサインも頂けて幸せでした。
PS.真理子さんの次に好きな水谷さんのCDもGETできて良かったです。 売り子のお姉さんに「これは浜田さんのCDじゃないでよ」って言われましたけどね。 (*^_^*)
まさよし
(2006-12-10 00:25)
まりこさん、共演・スタッフの皆様、今宵も素晴らしい「土曜銀河劇場」をありがとうございました。ソロもいいげど、共演も良かった!また、(初聴でしたが)カバーの2曲、特に「花いちもんめ」に感動しました。(花いちもんめは期間限定音源かライブ盤として再聴を願いたいものです)
また来年のライブが楽しみにしております。
だがや
(2006-12-10 00:49)
まりこさん、共演・スタッフの皆様、今宵も素晴らしい「土曜銀河劇場」をありがとうございました。ソロもいいげど、共演も良かった!また、(初聴でしたが)カバーの2曲、特に「花いちもんめ」に感動しました。(花いちもんめは期間限定音源かライブ盤として再聴を願いたいものです)
また来年のライブを楽しみにしております。
だがや
(2006-12-10 00:50)
↑ 重複してしまい、本当に失礼いたしました。
だがや
(2006-12-10 00:53)
とても素晴らしいライヴをありがとうございました。
「泣き女」、良かったです、というか楽しめました。

「水の都に雨が降る」は、念じていたら
アンコールで通じて、もう有頂天(笑)。
MCを聞いていてえ、もしかして・・というあのドキドキ。

次の東京でのライヴは、もっと小さいハコでこじんまり
やってほしいですが、そうするとチケットが取りにくくなる
というジレンマも・・・。

ともあれ、ありがとうございました。
まる む
(2006-12-10 01:27)
真理子さん、ライブお疲れ様でした。

とても素敵な時間を過ごさせていただきました。
今回は前回と違い、前から3列目で真理子さんの顔がバッチリ見える席でした。
頑張って何度も電話した甲斐がありました。

握手会では夫にお仕置きの拳固をいただきましてありがとうございました。
毎日、チクチクといじめております。<笑>

爪紅のワルツが生で聴けなかったのはちょっと残念でした。
来年のライブ楽しみに待っています。
jun
(2006-12-10 02:29)
初めてのライブでしたが、本当にしっとりと心和むコンサートでした。「月夜の夢に」でいきなりボディブローでした。
是非、来年もと今から楽しみにしております。
ps.サイン会、本当にご苦労様でした
たあぼ
(2006-12-10 03:19)
お疲れさまでした。「水の都に雨が降る」、弦楽器がとても合って素敵でした。
始まる前に「浜田!」って声をかけたのは寺島進さんだったのかな?
ひろすけ
(2006-12-10 04:14)
おつかれさまでした。今迄で一番感動しました。
浜田さんの曲はもちろんですが 、カバーである花いちもんめにおもわずその世界へ引きずり込まされました。
一緒に行った浜田さんを知らない友人も、浜田さんの曲に心を持って行かされそうになり戸惑っていたようでした・・・・。


浜田さんの余韻を楽しんで明け方まで飲んでしまった三十路の女より。
ゆみ
(2006-12-10 05:02)
真理子さん、お疲れのところ、知人の分までサインをお願いしてしまいすみません…。
(“…ダビングは人としてどうなの?”ということで、なにとぞお許しを…(笑))
お一人のステージも大好きですが、“合奏”もとても味わい深いですね。
時に澄んで、時にじんわりと染み入る音達や、ステージ上の皆さんのお顔のあたたかさで、こころが柔らかくなりました。
素敵なひとときをどうもありがとうございました。
 
MTのたまご
(2006-12-10 06:46)
新しいうた、肌になじむうたが織りまぜられた楽しい時間でした。
スプーンは、私はライブお初で聴きましたがCD以上に軽やかで甘くて大好きです。花いちもんめは、ふとつけた深夜映画に引き込まれて時間を忘れてしまったような気持に。寺山さんドラマチックなすごい曲作ってますね。
真理子さんのここち良い英語の発音の響きとマエストロ大友の再登場は来年へのリクエストとして、東の住まいでまたお待ちしています。
円太朗
(2006-12-10 07:48)
最前列でしたが、目を閉じてじっと真理子さんの唄に、ピアノの音に、聞き入っておりました。

素敵な音でした。

「あなたへ」と「水の都に雨が降る」の弦楽器との競演は新鮮でしたね。

”泣き女”は土曜銀河劇場に相応しいというか、勝手に映像が頭に浮かんでくるようで。ひさびさ、身震いしました。

チェロもコントラバスもビオラも、オルガンも素敵でしたね。五十嵐さんのトランペットは最前列と後方では聞こえ方が違ったかもしれないけれど、迫力があって、哀愁があって、真理子さんの澄んだ声の「風の音」とマッチしていた感じがしました。


一期一会。耳奥に大事にします。素敵な出逢いに感謝です。


★真理子さんが随分、緊張していたのがMCでも判りました(笑)。次回までの反省点ですね。
ばんばん
(2006-12-10 08:02)
サイン会の時に「一番最初の歌い出しから涙ぐんでしまいました」とお伝えした者です。
「風の音」や「旅路」など、いろんなことを思いながら耳を傾けていました。
本当に素晴らしかったです。
浅川マキさんのカバーも真理子さんの世界に思いっきりハマっていてとても印象に残りました。
sugartime
(2006-12-10 09:30)
真理子さん、昨日はすてきな時間をありがとうございました。
第一部と第二部で全く違った(”夜”と”昼”)ライブを味わうことが出来たような気がします。

第一部はいつも通りの真理子さん。いつも思うのですが、たまにちらと客席に目をやる真理子さんを見ていると、何だか自分のためだけに演奏してくれてる気分になります。
ところが第二部。演奏の合間に共演者の方々と眼で会話されている(それもすごい楽しそうに!)のを見て、ちょっとジェラシーを感じてしまいました(笑)

でもアンサンブルもいいですね。アルバムも含めてほとんどソロでしか聞いたことがなかったので、とても新鮮でした。3rdアルバムからの曲はもちろんなんですが、非常にシンプルな曲だと感じていた「あなたへ」が、ストリングスが加わることでヨリ心の深いところまで染み入った気がします。


もっともっと余韻に浸っていたいのですが、週明けに試練が待ちかまえている身ですので(汗)、この書き込みをもって余韻を一先ず封じ、試練に挑みたいと思います。
tetsuya
(2006-12-10 11:37)
余韻のことで言えば拍手のタイミングが気になりました。音が消え入る直前の早いタイミングで拍手をされてる方がいらっしゃいました。音が消えても演奏はまだ終わっていないと思います。奏者が鍵盤から手を離し照明が再び灯ったくらいでちょうど良いのでは? 曲の余韻を掻き消してしまいその点だけが残念でした。
ヨイーン
(2006-12-10 16:29)
彼に誘われ、初めて浜田さんの音楽を聴きました。浜田さんのピアノの音色は軽やかで聴いていて、どこか落ち着きました。しかし、詞を聞いていると寂しさ・せつなさがあり、誰かを想う気持ちが伝わってきて、私の心の中で響いてました。生演奏は会場に響きわたり、すばらしかったです。
れぃこ
(2006-12-19 07:54)

コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。