浜田真理子オフィシャルブログ「本日のハマダマリコ的こころII」

視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う
旅十三日目:ぬけがら[ハマダマリコ的こころ]

昨夜は渋谷クアトロにおいでいただきありがとうございました。最終日にふさわしい盛り上がり方で、楽しゅうございました。今日は夕方うちに帰ってきて、家族と話をしたり荷物をかたづけたりして、やっと落ち着きました。旅の間は、疲れたと思ったらそのままキモチが、がらがらとくずれてしまいそうな気がして、考えないようにしていましたが、やっと疲れたな、と思ってもいいのかなとゆるゆる体をおうちモードにしています。でも、楽しかったなぁ。各地でおいでいただきましたみなさま、お世話いただきましたみなさま、ありがとうございました。全観客動員数は、のべ1100人くらいかなと思います。お会いできてうれしかったです。差し入れ、お花などもたいへん喜びました。ありがとうございました。今日は空港でのんびりとスタッフと食事をしながら、反省会をしました。いろいろありましたが、でも一回り成長したかもねぇとお互いのがんばりをねぎらいました。今度はあんなことしたいね、なんて、あれこれ考えて、ぜんぜん懲りないわたくしたちですよ。あはは、あたまわるいです。家に帰って体重までが一回り成長していないかどきどきしながら体重計に乗ってみたら、セーフでした。ああよかった。今日は早めに寝ます。じゃあね、これで、ハマダの旅物語はおわりです。応援くださったみなさまも、ありがとね。



2007-05-12 22:14 この記事だけ表示   |  コメント 6

コメント

まりこさん、ホントに長旅、お疲れ様でした。

ツアーの疲れに加え、暑かったり、涼しかったりの天候と気の弛み、放心状態から、お腹を冷やしたりお風邪などひかれませぬ様に。

★横浜まで待てないなぁ。。。
ばんばん
(2007-05-12 22:41)
 お疲れ様でした
 しばらく地元でごゆるりとして. . .
 あ、お仕事ですね(笑)
 ファイッ♪
pico
(2007-05-12 22:43)
真理子さんお疲れ様でした。
まだライブの余韻に浸っていますよ。

今回のツアー、是非CDかDVDにしてください。
美音堂さん、お願いします!!!
サナサ
(2007-05-12 22:54)
(股旅物風に)
東海道、山陽道の長旅、お疲れさんでござんした。
あっしは、初日と千秋楽の2回渋谷でお目にかかりやしたが、さすがに千秋楽は「これで終わりだっ!」てな感じで全開のトーク、たっぷり楽しませていただきやした。

それにしても姐さんのライブスケジュールが年休次第とは・・・。あっしも迂闊でござんした。
貴重な年休を使ってお江戸に足を運んであっしらのために歌っていただけるなんて、ほんとありがてえ・・・(拝んでやす)。
年休大事にお使いくだせえ。次は10月横浜でお会いいたしやす。
(junさんの「赤色エレジー聴きてえ」とのご意見、まったく同感でござんす。「チャレンジャー」な姐さんのこと、いつか聴けるものとお待ちしておりやす。)
makoto
(2007-05-13 15:53)
まりこさん、ツアーお疲れ様でした。
私は初回の渋谷に行かせて頂き、素敵な恋の物語に酔いしれました。その日は日中、静岡県で洞窟探検をして、夜にまりこさんのライブに出掛けるという異色の2本立てとなりました…笑
いつもすばらしい歌声をありがとうございます。
ごゆっくり旅の疲れを癒して下さいね。
しのぶ
(2007-05-13 18:49)
まりこさん、スタッフのみなさん、そして各会場に足を運んだ皆さん、お疲れ様でした。m(__)m
今回のクアトロツアー、5公演中4ヶ所に行かせてもらいましたが、セットリストがほぼ同じと言う事で、より各地でのライブの違いが鮮明に残りました。
初日らしい少し緊張感のあった渋谷クアトロに始まり、その緊張が少し和らいだ為か一曲歌い忘れそうになった名古屋クアトロ(笑)、一番リラックスした空気が漂っていた広島クアトロ、そして初日ほどではなかったのですが客席の期待感が高いせいかすこし緊張していた感じがしたけれども、各地の話題を折り込んだMCが一番長かった千秋楽の渋谷クアトロ、そのどれもが古くて新しい『浜田真理子』を感じました。
そして、本編の各曲が最後の『十五夜』へと続くストーリー展開、これまでのまりこさんの音楽人生の生い立ちも曲に込められているようで興味深かったです。

これからも繰り広げられて行く”新番組”、心待ちにしてます。


PS:終演後、「真理子さんってこんなに(MCを)喋る人だったっけ?」との言葉を耳にしました。まぁ、ボクの知っている限りでも最終日は一番長く喋っていたと思うけど(笑)、今回は話さずにはいられないという感情が話にも現れていたし、曲になじみのない人には少しでも解説が加わるとより伝わりやすくなるので、こういうMCもいいなぁと思いましたよ。
さぶまりん
(2007-05-13 21:48)

コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。