浜田真理子オフィシャルブログ「本日のハマダマリコ的こころII」

視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う
夏が来た(台風も)。[ハマダマリコ的こころ]
IMG_0437.JPG
カメラグッゲンハイムにて。

たいへんご無沙汰しています。お元気でしたか。急に暑くなりましたね。熱中症にお気をつけて。水分とりましょう〜。

IMG_0414.JPG
カメラムジカジャポニカ〜。

IMG_0447.JPG
カメラ音遊びのみなさん。

さて、神戸旧グッゲンハイム邸、梅田ムジカジャポニカでのライブ楽しかったです。ムジカさん9周年おめでとー!そして、神戸では音遊びの会のみなさんにも登場していただきました。ありがとー!お出かけいただきましたみなさま、お世話になったみなさまありがとうございました。二つの違った雰囲気を持つ場所で歌うことができてほんとにうれしかったです。

翌日は大阪でFMCOCOLOへ行って大塚まさじさんの「moonlight magic」に出演してきました。放送は7月31日、8月7日の19時から二週連続でお届けします。大塚まさじさんは松江ともご縁の深い方ですので、お話盛り上がりました。聞いてねー!

玄関 (524x800).jpg
カメラ大塚まさじさんと!

今年は関西が多くなりますので、また別便でライブ情報をお届けしますね。どこかでお会いできますことを!

☆ラベンダーさん、いつもお世話になります。treasure気に入ってくださってありがとうございます。コードは、メールでお送りさせていただきましたが、その後いかがでしょうか。いつか聞かせてくださいね〜^^

kayokoさま、お出かけありがとうございました。「月の記憶」準備が間に合わなくてごめんなさい。また関西へも出かけますので、よかったらお出かけくださいませ。

年中夢求さま、久しぶりにお返事ですが、スクールMARIKOまたお出かけお待ちしています〜^^いつもラジオにメールありがとう。

ゆかさま、お返事遅くなりました。いつもありがとうございます。体は全快で、夏も全開、またどこかでおあいできますように^^

椋木啓二さま、いつもありがとうございます。今年もまた、10月に地元でコンサートします。告知はもうすぐ。お楽しみに!

くんちゃん、岡山ではありがとうございましたー!今年はやっと熊本へ行くことができます。お会いできたらうれしいです。

まるむさん、その後おけがはどうですか。気を付けてね〜^^また8月にお会いしましょう〜。

おまけコーナー
_DSC5968 (800x534).jpg
カメラマリコ一座。





2015-07-13 21:07 この記事だけ表示   |  コメント 3

コメント

今回の関西方面のライヴにはお邪魔できずに
忸怩たる思いでした。

ピストの落車での怪我の御心配、ありがとうございます。
擦過傷は全部治りましたが、肩の打撲はもう少しのようです。

では、8月2日にお会いしましょう!(整理番号29番ですけど、早く並びます。)
まる む
(2015-07-13 22:02)
グッゲンハイムでのライブを聴いて
 少し遅れてしまって「音遊びの会」の演奏は最後の15分くらいしか聴けませんでしたが、メンバーの方たちがずっと蓄積してきたであろう色々な思いが、稲田さんのベースと離れたり近づいたりしながら、確かな「かたち」をした音のかたまりとして強く伝わってきました。
 それに続く浜田さんのライブは、「唄の力」が、そして「言葉の力」が、どんなふうに、先ほど聴いた「音の力」がもつ強度とは異なる表現の質の可能性を示しるものなのかを、聴き入るヒトたちに結果的に明かして見せることになったのではないでしょうか。
 「教訓T」の言葉の重要性はもちろんですが、「祭りの花を買いに行く」もそれに劣るとは思えない、けれど、ぼくがそのことを最も強く感じたのが「貝殻節」でした。
 単調なメロディー、切り詰められた言葉、繰り返される合いの手。
 浜田さんがいつも考えているという「足して1」、「2や3になったら多すぎる。引き算だ。」という思いを「貝殻節」は、そして日本の民謡の多くは表現しているのではないのか、そうでなければなぜ「江差追分」があんなに人の心を虜にするのかわからない。
 そんなことを取りとめもなく考えながら気がつけば、浜田さんはアンコールの「水の都に雨が降る」を歌唱指導をしながら唄っていたのでした。
 さて、ライブの余韻が残っているうちに、近藤さんのジャケット・イラストが切ないアルバム『Love song』で「貝殻節」を聴き直すことにしましょうか。
うしはら
(2015-07-14 10:04)
十数年前にthe crowの衝撃を受けてから、ずっとライブに行きたいと思ってながらも、何故か心の準備が出来ず、行けずじまいでした。
今回、やっとグッゲンハイムで初めての浜田さんの音を楽しむことができました。
私事ですが、仕事で貝殻節の鳥取に住んでいたり、今回のライブがあった垂水区にも半年前まで住んでいたこともあり、繋がりを感じています。自分勝手ですみません。。
実は、出演前に浜田さんが階段を下ってきたところをちょうどお目にかかれて、声を掛けようかと迷いましたが、勇気が足りず駄目でした。次も声を掛けるチャンスがあれば勇気を出しますので、よろしくお願いします。笑
肝心のライブでは、アルコールを入れていないにも関わらず、涙が溢れて困惑しました。余りにも女性としての性を体現しているようで、頭が混乱して二進も三進もいかない状態と、心の奥底では非常に落ち着いてるという不思議な感覚に覆われました。
また、浜田さんの声を聴きに行きます。
長々と失礼しました。
つかもと
(2015-07-20 03:37)

コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。