浜田真理子オフィシャルブログ「本日のハマダマリコ的こころII」

視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う
mariko plays mariko TOUR2008[2008年ライブ記録]
浜田真理子 mariko plays mariko TOUR

Song List
第一部
1.Waltz for Woody (作曲:浜田真理子)
2.The Crow (作詞・作曲:浜田真理子)
3.Syuji(作詞・作曲:浜田真理子)
4.人は少しずつ変わる(作詞・作曲:中山ラビ)
〜September(作詞・作曲:浜田真理子)
5.のこされし者のうた(作詞・作曲:浜田真理子)
6.愛の風(作詞・作曲:浜田真理子)
7.この恋をすてたら(作詞・作曲:浜田真理子)
8.十五夜(作詞・作曲:浜田真理子)
第二部
1.Song never sung(作詞・作曲:浜田真理子)
2.America(作詞・作曲:浜田真理子)
3.骨董屋(作詞・作曲:浜田真理子)
4.Mariko's blues(作詞・作曲:浜田真理子)
5.Country song(作詞・作曲:浜田真理子)
6.Bye Bye blackbird(作詞:Ray Henderson 作曲:Mort Dixon)
7.わたしたちのうた(作詞・作曲:浜田真理子)

【アンコール】
4月15日 渋谷クラブクアトロ
1.Love song(作詞・作曲:浜田真理子)
2.流転(作詞・作曲:浜田真理子)

4月17日 心斎橋クラブクアトロ
1.すぎた日のために(作詞・作曲:浜田真理子)
2.流転(作詞・作曲:浜田真理子)

4月19日  Gate's 7(福岡)
1.哀しみのソレアード(作詞:F.Specchia/M..Seimandi/A.Salemo 
作曲:Zacar/D.Baldan)
2.流転(作詞・作曲:浜田真理子)
2008-04-19 20:53 この記事だけ表示   |  コメント 10

コメント

真理子さん、クアトロツアーお疲れさまでした。
大阪に駆けつけました。
感動をうまく言葉にできない自分がなさけないのですが、行ってよかったです。

アンコールがもう1曲あったら、確実に帰りの
夜行バスに乗り遅れていました。
会場をダッシュで飛び出して、雨の御堂筋を全速力で走りました(笑)
まこちゃん(米子)
(2008-04-19 21:22)
 大阪行かせて頂きました。12月以来の生真理子さんでした。ありがとうございましたとしか伝えられない自分が少し恥ずかしいです。
 またのお越しを楽しみにしていますが5月はフランスですね。お体に気をつけて楽しんできてください。
 ところで未発表曲も増えてきましたしそろそろ今年は新音盤の発売を考えていただけたらと切に願う今日この頃の豆狸でした。
 PS 一部二部の間にかかっていた渋い曲は誰でしょうか。教えていただければ幸いです。
浪花の狸
(2008-04-19 21:37)
大阪公演
そ〜こ〜ぬ〜け〜に良かったですヽ(≧▽≦)/
(2008-04-19 22:28)
大阪に参加させていただきました。
昨年に続き、ワンマンは2度目です。
2回とも恋人と参加することができました。
真理子さんの世界を堪能させていただきました。
でも、別れの曲が多くて、せつなくなってしまいました。
ぜひ幸せなカップルの曲も書いてください!
アネモネ
(2008-04-19 22:55)
福岡公演、堪能させて頂きました。
念願の「のこされし者のうた」を目の前で聴けて、序盤なのに既に感無量になってしまいました。
ところで、「Mariko's blues」の挿入部分、勝海舟と言ってしまいましたが、自宅で調べたら高杉晋作でした。お恥ずかしい・・・。
あ、でも土方歳三のクリアファイルは確認しました。
まさひろ
(2008-04-20 03:16)
ツアーお疲れさまでした!

昨夜の感動さめやらぬまま書き込みしています。
たくさん歌って下さりありがとうございました。
大好きな1stアルバムを全曲聴けた幸せに加え、アンコールの2曲にまたまた感激!ソレアードは再び聴きたくてたまらない曲でしたし、流転も何度聴いても心に染み入る曲で、本当に素晴らしいライブでした。
マリコさんの歌は本当に不思議で、泣かないで聴こうと思ってもやっぱり涙がこぼれてしまいます。
昨年4月の松江ライブにも一緒に行った友人とハンカチを握りしめながら聴いていました。

電車の時間があったので、すぐに会場を後にしましたが、次回はまたサイン会でお話できたら嬉しいです。

では、10月鹿児島で!熊本も忘れないで下さいね。その際は宣伝マンになりますから(笑)
くんちゃん
(2008-04-20 12:26)
お疲れ様でした。
がっつりmarikoなのかと思ってたら抜け感のあるmarikoで、アルバムとはまた違った感じも素敵でした♪
骨董屋〜Mriko's bluesの流れがとっても聴きごたえがあって秀逸でした。充実v
ライブでおなじみの顔ともまた会えて、今ではそれもまりこさんのライブの楽しみの一つとなっています*^^*

名古屋にも行けますように…!(笑)追っかけ貯金もしなければ…。働くぞー!おー!

まりこさんもお家に帰られてちょっとゆっくりなさってねv
たけうち
(2008-04-20 21:19)
真理子さん、ひとまずお疲れさまでした。
八王子以来の渋谷でのライブ拝聴でした。

先月初めに父を見送ったばかりだったので、
元気をもらいに行きました。

のこされし者のうたでは、父を想い、涙が。
Song never sungでは、自分自身を想い、涙が。
アンコールの2曲は、私の本当に大好きな2曲だったので、
「これは私のために選曲してくれたに違いない!」
と、ひとり勝手に思い込み、涙が。
感涙、感涙の時間を過ごさせていただきました。

真理子さんの歌は、確かに「しんみり」な曲が多いですが、
聴くと癒されて元気になれるから不思議です。
いつもお礼を言いっぱなしですが、
ありがとうございました。

今度お会いできる時は、もっと元気になっておきますね。
ちふみ
(2008-04-21 02:25)
浪花の狸さん。

休憩中にかかっていたのはレナードコーエンの1枚目のアルバムです。
美音堂
(2008-04-21 10:25)
浜田真理子さんへ
あなたの音声は
まるで、吹いて来て風ようです。
はるか彼方、広野で
降り注ぎそうで星空の下で
時には、海お横切って来て風ようです。
私の頬に、私の胸に来て触れてその風あから
私は幸せします。
ありがとう。
あなたの公演にきっと来て見てたいです。
そして、最近 日本語お熱心に勉強しています。
ずっとずっと お元気です。
体もこころも。。。
(2009-12-12 20:24)

コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。