浜田真理子オフィシャルブログ「本日のハマダマリコ的こころII」

視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う
帰りました。10泊11日の長旅でしたが、おかげさまで、体調をくずすこともなく無事にライブを終えることができました。各地でお出かけくださったみなさまありがとうございました。もうずいぶんと長いお付き合いになったおなじみさんや、初めて来たという方々にも出会えてうれしゅうございました揺れるハート


昨日は飛行機の時間までに少し間があったので、博多の町をぶらりと那珂川沿いに散歩したりしました。お天気がよくて吹く風もここちよく、葉桜の下のんびりと歩いて、最後の日を楽しみました。ああ、でも、楽しい11日間でした〜。おいしいものもたくさん食べましたし(太ったかも?)、おもしろい出来事もたくさんありました。それぞれの町がそれぞれの味わいを持っているのが、たまらなくいいですね。大阪ライブでの、前列にいらしたおふたりの、こちらのMCに対する合いの手といいますか、リアクションのおもしろさはやっぱり大阪ならではなのかなぁと思ったりしています。何か言うたびに、「そんなことないやろ〜」とか、「あるあるあるある」とか聞こえてきて、あーここは大阪だーとうれしくなってしまいました。うふふふ。それから、いつも上から下まで赤づくめの服装で来られるマリコライブ名物通称「赤い人」、福岡ではライブのドリンクに、トマトジュースを飲んでいらっしゃったとかいう目撃証言も。トマトジュースですか、赤い人だけに。きゃははははは。その徹底した小さな工夫、まじウケるんですけど(女子高生風)るんるん


久しぶりに『mariko』を演ってみて、またあらたな発見もありました。まだまだ、ツアーは続きます。7月には、名古屋や広島へも参ります。東京公演も追加になりました。ご都合がつきましたら、ぜひお出かけくださいね。オリジナル曲目は変更もありです。今度はどんな方々にお会いできますやら。楽しみ楽しみ。最後になりましたが、お世話になった関係者のみなさま、ありがとうございました。助さん格さんこと、舞台監督さんのIさん、敏腕マネージャーのIさん(どちらもIだわ〜)、楽しかったですね。お気遣いに感謝します。


さてさて、今週は少しゆっくりします。小唄のお稽古もありますし。急なお仕事が入って来週はまた上京してレコーディングです。フランス行きも近づいてきました。うーどきどき。ああ、そうそう、帰ってきてみたら、みねっちがすっかり社会人の顔になっていて、うれしい驚きでした(しみじみ)。


2008-04-21 12:41 この記事だけ表示   |  コメント 9

コメント

福岡でのライブ、念願かなって初生真理子さんに会え、感激しました。夫は第一声を聞いた途端、「CDと同じだー」とトホホな事を言っていました。男性の方も多く(世代も幅広く)、とっても良い雰囲気でしたね。
 秋には鹿児島公演もあるんですね。鹿児島は私たちの故郷ですので、行くつもりでいます。みやまコンセールという会場は、毎年クリスマスの頃コーラスのアンサンブルコンテストが開催されていて、とても響きの良いホールです。空港から「みやまコンセール」に行く途中には、木造無人駅で有名な「嘉例川駅」があります。お昼は九州駅弁ランキングで1位になった「百年の旅物語かれい川」を食べて、公演の後は霧島温泉に入って・・・と「真理子さんツアー」の計画ができつつあります。鹿児島にいる友人も誘って、真理子さんに浸かりたいな。秋に楽しみができたので、元気が湧いてきそうです。ツアーの疲れを癒して、また素敵な真理子さん見せて下さいね。
bluestar
(2008-04-21 14:38)
新宿PIT INN、渋谷、博多。
私の追っかけ週間(と称して仕事を少なくしてもらう)も終了してしまいました。
次の追っかけに備えて働かなくちゃ。
真理子さんの生歌を聴いて涙する毎に辛い気持ちが浄化されてゆきました。
改めて、素敵な歌声を聴かせて下さってありがとうございました。
CDに入っていない歌もたくさんあるので、4年に一度と言わず、CD発売も楽しみに待っています。
yukino
(2008-04-21 19:09)
 さっそくのご返事ありがとうございました。あれはレーナード・コーエンでしたか。もっとぼそぼそと語る人というイメージがあったので以外でした。少し泥臭いアメリカのフォークの人かなと思っていたのは真理子さんの歌と黒髪と背中(何しろ真後ろから見ていたもので)とワイルド・ターキーに酔いすぎてしもたかな。
浪花の狸
(2008-04-21 20:56)
私の黄金週間は終わった・・・・とは 今日の職場での私のつぶやきです
ああ なんて素敵な一週間♪
思わず鼻歌〜あたしの好きなあの男 天涯孤独のラッパ吹き〜 なんて 憶えてしまったょ うれしぃ〜
ライブの陶酔はあっという間に過ぎてしまって
真理子さんの楽しそうに弾き語る横顔の残像
10年経っても 色褪せるどころかますます胸を打つ
Marikoの唄々 新曲もよかったし 
まだまだ もっともっと ずーっと聴いていたい
変わっても そのままでも あなたとともに 生きる〜

あ それから もうひとつ
敏腕 I氏のところの姫の笑顔に 撃沈しました
あの可愛さは もう 罪です
もし モデルのオファがきたら マネージャーは真理子さんで・・・・
あじさい
(2008-04-21 21:55)
トマトジュース、ばれてましたか(笑)。さすが敏腕ですね。mariko plays 「mariko」ツアーは東京、大阪、博多と追っかけて完走してしまいました。個人的には英詩の曲もいいなぁとしみじみ。特にAmericaが好きです。今後もよかったら英詩の曲も作ってくださいね。それにしても「骨董屋」はストーリー性があって引き込まれる名曲ですね。新曲も盛りだくさんになってきましたし、ぜひ音源化されることを希望します。

最後に私が提案した企画が実現することも密かに期待してますです。号外発行してくださいね。
赤い人
(2008-04-21 22:34)
ライヴ、素敵でした。ツアーがすべて終了したら、厳選したライヴ音源を期間限定で是非アップしてください。「人は少しずつ変わる〜September」「のこされし者のうた」をリクエストします。
Blue
(2008-04-22 00:08)
すっかりご無沙汰しております、まりこさん。ひとまずはおつかれさまでした。

このたびは、渋谷クアトロに馳せ参じました(微妙な火曜の夜に/笑)。おなじみの皆様とも再会でき、嬉しゅうございました♪ 故郷・博多でのライヴ、とてもとても行きたかったですが、諸々の都合にて今回は断念せざるを得ず…。

『mariko』とはひと味もふた味も違う2008年の『mariko』。まりこさんの声は微笑みが滲んでいるようで、そっと柔らかく耳に届きました。すてきなひとときに心からの感謝をこめて。
MTのたまご
(2008-04-22 00:17)
博多ライブにて、真理子さん曰く、
「弾けた曲がない(笑」と言っておられましたが、
個人的にはmariko's bluesはかなり弾けていたと思いますよ。
思わず足でリズムを刻んでしまいました。
安来節が絡んでくるとこあたり、かなりロックでしたし!
李白
(2008-04-22 22:42)
御礼が遅くなりましたが
素敵なライヴありがとうございました♪
また長旅お疲れ様でした。

サラリーマンNEO借りて見ました。面白いですね。
ハマリそうです☆
とうりょう
(2008-04-23 01:55)

コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。