浜田真理子オフィシャルブログ「本日のハマダマリコ的こころII」

視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う
黒と白の世界だった。[ハマダマリコ的こころ]
晴れうらうらとよいお天気の松江です。ツアーから戻ってちょうど1週間が経ちました。戻ってから小唄のお稽古に通ったり、DVDを借りて見たり(『キサラギ』おもしろかったー揺れるハート)、どかんと疲れを出すこともなく、のんびりしています。少し腰が痛くなったので、足ツボの先生にみてもらったら、「乗り物疲れが腰にきたのかもねー」と言っておられました。そうねぇ、移動手段にいろんな乗り物に乗りましたからねー新幹線飛行機バス車(RV)車(セダン)電車
さて、ゴールデンウイークも始まりましたね。お天気がよさそうなので、どこかへ行ってみたくなりますね。お出かけの際は、お気をつけて楽しいお休みにしてくださいね。


昨日、県立美術館で行われている、切り絵作家の陶山広之さんの個展をみに行きました。陶山さんの影響で、最近趣味に、切り絵をはじめた父と一緒にみねっちや、妹たちと。すばらしい作品ぞろいで、よくあのような精密な作業ができるものだなぁとみなで感心することしきりでした。特に父は、自分も少しかじっているので、よけいに難しさがわかるのでしょう、ひとつひとつをじっくりじっくり見ていました。針でつついたような、ものすごく細かい部分をどうやって削るのだろう、何か特別な道具があるのかもとわたくし、いかにもしろうとなのですが、陶山さんに質問しましたら(陶山さんとは少し面識があり、ライブにもおいでいただくことがあるのです)、ポケットから切り絵用のカッターを出されました。プロフェッショナルの道具はどんなのだろうと思ったら、それはどこにでもある、ペンシルタイプのカッターで、切り絵をされる方なら誰でも、使っておられるものなのだそうです。それを見て、「あー、わしのと同じだー」と、ちょっぴり父がへこんでいるのがコントみたいでおかしかったです。


☆お知らせ
以前も書きましたが、BSS(山陰放送)ラジオの朝ワイド『今日もハレルヤ』に明日の朝、電話出演します。朝のお忙しい時間帯ですが、もしもタイミングが合えば、聞いてくださいねー。ツアーの話などする予定です。

☆☆明日はそのほか、午後から、東京へ行ってお仕事してまいりまーす。このレコーディングに関しては、後日またお知らせいたしますね。と、書いていつも忘れているのですが、今度は忘れないようにがんばろう。というわけで、今は荷造り荷造り。


2008-04-27 14:24 この記事だけ表示   |  コメント 2

コメント

タイトルを見て「なんのこっちゃ・・・???」だったのですが、陶山広之さんで検索して作品を拝見したらやっと『黒と白の世界』の意味が解りましたです。
陰と光のたった二色の中に、そこには無限の色が存在する。
そんな作品ですね。
歌とピアノのたった2つの音色から、無限の情景を表現するまりこさんのライブのように・・・

ということで、ライブお疲れさまでした!

NON
(2008-04-28 12:50)
今宵は、ハマダマリオ的こころ

心がざらついていて、なかなか寝付けない後悔の夜。
囁くような音量で、Love songを聴きながら。

     Lost love

このまま溶けてしまいたい、あなたの胸の中で
息も出来ないほど、強く、激しく抱かれながら

永遠の愛なんて信じない
永遠の時間なんて欲しくはない
ただこの時、あなたと一つになりたいだけ

そして、消えてしまいたい
あなたの心が変わってしまう前に
マリオ
(2008-04-28 21:21)

コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。