視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う

あまり陽気がいいので、今日はなんだか眠くてしょうがありませんでした。別にサッカーを見て夜更かしをした、というわけでもないのにね。サッカーの試合は水曜日、という情報がどこかで刷り込まれていたのか、今朝起きて、さー、今日はサッカー見るぞぅ!と仁王立ちをしてみたけれど、ニュースを見たら、もう終わっていました。そうだった、時差を計算に入れていませんでした。しょんぼり。いや、別にいいんですけどね。

まぶしいので、いつもおろしたままのブラインドを休憩のたびにあげて、外の光をたくさん入れて、休憩中は『ノアラとヨッコラ』を読みました。きれいな絵とやさしいお話が、今日の日差しに合っている気がしました。sakanaの西脇一弘さんの初めての本だそうです。青い目の熊だなんて、ぬいぐるみで持っていたらきっと愛してしまうだろうなぁ。お話は会社で全部読んでしまって、少しかなしいようなさびしいようなこころもちが残って、どうしてくれるのさ、と思ったので、sakanaの『sunday clothes』を聴いているところで、着地。

さびしさ、と言えば、お弁当の時間に夜中にひとりでさびしい気持ちになったらどうするか、という話になって、意外にもりあがりました。なんだ、みんなさびしい気持ちになるのか、と思ったら少し気が晴れました。わたしの場合、今夜はだめだ、くよくよしそう、と思ったらすぐに寝ることにしています。9時半だろうと、10時だろうとね。夜のくよくよは果てしがないものね。今日はこのへんにして、明日また続きをくよくよしよう、と寝てしまうよ、と言ったら、それはよい考えだね、とみんながうなづきました。

実は昨日の夜は、少しくよくよして、ひきずってしまいそうだったので、早く寝ました。サッカーのことも忘れて。あれ、話がループしていますか。そうして、会社で、ブラインドをあけて、光をすいこんで、まだ少しくよっとしそうでしたが、美しいお話を読んでいるうちに、昨夜のくよくよはだんだんに影をひそめて、そのうち、物語のせつなさに胸をうばわれてしまって、結局はよい音楽に着地したのです。今夜は、熊とサッカーをする夢でも見るかもね。

今日はとてもよいお天気でした。会社ではときおり冷房がはいって、少し肌寒く感じました。窓の外を見ると遠くの山のあたりはすこしもやっているようでした。今日も黄砂が飛んだのかな。それにしてものどかな眺めです。山と湖と川とちっこい町と。休み時間に、川上弘美さんの『東京日記〜卵一個ぶんのお祝い。』を読んだら、さらにのどかな気持ちになりました。この本の好きなところのひとつは、ピーナッツの皮みたいなでこぼこの手触りのカバーです。そろそろ、ハマダ文庫の本も補充しないとなぁ、なんて、思い出したように使命感にかられてみたり(ほんとうに思い出しただけ)。

早くも夕ご飯を食べ終わっています。今日は、みねっちもバンドの練習がなくて早く帰ってきたので久しぶりに三人で夕ご飯を食べました。おばあちゃんは久しぶりにビールを飲みました。ごはんの間中みねっちは、田植えとバンドの話をしてそれがあんまり長いので、だんだんうざがられました。でも田植えとバンド、という組み合わせが最高だわとわたしはポテトサラダを食べながら思いました。

山本一力さんの『峠越え』を読み終えました。不思議なお話でとてもおもしろかったです。江戸の時代小説、というよりは、なんか、男の気配りのビジネス書みたいでした。男はたいへんだなぁ。女もたいへんですが同じ「たいへん」なら、わたしは、女のたいへんのほうがいいなぁ(慣れてますし)。そういえば、木曜時代劇、また新しいのがはじまりますね。清水の次郎長親分のお話が。楽しみです。

ご心配をおかけしました。たくさんのお見舞いのコメントもありがとうございました。おかげさまでよくなりました。今日から起きて普通の生活をしています。のどもほとんど痛みがなくなりました。一週間も寝込んだのは久しぶりでしたが、いろいろ終わったあとで、気が抜けていたのでしょうかね。それにしても、インフルエンザの感染力の強さには驚きました。うちの家族は全滅でした(わたしが一番重かったけれど)。今にして思えば、最初に風邪だと言っていたみねっちもインフルエンザだったのね。はじめてタミフルを飲みました。でも、飲むのが遅かったのか、発熱をとめることはできませんでした。わたしよりあとに症状が出たおばあちゃんは、早めの対処が効いたのか、熱がほとんど出ませんでした。病院でも、調剤薬局でも、今ごろインフルエンザにかかるなんておかしいですね、とあきれられたり苦笑されたりしたのですが、まぁなんにしても治ってよかったです。(あ、予防注射は1年もたないそうですよ、はなちゃん。)

このたびは、熱も高かったので、寝ている間に本を読むこともままなりませんでした。できたのはテレビをぼうっと見たり、せいぜいモーツァルトなどの音楽を小さくかけることくらいでした。それでも、間で1日、熱が少し下がったときに、小林秀雄さんの講演CD『文学の雑感』を聴くことができて、これには大変感銘をうけました。

インフルエンザにかかってしまいました。ひとつ前のブログをアップした夜中に38度をこえる高熱が出て、検査をしてもらったらB型でした。今日はやっと37度くらいにまで下がってきましたが、のどが痛くて痛くて、声がまだうまく出せません。病気のことをブログに書くのは好きではないので、治ってからその旨、さらっと書こうと思っていたのですが、存外に長引いてしまいましたので、幸い熱もほとんど下がってきましたところでもありますので、ご心配をおかけしないように、途中経過みたいなものを書いてみました。日々回復に向かっておりますので、どうぞご心配なく。ただ、もう2,3日ブログは休ませてくださいね。それでは、see you soon。

暑かったです。一気に夏が来たみたいでした。けれど、よいお天気は今日までで、明日からは、また曇りや雨の日になってしまうようです。いよいよ梅雨の季節に近づいていくのでしょうか。梅雨と言えば、紫陽花。そうだ!今年こそは、アジサイ寺に行ってみよう。

さて、みねっちがどこかで見つけてきた話。子供のころ、学校でよくやりましたよね、「○○」という言葉を使って文章を作りなさい、っていう問題。ああいった問題には、珍回答がつきもので、友達の思わぬ発想に驚いたり笑ったりしますね。それで「あたかも」という言葉を使って文章をつくりなさい、という問題に、ある外国人がこう答えたそうです。

「冷蔵庫に牛乳が『あたかも』しれない」

なんてキュートな回答でしょうか。とっても高度ですね。わたくし、すごく笑ってしまいました。みねっちの言い方もおかしかったのだけど、その発想があんまりおもしろくて、笑いすぎて涙が出てしまったほど。だってかわい〜もの〜。間違いは重々承知之助ですが、わたしが先生なら、点数いっぱいあげるよぅ(座布団もつけます)。

さわやかな日曜、ふりそそぐ太陽♪monkさん、楽しい演奏ができましたか?今日は松江もすばらしく晴れました。午後からひとりで近くの温泉へ行って、バラ湯に入ってきました。お湯の中にバラの花びらや花がまるごと浮かべてあるのですが、とてもいい香りで幸せな気持ちになりました。

以前、何かのテレビ番組を見るともなくつけたままにしていたら、番組中の豪華客船のレポーターの「・・・船旅には時差がありません・・・」というフレーズが耳に飛び込んできました。話の脈絡はよくわかりませんでしたが、その言葉だけは大層、示唆にみちて胸に響きました。

20代のころはまったく平気でしたが、このごろは環境の急激な変化が心身ともに大変苦手になりました(自律神経も弱いですし)。なので、大きな動きが自分の身に起こりそうになると、その激変ジャンプぶりをなんとか自然なスライドに変えるべく、自分を納得させる理由を見つけたり、ささやかな対策を考えたりしてきました。時間とともに流れゆくものごとの変化は、とめることはできません。実のところ、冒険や挑戦、それにともなう変化は嫌いではありません(むしろ大好き!)。そうして、いったん、おかれてしまった環境に順応するのは結構得意でもあります。行く手の少し先にあたらしい世界があるのはわかっているのに、そこにひとっとびすれば、心身ともに少なからぬダメージを受ける、というジレンマを抱えて、攻めと守りの間でいつもゆれている自分を感じていました。そんな時のこの言葉でした。

そうか、船旅にすればいいのかって。たとえば、船旅のようにゆっくり行こうという意味です。ゆっくりでも、動いてさえいれば、いつかは着くじゃありませんか。そう思ったらこころが軽くなって、楽しくなってきました。もちろん、こころや体の強い人は、劇的な変化でも平気かもしれません。わたしもそういうこころや体をつくる努力をすることにはやぶさかではありませんけれど、長年自分と付き合ってきて、これが自分に合ったやり方かなぁと思っているところなのです。