視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う

ここのところ、よいお天気が続いてはいますが、そのくせ黄砂のせいで、青空を見ることはなかったけれど、今日はすっきりと晴れました。ああよかった、やっぱり空は青いのだ、なんて思いました。ゴールデンウイークのお天気も各地でよさそうですね。あなたの予定、もう決まっていますか?事故などないようにお過ごしくださいね。と言っているわたしも、今日はちょっとひやっとしました。普段あんまり通らない小道にある駐車場から大きな通りへつつつっと出ようとしたら、その小道、実は一方通行でわたしは逆走していました。5メートルくらい走って、前を横切る車が通り過ぎるのを待っていたら、そこにミニパトが。わたくし、けれど、自分が逆向きだという意識がぜんぜんなかったものですから、ミニパトからのぞいた婦警さんが、どうしてこちらの方をみてこわい顔をしているのだか、ぜんぜんわかりませんでしたが、誘導されて、もとの駐車場に入ったら、婦警さんが一人下りて走ってこられました。一方通行ですよ、と言われて、あら、まぁ、そうだったんですか、それはごめんなさい、みたいな、のんびり顔。「免許証を見せてもらえますか」と言われたので見せました。名前や住所を書きとめられて、これで、切符切られたらやだなぁ、と思っていたら、「今回は、距離も短いし、警告だけにしておきますから気をつけてください」と言われて、放免となりました。すみませんでした。免許証入れにいっしょにゴールドのSDカードが入っていたから許してもらえたのかな。ゴールドのSD(セイフティドライバー)カードって、過去10年以上無事故無違反の優秀ドライバーだけにもらえるカードなのよね。(ほんとはセクシーダイナマイトの略だけどね。)

お天気はよいけれど、寒いです。風は強いし、黄砂は舞うし。そのせいかなんだか、目がしょぼしょぼしますね。朝、仕事に行こうと思ったら、車が白っぽくなってました。わーきちゃなー。道をゆくどの車も似たり寄ったりのほこりっぽさです。子供のころだったなら、そんな白くなったところへ指で「ばか」とか、相合傘とか描いたりしちゃうんだけどなぁ、ふふふ、でも、もう大人だから描かないのよ、そういうの。先週末にハマダ文庫の本を少し入れ替えておいたのだけど、会社の休憩のとき、同僚のくろちゃんがやってきて、茂木健一郎さんの『脳と仮想』を借りて帰ったらすごくおもしろくて週末に2回も読み返したと言ってくれたので、うれしくなりました。図書委員冥利につきまする。茂木さんと、すみきち、いえ、住吉美紀さんの番組『プロフェッショナル』もおもしろいよ、くろちゃん。



昼と夜とでは、花の開き具合が違うのです。花もやっぱり生きてるなぁ。なんてね。

ライブも近づいて参りました。ご質問の、サイン会ですが、このたびは、会場の関係でできないかもしれません。ごめんなさ〜い。

それと、お知らせです。今回のライブ、渋谷、名古屋、広島と、三ヶ所とも来てくださる方、ありましょうや?ゴールデンウイークのさなか、そういうのは、とても大変だと思うのですが、もしもいらっしゃれば、その大変さに敬意を表して何か、プレゼントを用意したいと思うのです。いや、そんなに大げさなものではありません、ささやかな、あめちゃん程度なんですけど。われこそは!という方がいらっしゃいましたら、最終日の広島の会場にて、入場の際に、渋谷、名古屋、広島のチケットの半券をご提示くださればお渡しできるようにしておこうと思います。今度の休みにハマダが買いに行ってきま〜す。足りなくなれば、後日お送りすることもできますしね。選曲も、三ヶ所で少しずつ変えるつもりでいますから、お楽しみいただけると思います(と、書きつつ青ざめるハマダでござる・・・)。

よいお天気でした。荷造りとライブの練習の合間に宮部みゆきさんの『平成お徒歩(かち)日記』を読んでいたら、よっしゃわたしもと、少し歩いてみたくなって、行ってきます、へ?どこへ?、みたいな会話をおばあちゃんとかわして、家を出てずんずん宍道湖のほうへ向かってみました。お財布とケータイだけ持って(これを「お財布ケータイ」といいます。なんつって。)。いやまったく、単細胞にできていますことよ。お天気はよかったものの、宍道湖に近づくにつれ、風が強くなって、肌寒く感じるほどでした。何も考えずにスカートで出てきたのが悔やまれて、宍道湖の波高く水の色の濁ったのを遠目に見たのを境に、国道の手前で引き返しました。散歩というよりは、三歩という感じの短いお徒歩となりました。しけ。ことほどさように、ライブ前にはそれ以外のことに関してやたらフットワークが軽くなるハマダの巻でした。

もうすぐ4月も終わりだというのに、なかなかあたたかくなりませんねぇ。さむいよう。今日はスーツケースを広げて、荷造りをするつもりでしたが、荷造りをはじめると歌の練習がしたくなり、歌の練習をはじめると荷造りが気になってしまうので、結局、あいだをとって、テレビを見たりお茶を飲んだりして、あまり何もはかどらず、立ち上がって歩くたび、開けたままのスーツケースにつまづいています。いてて。

昨日、美音堂からのお知らせがありましたように、中島みゆきさんのアルバムデビュー30周年を記念するトリビュートアルバムに参加させていただくことになりました。やっと書いてもいいということで。中島みゆきさんの楽曲をいろいろなアーティストのみなさんが歌うという企画だそうです。そうそうたるメンバーの中に、まぜていただいたこと、大変光栄に思います。先日東京で、レコーディングをしてきました。「すごい企画」がある、とそのときのブログに書いていたのがこのアルバムのことです。そのメンバーの中には小泉今日子さんもいらっしゃるのですが、プロデューサーの佐藤剛さんのはからいで、同じ日にレコーディングをしましょう、ということになったので、YAMAHAの大きなスタジオでお会いしました。昨年の横浜のライブのときにお会いして以来だったのですが、今日子ちゃん、いつみても素敵。わたしたち、それぞれ別な曲を録音したのですが、待ち時間にお話をしたりもできて楽しかったです。わたしが「世情」を歌うことになっていたので「金八先生」の思い出話をしたり、今日子ちゃんの映画のことや「猫村さん」の話でも盛り上がったりしました。録音のエンジニアは吉野金次さんでした。吉野さんには、神業のような技術を見せていただき感激いたしました。とても貴重な経験ができました。関係者のみなさまありがとうございました。発売は6月とのこと、わたしもほんとうに楽しみです。

昨夜からずっと台風のような風がびゅうびゅう吹いて雨をそこらじゅうにたたきつけていましたが、やっと今頃になってしずかになりました。ああよかった。今夜はゆっくり眠れます(昨日もゆっくり寝たけど)。今日うれしかったこと。仕事中に急に豆ご飯(グリンピースご飯)が食べたくなって、どうしても食べたいなぁ、よっしゃ今度のお休みの時作ってみようかえと思っていたら、なんと、お弁当のご飯がまさにその豆ご飯だったの!やっほぅ。献立表を見ないで注文していたのに、すごいすごい!サプラァーイズ!!もしかしてあたしってば、予知能力とかあるのかも!!!!!と興奮してお弁当の時間にそのことをみんなに話したけど、意外とテンションの低い、へぇー、みたいな、あっそよかったね、みたいな反応で、いまひとつ盛り上がりにかけました。ち。わたしが、10時半くらいからお昼まで思い描いていた豆ご飯へのキモチなんて、他のひとにはわかるはずもないですしね、いいのさ俺は孤独が好きさと、ひとりでもそもそ食べはじめました。すると、いっしょにお弁当を頼んでいたなみちゃんは、豆ご飯が大大大嫌いということで、まきちゃんのお弁当の白いご飯ととりかえていました。そしたらまゆみさんが、あたしにも豆ご飯をくれ、と今度はまきちゃんと半分ご飯を交換していました。ちょっとちょっとあんたたち・・・、そんなに豆ご飯好きなの、ほんとにしょうがないわねぇ、と苦笑&ため息をつきながら、(だれにもあげないで)ひとりでつづきをもそもそと全部食べました。満足。(教訓:献立表はしっかり見ましょう。)

すばらしいお天気で、今日が高校の遠足だったみねっちは日焼けでほっぺを赤くして帰って来ましたが、そんないいお天気も下り坂、今夜遅くには雷雨になるそうです。あらら。そして、少し汗ばむほどの陽気も明日には気温を10度くらい下げてしまうそうです。あらら。連休前に体調くずさぬよう気をつけましょうね。

昨夜の『ちびまる子ちゃん』かわいかったですねぇ。まんがとそっくりな登場人物がたくさん出てきておもしろかった。物語もよくできてましたね、昭和のかおりがとても好き。DVDで「追いかけ再生」しながら見て、ひとり泣いたり笑ったりしました。(それにしても、「追いかけ再生」って便利ですね。早送りなどもできるし、CMを飛ばしながら見ていて、一瞬、本編が終わるより先に、全部見終えてしまうのぢゃないか、と錯覚をおこしたりしました。ないないない、そんなわけないって。)そういえば、「ちびまる子ちゃん」をはじめてテレビで見たのは、出産のため入院していた時なのです。ベッドで夕ご飯を食べつつ見て、なんとおもしろい番組が始まったなぁ、って思ったのを覚えています。わたしもまだ、20代でした。ひぇ〜月日が経つのは早いよぅ〜。つるかめつるかめ。