浜田真理子オフィシャルブログ「本日のハマダマリコ的こころII」

視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う

啓蟄の昨日、春一番が吹いたところもあるようですね。今日も、窓の外はうららかに晴れていました。休み時間はブラインドをあげて、ぼうっと外を眺めました。このままあたたかくなるといいですね。会社では、花粉が飛び始めたと、花粉症の同僚が困り顔でした。今週末は東京へ行って、いろいろお仕事をしたり、アルバムのためのデモ録音をしたりすることになっているので、準備とかなんとかで、ばたばた、いえ、じたばたしております。急に入ってきた仕事もあり、で、いつものようにかちかち山です。ああそれなのに。夕ごはんを食べたら、おなかがいっぱいになって眠くなったよう。しゃきっとせねば。

アロマオイルについてのご質問ですが、いろいろな成分がブレンドしてあるそうで、中身はわかりません。香りから推測してみると、ベルガモット、とか、ラベンダーとか、グレープフルーツとかオレンジとか(かな?)。なぁんて、適当に知ってるのをならべて言っておりますが、ほんとはよくわかりません。柑橘系なのは確かです。「リラクゼイション」という名前がついています。植物、つまり花や葉っぱや果実から抽出したものですから、自然のやさしい香りがします。おもしろいのは、香りのセラピーは、いくらよいものでも、自分が気に入った香りでなければ効果が半減するということです。不思議ですが、よく考えると、さもありなん。リラックスするためなんだから、自分がいい香りだと思えないと意味がないですしね。アロマの本には「若い世代に比べ、経験豊富な女性ほど複雑な香りへの感受性が豊か」なんて書かれてます。ふふふ。そりゃそうよね。しょうがもわさびもさんしょもみょうがも大人になってから好きになりましたし(え?それとこれとは違う?)。とにかく、今夜は早めにお風呂に入っていろいろ準備しなきゃ。「アンフェア」もやるし(テレビ見るのかよ)。

あたたかい日でした。午後から、足ツボ先生に来ていただいて、またマッサージをしてもらいました。前回より痛くない場所や、痛く感じる場所など、いろいろなので、自分の生活態度をふりかえるのによいですね。みねっちも前回にひきつづき、今回は妹も一緒に体験しました。冷え性の彼女、体がほかほかしたと喜んでいました。アロマオイルも買いましたので、今は部屋によい香りがただよっています。なんだか眠くなってきました。アロマの香りに包まれて眠るとします。明日からまた新しい週がはじまりますね(うへ〜)。がんばりましょう。

美容院に行って、ずっと前から貸してあげるよ、と言っていたのにいつも持って行くのを忘れていた、『マンハッタンラブストーリー』をやっとそこのご夫婦に渡すことができました。すると、そこの4歳になる娘ちゃんが出てきて、おぼえたての「ひなまつり」の歌を歌ってくれました。これまでは1番までしか知らなかったけれど、おふろで何度も何度も歌って特訓して2番をおぼえたのだとうれしそう。「ハマダさんも、覚えるときは何度も何度も練習しないとだめなんだよ」とアドバイスまでいただき。はい、ハマダさんもがんばります。そうして、保育園で作ったという、卵のカラに顔を描いたおひなさま、の携帯写真も見せてもらいました〜。なかなかの傑作。帰りにビデオやさんに寄ってぶらぶらしました。みねっちの好きなお笑いサマーズのDVDを借りて帰って、おおい、みねっちおみやげがあるから降りといで〜、みたいな、のどかな一日でした。さて、歌でも練習するかな(おふろで)。

今年の一月に行われた、一度は生で見てみたい立川志の輔さんのパルコでの落語ライブの録画をいただいたのでさっそく見てみましたのです。あはははははははははははははは。うけるぅ〜。あはははははははははは。パルコでのライブ、今年は10年目にあたったそうで、これまでの新作落語をまとめて1ヶ月もの公演にして挑戦されたのです。いただいた録画はその中の1日を取り出してテレビ番組にしてあったもの。おもしろかったです。志の輔さんはすごい。今夜は夢見て笑うかも。

雨の水曜日でした。まだまだ寒いなぁ。今日から三月ですね。昨夜の『アンフェア』は驚きましたね。安藤刑事ってば。あたしゃ先週の予告編をみて、安藤刑事のために涙ぐんだりしておりましたのに。また来週も楽しみです。今日は日直でしたので、ハルカさんを見逃しました。『風のハルカ』も、もう少しで終わりですね。最後はどうなるんでしょうか。何度も言うようですが、わたしはやっぱり、猿丸さんがいいなぁ。と、今夜はあんまり書くことがないので、短めで失礼いたしまんもす。あ、初めてコメントをくださったみなさん、ありがとうございます。今後ともごひいきに。

風が強くて今日は寒かった〜。寒かったり暖かかったりと、体がついていくの大変ですね。風邪をひかないようにね。さて、わたくし、本を読むのは、比較的早いほうだと思いますが、そういうのは、まぁ、癖みたいなものでしょうね、きっと。一字一句のがさず読んでいるわけではないのだと思います。その証拠に、会社で仕事のときに時々行う、校正の仕事、これは句読点まできっちり見なきゃいけないのに、からきしだめですから。わははっは(ぃゃぃゃ笑い事じゃないけど・・・凹)。まぁ、読むはしから中身を忘れてますし。なんというか、読んで、あとでどうこうしてやろう、という気持ちよりは、ただそのとき読みたい、知りたい、目で字を追いたい、ページをめくりたい、どきどきしたい、みたいな感じかなぁ。とりあえず、目標があると楽しいので100冊なんて決めていますが、年間300冊読むという人のことを聞いたことがありますし、人それぞれペースがあると思いますので、自分のやり方で読むのがよいと思いますよ。ささ、今夜は『アンフェア』ですね。楽しみ。ほんに、アンフェアなのは誰なんでしょうね?どきどき。

また一週間がはじまりました。そして、明日は2月最後の日。はや〜。ゴールデンウイークのライブのチケットも売り出されています。そろそろ春に向かって、活動開始だなぁ。さて、あいもかわらずの本の話題でごめんなさいですが、今日は会社で、絲山秋子さんの『沖で待つ』(文藝春秋)を読みました。芥川賞をとられてからは本が売り切れ状態だったのですが、通販で頼んで少し待ったあと、やっと届いたのです。2編入っていましたが、どちらも働く人のお話、おもしろかったです。作者とは年代が近いこともあって、バブルの時の空気感など共感できる部分も多々あり、懐かしく思い出しました。といっても、わたしは、当時会社勤めをしていたわけではないのですが、大企業に就職したお友達が多かったので、いろいろ話を聞いて、景気がいいなぁ、でもたいへんそうだなぁ、と思っていただけなんですけど。それと『沖で待つ』というタイトルがすごくいいと思いました。あの作品のなかのこの部分をタイトルにしたのか!あっぱれ!と膝をうちたくなりました。それにしても、以前は、賞をとった本なんてすぐに買うのは恥ずかしいわん、なんて思って、ほとぼりが冷めたころにこっそり買って読んだりしていたけれど、このごろは、というか、40歳を過ぎてからは、こころを入れ替えあらためて、フットワークを軽くすることにしました。興味が向いたら、まず、動いて自分から近づいてみるという感じでね。20代ならば、またのチャンスでいいけれど、40代に入ったことで、「また今度」をあてにするのは、なんだかこころもとなくなってきたのです。(忘れちゃうし。)気が短くなったのかもしれませんけどねぇ。