視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う

おはようございます。こころの金メダリストのハマダです。やまちゃんさん、ありがとう。どちらかというと、わたくし、金メダルより、欽ドン賞のほうがほしいので、これからは、そちらをくださいね。昨日も今朝も、早めに起きて(決して早くはないです、休みの日にしては、というくらいで。はは。)、漢方生活をしています。漢方生活っていうのは、別に朝から薬を煎じて飲んで、気功や太極拳をする生活という意味ではなくて、朝は起きて、朝の空気を吸い、ゆっくり音楽を聴いて、朝ごはんをゆっくり食べ、少し体を動かして、昼ごはんをちんまり食べて、お茶を飲んで、みたいな、こうして書き出すと、普通の生活のことなのですが、とても、気分がよいです。大きなことではないけれど、なんとなく、たのしいキモチになります。小さなことでも、すぐにストレスに変換しやすいわたくしとしては、お休みの日くらいはこういう時間を持つのが必要なことなんだなぁとやってみて気がついたということ。

☆みどりちゃん、お久しぶりです。漢方の本はいろいろ買って読んでみましたが、オレンジページムックの保存版『漢方養生法』が写真もきれいでわかりやすいと思いました。


☆☆妹が、椿の花をくれました。好きな花です。

今日は、寝不足の人が多かったのではないでしょうか。朝起きて、テレビをつけたら、フィギュアスケートの表彰式でした。よかったね、金メダル。オリンピックを見ていたわけではないけれど、わたしも今夜は眠いです。昨夜は近所の猫が夜中の間ずっと、わーわーゆうとりまして。春かしら。みねっちが、さっき大笑いしながら、教えてくれたのは、仲良しの男子からメールが来て「鶏肉やく?それともにる?」書いてあったそうで。なんのことかさっぱりわからないので、なにかの暗号かしらなんて言いながら、なんのこと?と返事をかえしたら、返事が来て言うことにゃ、おかあさんに送るつもりだったのを間違えてみねっちに送っちゃったんだって。あはは。おかあさんのかわりに料理してんのかなぁ。なんかかわいいなぁ。いいなぁ、そういう男の子。ほほえましいので、ひとりでくすくす笑っていたら、「結局、鶏は煮たんだって」とみねっち。

いよいよ今夜、フィギュアスケートのフリー演技ですね。でも、真夜中でしょ、そんな遅くまでとても起きていられないから、リアルタイムで見るのはあきらめて、ニュースで見るだけになりそうです。明日は金曜日だわ。スキップしたいくらい、いえ、3回転ジャンプくらいできそうなほどのうれしさ。今日、注文していた漢方の本が届きました。漢方は奥が深くて、体にやさしそうでいいです(newちゃん、また今度見したげるね)。いろいろ、豆知識を仕入れて、自分で試してみるのはもちろんですが、身近な人たちに(そうそう、あなた、あなたよ、)からだによいこと、(聞かれもしないのに、)お知らせしたいと思っていますよ。お楽しみにね。てへ。

昨夜、『犬の記憶』を読み終えました。もっと、ちびちび読み進めるつもりだったのですが、あまりおもしろいので、やめられず、一気におしまいまで突っ走ってしまいました。これから読む『犬の記憶終章』も楽しみです。ひろすけさん、そうだったんですか。うっかりしていました。ひろすけさんの本、もう一度、開いてみますね。

実は、『犬の記憶』を読む前には、茂木健一郎さんの『脳と仮想』(新潮社)を読んで、大変感動していました。脳とこころ、そして記憶について書かれた『脳と仮想』、写真と時間と記憶について書かれた『犬の記憶』、書かれた時期もジャンルも、そして多分本屋さんで並べられている場所もぜんぜん違うであろうこれらの2冊はしかし、まるで合わせ鏡のように互いを照らし合い、また驚くべきタイミングと精度で、わたしのこころの中の一点に光をあててくれます。
その一点とは、「うた」。

朝は雨がぱらついていたのに、仕事をしているうちに少しずつ晴れて、3時の休憩の時間には、窓の外の風景のずっと遠くに大山(だいせん)の美しい姿が見えました。びっくり。手前にある近くの山は、はっきりくっきり見えるのに、富士山に似たその姿は頂上近くに雪の帽子をかぶってなんだかぼんやりと見えていました。砂漠で見る蜃気楼はかくあらんというような、はかない姿。携帯で写真を撮ろうとしたけれど、やっぱり、遠すぎました。

さっそく、森山大道さんの『犬の記憶』読み始めています。ぬまたさんが書いておられたように、すばらしい本ですね。股旅ごころをまたもやくすぐられています。


土日のマリコ的を二日分いっぺんにアップしたのは初めてです。が、両方とも書いて残しておきたいできごとでした。今日は、県立美術館にて、写真家の森山大道さんのトークショウがあり、出かけてきました。森山大道さんのことは、大友良英さんの最新アルバム、ONJOの『OUT TO LUNCH』のジャケットの写真で初めて知りました。アルバムができるときに、この写真を使えることになったと関係者のみなさんが大変興奮しておられたのでとても印象深かったのと、実際にできあがったCDを見て、とってもかっこいい写真だなぁと思っていただけだったのですが、先日新聞で、県立美術館で、『DAIDO EMOTION』という森山大道氏のコレクションの展示がなされていること、今日のトークショウのことが載っているのを見て、びっくりしたのでした。なんだか、不思議なご縁だなと、これはぜひ行かなくちゃとこころに決めていました。

少し早めに行って、『DAIDO EMOTION』をぐるっと見てまわりました。モノクロの写真がほとんどでしたが、写真のことにはまったくしろうとのわたしにもはっきりわかるほど、こちらの胸に迫ってくるような写真の数々でした。トークショウは約2時間にわたって行われましたが、聞けば、森山氏は子供のころ、島根県で過ごされたとのこと、またまた、ご縁を感じてしまいました。3年前に美術館をあげての森山大道『光と影』という個展があったそうで、それにはわたしのアンテナが間に合わず、残念に思いましたが、遅ればせながらやっと、このたびの展示作品にふれることができてよかったです。

森山氏のお話はたいへん興味深かったです。先にも書いたように写真の技術に関してはまったくの門外漢のわたしですが、世の中に作品を発表している人、という観点から見ると、わたしにも学ぶべき点がたくさんあるように思って感銘を受けました。トークショウが終わってから、学芸員の方に、サインをいただけるかどうか、お尋ねしたら、こころよく聞いてくださって、森山氏にお会いすることができました(すごくかっこいい人でした)。実は、そんなこともあろうかと、件の大友さんのCDをかばんにしのばせて行っていたのです。もしもCDにサインがもらえたら、大友さんや沼田さんが喜ばれるのではないかなぁと思ったのです。ふふふ。おそるおそるCDを差し出したら、「ああ、これか」と微笑まれて、気さくにサインを書いてくださいましたよ。あのぅ、これを写真にとって、ブログで自慢してもいいでしょうか、と聞いたら、笑って「いいよ」と言ってくださいました。感謝感激です。大友さ〜ん、沼田さ〜ん、もらってきましたよ〜!帰りに美術館のショップで森山氏の本、『犬の記憶』『犬の記憶終章』(河出文庫)を買って帰りました。濃い週末が終わりました。


土曜日の夜は、バースデイにて、野口厚司さんのライブがあり、見に行きました。(野口厚司さんは、安来のおじとうりふたつの人です。)このライブは野口厚司さんのお友達の角松敏生さんプレゼンツ、ということで、野口さんのユニット仲間のイサオさんとともに、角松さんも一緒に演奏に参加されました。3人ともギターというかわった編成でしたが、不思議と3人の音がだぶらずそれぞれ聞こえたのがおもしろかったです。ライブはトークも含めて12時までたっぷりあって大盛り上がり、そのあと、打ち上げに突入しました。わたしもなんとなく、お仲間に加えてもらって、歓談しました。途中で、絵描きの懐かしいお友達がお店にあらわれたので、わたしはメインテーブルからはちょっと中座して、お友達とママさんといっしょにおしゃべりに花を咲かせました。一方、長老の角松さんは、またもやのりのりべいべーでした。8分音符でリズムをくう、という角松式一本締め(できなくてみんなで練習しました)で解散したのは、朝の4時を過ぎていました。駐車場へ行くと、車が凍っていました。みなさんおつかれさまでした。あ、そうそう、野口さんは安来のおじにことづかったという、「きりぼんちゃん」をくれました。わ〜い。明日会社で自慢します。