視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う

『變瞼(へんめん)』という(1995年中国・香港合作)映画の録画DVDを昨夜見ました。昨日の「マリコ的」に書いたようにあんまり寒くて早く寝てしまおうと早めにお風呂に入って寝るしたくをしたのですが、いくらなんでも9時過ぎに寝てしまうのはどうなのか、だからといって早起きするわけぢゃなし、と思いなおし、ずいぶん前にいただいていたDVDをひっぱり出して冬の夜のつれづれにひとりしずかに見入りました。マリコさんならきっと泣くでしょう、と言われていたとおり、しくしくと、ティッシュで涙をふきながら見ましたよ。おじいさんと子役ちゃんの演技がとてもよくて・・・うぅぅ。「おじいさん」というだけで、「こども」というだけで、涙が出るのに、このストーリは反則ですね(ぅぅぅ、)。でも、見終えたら、寒い寒い冬の夜にこころにぽっとあかりがともりました。ありがとう、だがやさん。

『ミセス』、買いましたよ。自分で。記事の内容はすでに美音堂に届いたものを送ってもらっていたのだけど、実物を母に見せてやりたいと思ったので。本屋さんで、一冊すばやく持ってこっそりレジに出そうとした瞬間に、「ハマダマリコさんでしょう?見ましたよぅ、『ミセス』!」と言われて、ぅ、と思いました。いや〜、その〜、ま〜、この〜、ええと、おばあちゃんに見せたいと思って〜〜でへへへへへ、とか言ってごまかしました。恥ずかしかったです。だから、おじさんだって買ったり立ち読みしたりしたっていいのです。わたしだって勇気出しましたし(マフラーでほおかむりしていなくてよかった)。親子で恥かき人生です。

夕日が沈もうとして西の空をあかく染めているのを遠い背景にして、すぐ目の前では大風に吹かれて雪が横にとんでいくというような光景を今日は見ました。ものすごく寒いけれど、きれいでした。こないだ角松敏生さんが松江にお見えになったとき、松江の冬は最高だとおっしゃって、寒いのが嫌いなわたしは、ぃゃぃゃぃゃぃゃなんとおっしゃるうさぎさん、やだやだあたしゃ冬はいやだよぅ、と思って聞いていたのだけど、山陰のお天気はかわりやすくて、短時間のうちに晴れと曇りと雨と雪が体験できるのはとても美しいという、氏の意見を、件の光景を見て思い出したのでした。ああ、でも、風があると寒いのよう。会社の帰りにはマフラーを、マチコ巻き(古)にしようかと思いましたが、マフラーの幅がせまいので、ほおかむりのどろぼうみたいになってしまいそうなのが格好悪くてやめました(いまどきそんなどろぼういないでしょうが−よけい目立つし)。今夜は気温も低く、部屋の中もなかなかあたたかくなりません。早めにお風呂に入って布団にもぐりこもうかなと。

☆堀江敏幸さんの『もののはずみ』を読んでいます。すてきな本ですねぇ。土蔵の白壁みたいな装丁がいいですねぇ(なでなで)。教えてくださってありがとう。

今日はなんだか風の強い日でした。今はだいぶおさまったようですが、夕方などは台風のようにびゅうびゅう吹き荒れていました。お肌も乾燥しますねぇ。ぴきぴき。更新音源喜んでいただけたならとてもうれしいです。kumakoさん、「煮込みワルツ」は上野茂都さんという、三味線を弾いて歌われるかたの歌ですが、『あたま金』というアルバムの中には「おとうふ」「炊事節」「煮魚節」「塩焼き節」など、ほかにもたくさんおいしそうな歌がつまっていますよ。さあて、もうすぐオリンピックですね。わくわくするなぁ。衛星放送じゃないと見られないのかな。

今日も寒かったですね。窓の外は一日中舞う雪のせいで、まっしろでした。水分が多いので、みんなみぞれにかわってとけちゃったけど。さて、今日更新されたライブ音源はふちがみとふなとさんとご一緒した、「チキチータ」と「煮込みワルツ」と、昨年のスターパインズカフェでの「イシ子」。まだまだ寒い日が続きます。煮込みワルツのお鍋で、あたたまってちょんまげ。

夕ごはんのあと、みねっちと、わたしの部屋で、雑談をするのが日課です。毎日みねっちの学校や友達の話を聞いて、大笑いしたり、涙したりしています。そして、青春っていいわねぇとか、若いときはいろいろめんどくさいわねぇとか、思ったりしています。大人からしたらたいしたことじゃなくても、若いときは若いなりに悩んだりするんだよね。がんばれみねっち。あぁ、わたしにもあんな時があったなぁ(元ギャルの遠い目)。

昨日の「マリコ的」に関していろいろご意見ありがとうございます。言葉足らずでうまく説明できておりませんでしたが、決して、わたくし、楽譜を否定するものではありませんので、ご理解くださいね。さて、今日は、作った曲を自宅で録音してみました。本格的なデモ録音は来月に、と思っているので、今日はたたき台のための、デモのデモみたいな録音です。うちには防音のスタジオなんてないものですから、おばあちゃんには、キッチンの洗い物をちょっと待ってもらって、みねっちには、これから遊びに来るという彼女の友達が玄関で大声を出さないように、玄関口で見張ってもらって、3曲だけ、MDで軽く録音しました。ははは。なんか、手作り感満載ですね。協力ありがとう。>おばあちゃん、みねっち。

山陰地方にお住まいのみなさま、昨夜の『浜田真理子so far songs』、聞いていただけたでしょうか。突然のお知らせで、申し訳ありませんでしたが、昨夜の放送をもちまして、しばらくお休みさせていただくことになりました。この番組は、2003年の1月に週一回の30分番組としてスタートし、2005年からは月一回の特番(sp)として55分の番組になりました。ですからきちんと数えてはいませんが(ずぼら)、放送回数は120回弱を数えたと思います。4年目にはいる今年はアルバムの制作などもあり少し時間をいただきたいので、ちょっとここらで一区切りさせていただくことにしました。局側の要望もあり、なかなか公表できずすみませんでした。アルバムができたら、それを持ってまたおじゃまするかもしれません。応援くださったみなさん、お礼を申し上げます。ありがとうございました。

☆monkさん、宮崎さんのお母様ですか。わ〜奇遇ですね。宮崎く〜ん、お母さん出てるよ〜〜!!とかね(ふふふ)。話題のサーカスのうた、「美しき天然」という題で、ふちがみとふなとさんが『日曜日ひとりででかけた』というアルバムの中で歌っていらっしゃいますよ。胸がきゅぅんとする歌ですよね。

昨夜からの冷え込みで、朝方には家の前がつるつるに凍っていたようです。やっぱり2月はまだまだ寒い。朝寝坊をして、またハルカさんを見逃してしまったのですが、おばあちゃんに内容を聞いてびっくり。そうきたか。予想はしていましたが、実際にそうなるとやはり驚きます。

シャラポワさんとヒンギスさんのテニスの試合をテレビで見ました。すごかったね。おもしろかったです。テレビの前で、がらにもなく先日作った曲の楽譜をおこしました。楽譜を書くのは得意でもないし、あんまり好きでもないのですが、忘れないために(あ、そうだ、昨日書いていたミの音は、考えた末、フラットなしにしましたよ)。で、気づいたのは、わたしのつけるコードは楽譜には書きづらいということ。どうしても、ピアノで作っていくせいか、自分のおさえている和音がコードにしづらいのです。単純な例で言えば、ドミソの和音をCというのですが、ミソドとしてもソドミとしてもコードとしてはCなんだけど、それが、ドミソでなくてはならない、ミソドでは雰囲気が出ないとか。そんなら、そうドミソと楽譜に書けばよいではないか、と思われるかもしれませんが、楽譜に書いてしまうことで、今度はきっちり固定されてしまうような気がして、演奏していて、とても窮屈に感じてしまうのです。だってね、昨日と今日とでは違う和音がつけたくなるかもしれないし、1番と2番では気持ちが変わって表情や弾き方を変えたくなるかもしれないし、またいっしょに演奏している演奏家がドミソを前面に押し出して演奏したなら、やっぱりわたしは違うことを弾きたくなってしまうかもしれないし。毎日かわる自分の状態や状況に合わせて、楽譜も毎日勝手に更新されたらいいんだけど。つくづく固定した自分というもののなさに、驚きます。

大友良英さんが、きっちりコードネームを書いてしまうと、ハマダさんのつくる和音の良さが消えてしまうよ、と前におっしゃっておられたのはこのことかと納得しました。楽譜上での、そのあたりのニュアンスの伝え方がうまくわからないために、楽譜に対するニガテ意識みたいなのがずっとあったんだなとわかったりして、なかなか興味深いことだと思いました。楽譜は読めるしがんばれば書けもするので、ほかの演奏家と演奏するときに、あれば便利とは思っていましたが、書けば書くほど、思いが遠ざかるようであったのは、そのためだったのですね。和音の動きよりは、音階のほうに意識がいってしまいがちなせいもあるかもしれません。楽譜に色塗りをしたら素敵なことになるかもしれないなぁと思ってもみましたが、色というのは自分だけのイメージだったりするので、そもそも人に伝えるため、という楽譜の本末が転倒してしまいますね。パソコンの中身をそっくり転送させる、というような行為と違って、自分の頭の中のイメージを伝えるのはとても難しいことですね。でもやりがいがあって、そこがおもしろいところでもあるのですけどね。


やっと週末でうれしいです。今日は寒かった〜。雪が窓の外をびゅわ〜っと舞っていましたね。明日がお休みでよかった。昨夜メロディをつけた曲の一箇所が気になり、ずっと悩みながら仕事をしました。ある小節の中のミの音をそのまま使うか、フラットさせるかということについて。う〜ん。まだ決めかねています。どうしようかなぁ。少しほうっておきましょうかねぇ。さて、今日は節分。会社から帰ってみねっちとおばあちゃんとみんなで豆まきして、恵方巻を食べました。そうして、部屋にまいた豆で字を書いてみましたよ。ははは。しょうがないねぇ。早く春が来ないかなぁ。

東京地方のみなさんへ
漫画家の近藤ようこさんからお知らせをいただきました。明日の読売新聞の夕刊の『言葉を生きる』というコラムでわたしの「純愛」について、書いてくださったそうです。わ〜い!見てくださいね。(近藤さ〜ん、どうもありがとうございます!)

☆会社のトイレには無事ウォシュレットがつきましたよ。便座もあたたかい!