浜田真理子オフィシャルブログ「本日のハマダマリコ的こころII」

視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う

昼ごろから降り出した雨が時々あられになります。雨とあられだけじゃなくて、感謝感激も降ったらおもしろいのに。日曜日が終わりかけています。寺山修司さんの『かもめ』を読みました(やまシンくんありがとね)。急に聴きたくなって、アマリア・ロドリゲスの「かもめ」を聴いています。シャンソンではなくて、ファドの「かもめ」です。アマリアの声とギターラの音が美しくて、泣きたくなるようです。

寒いけれど晴れた日でした。ライブの準備をしなければ、と思いながらテレビの前に積んである本をかたづけたりしているうちに夕方になってしまいました。別に今日かたづけなくてもいいんですが、なんか俄然今日やらねば!というキモチがわいてきて(またいつもの逃避行動)。さて、今日はONJOのレコ発ライブですね。大友さん、オーケストラのみなさん、ご成功をお祈りしま〜す。それとともに、今夜は見なきゃいけない番組がふたつ。『クライマーズ・ハイ』と『逃亡者・木島丈一郎』。『クライマーズ・ハイ』は音楽を大友良英さんが担当しておられるし、『逃亡者・木島丈一郎』のほうは寺島進くんが出るし。楽しみだわ〜〜〜〜。さ〜正座して見なきゃぁ。(なんつって。)

市川氏の奥様のみえちゃんは、お洋服のお直しをなりわいとしていらっしゃる方ですが、このたび松江ライブでわたしが着る衣装を作ってくれています。今日、宅急便でそれが届きました。まーわたしのようなメリハリのない体型に合わせてドレスを作るなんざ、茶筒にカバーをつけるようなもので、やりがいのない仕事だとは思いますが、みえちゃんあべちゃんありがとね〜。すごおくすてきなんだよぅ〜へへっへ、お楽しみにね。

楽しい週末がやってきました。いかがお過ごしですか?日本全国寒いですね。松江も寒いですが、雪が降ったりはしていませんよ。週間天気予報では、来週の前半には雪のマークが出ていますが、積もることはないのではないかなぁと思います。さて、ニュースを見ていたら、株の取引でえらい事件があったようですね。原因などはまだわかっていないようですが、1株61万円を、61万株1円と表示してしまったとかいう、重大なうっかりミス。被害額は何百億円とも1000億円とも言われているようですね。数字がちょこっとひっくり返っただけなのにねぇ。かわいそうに。弁護するつもりはありませんが、わたくし、入力会社に勤務しているので、ひとごととは思えません。ところで、そのニュースを聞いた瞬間にわたしが思い出したのは、以前風邪薬を飲むときに、箱の注意書きの「1日3回1錠ずつ」というところを、早合点して1回3錠飲んでしまったことです。あの時はたいへんだったわ〜頭がぼうっとして。1と3の数字は合ってたのに。わたしはとにかくうっかり者、あわて者、なので、産まれおちてから40と1年、そういう小さなミスは死ぬほど経験しているので、ハインリッヒの法則に従うならとっくに重大事故を起こしているはずなのですが、どっこい大作、まだ生きています。え?そういう問題じゃないですかね、このたびの問題は。いっしょにしないでって?はいはい。すいません。どんなに機械化されて、コンピュータ化されて、セキュリティが堅固になっても、結局は人間がうっかりミスをしてしまうのですね。

この前は、寝る前に先日500円で買った映画のDVD『モロッコ』を見ました。マレーネ・ディートリッヒの美しさや、ゲーリー・クーパーのやんちゃな感じのステキさは言うに及ばずですが(言ってるけど)、その他、ああ、これがまさに「外人部隊の白い服」なのかと思ったり、砂漠で裸足になったりしたら足の裏が焼けるだろうとか、あの金持ち紳士の家のでかさはどうだとか、いろいろつっこみどころ満載で楽しみました。出だしのあたり、字幕とセリフがずれていて、ちょっと笑ってしまいました。まぁ、500円だから文句は言えませんけど(言ってるけど)。

昨日は枝雀さんの落語CDを聞いて寝ました。『代書屋』というお話でしたが、ものすごくおかしくて、笑いすぎて涙でマクラをぬらしてしまいました。色気のないこと。しょうがないねぇ。

会社のあと、みねっちと病院へ行ってインフルエンザの予防接種を受けてきました。ライブのお守りとしてはいささか遅かったかもしれませんが、まぁ、気はこころ、ということであとは気合いで乗り切りましょう。で、今はFNS歌謡祭をみねっちと見ています。ひろみGOがかっちょい〜ですねぇ。きっと妹も見ていて「かっちょい〜〜」って言っていることだろうなぁとふたりでうわさをしていたら、その妹からメール。文面は「ひろみGOがかっこい〜〜〜〜〜」でした。あはははは、予想通りすぎ。

☆『竹田の子守唄』についてたくさんコメントをいただきましてありがとうございます。これからもいろいろなやみながら、迷いながら、歌っていきたいと思います。よろしくお願いします。藤田正さんのお名前、まちがえて打っていましたね。ごめんなさい。かずさん、ご指摘ありがとうございました。

ダウトミュージックの沼田さんから、ONJOの(オンジョーではありません。大友良英ニュージャズオーケストラの意です)『OUT TO LUNCH』が送られてきました。沼田さんありがとうございます。すばらしいですね。そして大友さんはじめ、ONJOのみなさん、発売おめでとうございます!ただいま2回目を聴きながらこれを書いているところです。わたしは特に3曲目の「Gazzelloni」が好きです。なにげなく曲名をみて、「あ、ゴジラだ」と思ったほどのしろうとですが(ごめんなさい)。ジャケットもすてきですねえ〜。いつもどこかにまあるく小さな穴があいているのが沼田さんところのCDの特徴ですが、今回は、そうきたか。ステキ。12月10日には発売記念のコンサートもあるようですね、行けなくて残念ですが、すばらしいコンサートになりますね、きっと。それにしても、ライナーに載っている殿山泰司さんの文章、最高に粋ですネ。

昨日でしたか、「竹田の子守唄」についてまさよしさんからコメントをいただいたので、少し書いてみたいと思います。子供の頃からよく知っていて好きな歌ではあったのですが、ライブで歌ったりしたのは、はじめてでした。実は歌おうと決めるまでにもずいぶん迷いました。かつて放送禁止歌にもなったことのあるほどの重い歴史を背負ったこの歌をわたしが歌ってもよいのだろうか、それもただ好きだという理由だけで軽々しく歌ってもよいのかどうか、自分の態度が決められなかったためです。わたしはあまり歌に自分自身の思想や政治は持ち込まないことにしています。わたしのつまらない考えなんか入れなくても、優れた歌は歌自身がひとりでに語ってくれるので、わたしはむしろ自分なんか無くしてしまってただ透明になってカラダに歌を通り抜けさせるようにすればいいのです。ただ、かなしい歌ではありますがわたしはこの歌をとても美しいと思います。そうして、こんな美しい歌がありますよ、という意味で歌ってみたいとは思ったのですが、それを聴いて辛い嫌な思いをする人がいるのなら歌うべきではないのかと思ったり。このことについては、藤井正さんという方の書かれた『竹田の子守唄〜名曲に隠された真実〜』という本が出ていますので興味があればご覧ください。わたしもまだ迷いながら歌っています。これからもきっと迷いながら歌っていくのではないかと思います。でも、その迷うキモチは大事なのではないのかとも思うのです。

寒い日。風も強けりゃ雪も降る。月曜日からこんな天気だとくじけちゃうなぁ、と家に帰ると大きな包みが届いていました。もしやもしやと、開けてみたら、わーーーーい、はたしてそれはyonda?のクッションでした。新潮文庫の表紙の内側の三角のマークのシールを集めて台紙に貼って送ると枚数に応じたパンダのキャラクタ、yonda?ちゃんグッズがもらえるのです。新潮文庫を立て続けに読んでいた時その応募台紙がはさんであるのをみて、それまではそういう何かをためて送る、なんてことをしたことがなかったんだけど、おもしろそうだからやってみようと思って集め始めたのが2年前。昨年は応募の締め切り日を失念していたため送れず、今年に繰り越したのでした。応募したのが9月頃なので、実はすっかり忘れていたのだけど、うれしー。別にクッションがどうしても欲しかったというわけではないのですが、他のグッズ、文字盤に芥川龍之介の顔がついた腕時計とかは、夜、時間を見るのがこわいし、やっぱりクッションが一番いいなぁ。

このごろは、慶次郎縁側日記シリーズの第6弾『隅田川』(by北原亞以子)を読んでいます。短編ですから区切りもつけられるし、ライブ前後で気持ちがあっちこっちへとんでいるわたしにはちょうどよい読み物です。なんだか、シリーズの最初の頃は、読むとひりひりするような文章だったのですが、このごろは変わらぬドライな視点でありながら、あたたかみやおかしみまでも感じられるような気がします。単行本では、これ以降番外編も含めてあと4冊も出ているとのこと。さらに物語は進化していくのでしょうね、楽しみ楽しみ〜。