視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う

もぐもぐもぐ。おいしいですね=、これ。おかきなのに、やわらかくてしっとり。なんかすごく変わった食感です。でも、もち米だから食べ過ぎには注意しなきゃなぁー、もぐもぐもぐ。というわけで、今日は届いたばかりの先日のライブ音源を聴いたりライブ映像を見たりしています。ああ、こんな風に聞こえてたんだなとか、こんな風に見えていたのだなとか、テレビの前でDVDを見ながら拍手しています(てへへ)。いっしょに見ていたみねっちが、オープニングの「純愛」のインストのところで急に下を向いてしまったので「どしたの?」と声をかけたら、「ものすごくかっこよくて涙が出てしまった」だって。こらこらこら、俺がまだ出てない場面だぞ、そこわ!うまれて初めて音楽を聴いて涙が出たんですと。あははおめでとう。そしてありがとう。記念すべき涙くん1回目が「純愛」だったのはわたしもうれしい。まぁ泣いたからいいということではもちろんないけれど、こころが動かされる経験はたくさんつんだほうがいいものね。この音源の中からピックアップして、今度のFM山陰の番組『浜田真理子so far songs』でかけたいと思います。放送は12月3日(土)夜12時からです。山陰地方のみなさん、お楽しみに♪

CDやさんで、エンヤのニューアルバムとかヨーヨーマとか、フィリパ・ジョルダーノとか買いました。落語のCDも2枚買いました。あはは。あ、そういえば、こないだ上京したとき飛行機の中で志の輔さんの『八五郎出世』のオチ、ちゃんと聞きましたよ。なーるほど、って。はなちゃん、オチ言わないでくれてありがとう。CDやさんのレジでお金を払って出ようとしたら、出口のワゴンの中に古い映画のDVDが500円均一で売られていました。500円て君、500円て!誰にともなくつっこみを入れてのぞいてみたら、いい映画ばかりじゃないのさ。こういうの500円で見てもいいのかな、と前に1500円均一のときに思ったことと同じことをまた思ってしまいました。DVDってどんどん安くなりますね。『モロッコ』とか、『イブの総て』とか、『グランドホテル』とか買いました。わーい。窓の外の夕焼けがきれいだなと思っていたら、いつの間にか雨が降り出す音が聞こえます。今夜は音楽を聴いたり、映画を見たり、ゆっくり過ごしましょう。

いろんな声が聞こえていますよ。シアターコクーンでのライブの感想など。ここにコメントを下さった方々のものだけでなく、他の場所に書かれているものなど、美音堂の竹ちゃんが教えてくれたので読ませてもらいました。竹ちゃんありがとう〜(余談ですが、竹ちゃんのおねえさんってものすごい美人!)。わたしもなんだか今日は仕事に出ましたがなかなか現実に戻れませんでしたよ。次はこんなアレンジで、なんてこと思ったりしてね。大友良英オーケストラのみなさん、大先輩ばかりでとても勉強になりました。「世界の大友」と何度もごいっしょできて今年はほんとに幸せでした。アルバムとか作ってみたいですねぇ。今後ともよろしくお願いしますね。そうだなぁ、世界の大友に対抗して、愉快なハマダ、とかはどう?へへへ。それとライターの一志治夫さんがライブにおいでになっていて、ブログに書いてくださいましたよ。見てちょんまげ。←愉快なハマダ風

一志治夫さんのブログはコチラです。
http://blog.eplus.co.jp/bosco

ああ楽しかった。でも、へとへと。明日は会社に行かねばなりませんし、今日のところはごめんなさいけど、これにてドロンしますぅ。もわもわもわもわもわ・・・・←煙

昨日は平日なのにもかかわらず、たくさんのかたがたにライブにおいでいただきました。ほんとうにありがとうございます。サイン会でも長いこと並んでいただきましてどもども。大友さんはじめバンドのみなさまも、お世話になりました。今後ともよろしくお願いいたします。今日はひとつお仕事がありましたので、昨夜は打ち上げも余力を残して去り(といっても、ホテルに帰ったのは2時だけどね。)まだ東京におります。今、市川氏の奥様のお仕事場で、パソコンをかりてこの書き込みをしているのです。また松江に帰ってからいろんなことゆっくり書きたいと思っていますが、今日のところはお礼まで。じゃあね。ばっはは〜い。

おはようございます。今日の松江は昨日の大雨から一転、とてもきれいに晴れました。東京のお天気はどうでしょう?高橋尚子さんのマラソン見たいなぁ。さて、『けんやのこと』たくさんの方々に読んでもらえてうれしいです。反響が予想以上でしたので、びっくりしています。それから、けんやくんを知るみなさんからの書き込みにより、わたしの個人的な感傷文が立体的になりました。ありがとうございます。なんか、『壬生義士伝』みたいだよね、ばんばんくん。美談を書くつもりでもお涙をちょうだいするつもりでもありませんでしたが、たくさんのうれしい感想をいただいて、今朝はよい朝です。歌を歌ってきてよかったな、なんて、クサイこと、ちょっと考えてしまいましたよ、おまいさん。それでは行ってきます。シアターコクーンでお会いできるみなさん、楽しみにしています。んじゃ。

その5
春になる少し前、音楽仲間の修次が「おい、おまえのCDつくるぞ」と言った。そうして、それから数ヶ月後にはレコーディングを始め、その年の11月に『Mariko』ができた。ずうっとけんやのことなんか、忘れていた。でも、できあがったまっくろのCDを見た時、けんやが見たらなんて言うかなってちょっと思った。

「ハマダマリコの『のこされし者のうた』最高だよなー」と言っていたけんやにCDを聞いてもらいたかったな。どこか遠い町でわたしのうたを耳にして、少しだけでも、わたしのことを思い出してくれないかな。ビーハイブからフィラメンツへ向かう和多見町の細い道を「俺たちってsoulmateだよなーー」って言いながら千鳥足で歩いて行ったときのこと思い出してくれないかな。『女のみち』を大声で歌いながら歩いたこと思い出してくれないかな。泣いてるわたしをなぐさめてやるって言ってギターを弾いて歌い出したのはいいけど、歌もギターも下手すぎて、わたしが涙を出したまま笑い出してしまった時のこととか、あー、そんな陳腐でジャンクな想い出、センチメンタルすぎる想い出、わたしは忘れないよ。これからもずっと忘れないために、こうして書いているんだからね、けんや。

何年かたってビーハイブのマスターがこんなことを言った。「この前来たお客さんの友達(だったか忘れたけど)が、タイに旅行に行って財布をすられて困っていた時、泊まっているホテルのフロントの日本人がものすごく親切にしてくれて、助かったって。その財布をなくした男の人が松江から来たって言うと、そのフロントの男も松江の人だって言ったんだって。で、名前がケンヤって言うんだってさ」けんやだ!けんやがいた。そう、けんやは優しい男だったもの。それに、けんやはタイに何度も行っていたし。なんかかっちょよすぎる話だけど、うそかもしれないけど、でもなぜかとてもけんやらしいって思った。わたしはワインをひとくち飲みながら、タイのホテルのフロントで働いているけんやの姿を想像した。「マスター、その話ちょっとできすぎ君だね」って言ってわたしは笑った。

おわり。 (2003.3)

その後
わたしが最後にけんやくんに会ったのは、1997年の夏だったと記憶しています。それから約5年半たった2003年の3月に、この『けんやのこと』その1〜その5を書きました。どうして急にそんな気持ちになったのか、よく覚えてはいないのですが、どこかで見てくれるかもしれないけんやくんへの手紙のつもりだったかもしれません。当時、URIKOさんのHPの『まりこの部屋』というコラムのコーナーに掲載していただいていたので、ご存知の方もあろうかと思います。このたび、久しぶりに読んでみたら、とてもセンチメンタルな書きぶりで、こっぱずかしい気もしましたが、再び公開することにしたのは、8年もの間ずっと音信不通だったけんやくんから、先日このブログにコメントをもらったからです。

「その時、わたしがどんなにびっくりしたかわかりますか?タイの奥地で日本兵が見つかったっていうくらいの衝撃だよ」

話したいことはたくさんあったのに、結局はそんなくだらないことを短く書いて、早速連絡をとったら、すぐに翌日返事がきました。タイのバンコクに暮らしているという彼からのメールには、「あなたが、全然変わってないことのうれしさ、生きざまの同じこと、それが何よりうれしく、」とあり、「そして、私は相変わらずの一人身で、飲んだくれで、本読みで、その他まったく変わらずのけんやであることをあなたに知らせたくて。」と続き、「変わらぬ愛と友情をこめて。満月の夜に飛んできた日本兵より」と終わっていました。

メールを読みながら、涙が止まりませんでした。ほんとうに、相変わらず、きざでおかしな人。これが昔つき合っていた彼、だったりしたらどんなにロマンチックだろうと思われますか。ふふふ。いいえ、けんやくんは、わたしにとっては懐かしい戦友のような人なので、むしろ、よけいに感慨が深いような気がします。

そんなわけで、けんやくんに、もう一度あの時わたしが書いた『けんやのこと』という手紙を読んで欲しくて、そしてこの不思議な再会のうれしさをみなさんにもお知らせしたくて、長い拙文、恥をしのんで(なんつって。謙遜だよぅ〜、へへへ。)載せてみました。最後までお付き合い下さってありがとうございます。

最後に、けんやくんへ
わたしはあの頃より、少しだけおばさんになりました。それでもまたこりずに、(へぼい)恋をしていますよ。どうぞお元気で。またメールしますね。

愛と友情をこめて
ハマダマリコ

追伸 インターネットってやっぱりすごいね。

もういちど、おわり。