浜田真理子オフィシャルブログ「本日のハマダマリコ的こころII」

視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う

帰りました。わたしとみねっちとおばあちゃん、そしてわたしの妹、妹のこどもたちの総勢6人で京都と大阪へちいさな旅をしてきました。目的は、京都のUSJこと、太秦スタジオジャパン(映画村のことね。あはは。)と大阪のなんばグランド花月(ひゃははは)。太秦へ行く前に、ふちがみじゅんちゃんとお茶したんだけど、映画村に行くのならと彼女が教えてくれた写真屋さんで、こんな写真撮ってみました。てへ。なにしろ、年寄りとおんな子供の旅、しかも引率が俺(股旅の)、なので、たいへんな珍道中でしたが、みんな楽しんで帰って来ました。子供たちは新喜劇に大喜び、妹とわたしは京都の壬生寺で大喜びでした。土方ファンのわたくしとしては、「土方通り」と名づけられた小さな路地にてはぐっときてしまい、涙ぐんでしまいました。あ、そうそう、花月では、ちゃんばらトリオが出演していて感激しました(みねっちは、ハリセンをお土産に買っていました。?。)。ああ楽しかった。また行きたいなぁ。

☆でも、疲れた〜。いつも、ライブのときは、知らない街でも、市川くんや竹中くんに引きずられて歩いているだけだからあまり疲れは感じないけれど、このたびは、引率係だったので、たいへんでした。(ま、思いきり迷子になったけどね。それもきっと楽しい思い出になりましょうね。ふふふ。)


このあいだの地震はこわかったですね。だいじょうぶでしたか?お盆も過ぎて、夏休みも終わりに近づいてきました。朝顔もきれいに咲きました。まだまだ残暑はきびしいけれど、朝や夜には秋の気配がちらほらしますね。さて。「明日から」わたくし、ちょっとした旅行に出かけてきます。また帰ってきたらお土産話、きいてやってね。

今日は仕事に出て、帰りにお墓参りに行ってきました。明日は大橋川でとうろう流しです。今日は終戦記念日でもあるのでここに何を書くべきかなと考えていたら、NHKでおもしろい番組がやっているので、ずぅっと見ています。「日本の、これから」。まだ途中だけれど、ほんとうにいろいろ考えさせられます。

昨夜は父方の親戚のおばさんの家でバーベキューをするからおいでと誘われたので、みねっちや妹たちと出かけた。遠方のいとこたちも集まって超にぎやかだった。お盆ならではの顔ぶれである。(わたしの父は8人兄弟、母は6人兄弟なので、いとこの数だけなら、佐藤愛子さんの『血脈』も比ではないほどだ。亡くなったおばあちゃんは、孫の名前がとっさに出てこないので、子供たちはみな、地名で呼ばれていた。わたしは小学生のころは出雲市に住んでいたので「出雲」と呼ばれていた。ぷぷ、うけるぅ〜。)あの、神戸ライブの日にちを間違えてた大阪のいとこたちにも会えて、おしゃべりに花が咲いて楽しかった。なんだかいとこたちに会うと、子供のころの夏休みを思い出して童心にかえる。いとこのはるみちゃん(35)はときどきここのページを読んでるよ、と言ってた。この場をかりて、恋人を募集しといてくれ、と頼まれた。あははは。みなさん、よろしくね。

気づくとテレビでスポーツ中継など、見ている。最近なら、高校野球とか、プロ野球とか世界陸上、少し前ならバレーボールやサッカーや相撲やら。ひいきの選手がいるというわけでもなく、スポーツ観戦好きというわけでもなかろうと思う。スポーツに限らずきっと「たたかうひと」が好きなのだろう。言葉にするとなんだか恥ずかしいけど、自分を信じて、そして自分とたたかっているひとには魅力を感じる。たたかい方は人それぞれ。わたしも、自分のやり方で静かに熱くたたかうひとでありたい。

土方歳三の辞世の句は『たとい身は蝦夷の島根に朽ちるとも魂は東の君やまもらん』なのだと、昨夜寝ながら見ていた函館のガイドブックに書いてあった。「島根」という言葉が出てきてちょっと、どきん、とした。てへ。あわてて辞書を見ると「島根」という言葉は、「島」の雅語なんだそうだ。知らなかった。はずかし。会社で、函館の作家、宇江佐真理さんの初期の短編集『余寒の雪』(涼しそうなタイトルでしょう?)を読み始めた。函館、行きたいなぁ。函館市文学館というところもおもしろそう。でも、今年の後半は、ライブもたくさんあるし(4回だけど)、有休も残り少ないし、行けそうにない(涙)。来年になったらきっと行こう。ずうっと西の、島根という名の地から、時をこえて会いにきましたよ、トシさんって、五稜郭の廻りをぐるっと歩いてみたいもの。

仕事のあとビルを出るとなまあたたかい風がびゅうと吹いている。急ぎ足で歩けば、履いているミュールのヒールのゴムがすりへってきたせいか、中の金具が道路にあたってカツカツとかたい音がする。あら、いやだよ。ふいに、そこの路地から遊び人風の着流しの男前が飛び出して来て、ふところから手ぬぐいを出したかと思うとつつつーっと端を切り裂いて「お嬢さん、お待ちなせぇ、」とか言って、わたしの前にかがんで鼻緒をすげてくれる。わけはない。そんなわけないよと、ひとりで苦笑しながら文房具やさんに入って写経用の半紙を買う。筆はこの次にしましょ。店員のアイコさんたちと「暑いね」と言葉をかわして、外へ出る。このお店はいつも夕方お店の前に水が打ってあるので涼しげだ。車に乗ってエアコンをつけようとするが、一日中エアコンのきいた部屋にいて寒かったのでつけるのはやめて、窓を全開にしてみる。ぬくい風が入ってくる。お寺の並ぶ寺町を走り抜けるときには各寺所属の蝉たちの、命のかぎりの大合唱が聞こえる。天神さんのロータリーにあった看板によれば、明日から盆花市だそうな。もうすぐお盆ですね。ああ、なんだか西瓜が食べたい。