視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う

風の音を ききましょう あなたと
風の音は 声になって ささやきにかわって
やがて 歌になるでしょう
あなたといれば あなたがいれば
風の歌を ききましょう あなたと


風の歌を 歌いましょう あなたと
風の歌は 夢になって かがやきにかわって
やがて 空にきえるでしょう
あなたは風に わたしも風に
風の歌に 吹かれましょう あなたと

ほんにあなたは、まっちゃんのような。とかね。あはは。ライブのとき、「まりこ===っ!!」っていう声がかかると、あ、まっちゃんが来てるなってわかります。先日の福岡でも、声をかけてくれましたね。ありがとう。テンガロンハット姿が見られなくて残念でしたが、またどこかの会場でその声が聞けるのを楽しみにしています。

☆昨日は、藤原鎌足の夢を見ました。歴史ものです。なんでって聞かれてもよくわかりません。霧の中に、男の人が立っていて(顔はよくわからない)、それを見たわたしが、「あ、鎌足」って言う。ってそれだけの超短編の夢。ぎゃはははは。呼び捨てだよ、鎌足。もしかして、わたくし、前世は「飲み屋か飯屋のおかみ」じゃなくて(ちなみにこれは、占い師の先生に言われたの、はは。)、ほんとうは藤原氏とかだったのかも!(なわけないスかね)

金曜日はうれしい。「ただいま=」という声もはずみます。わたしの母は、「おかえり」といつものように言ってから、金曜日にはかならず40歳にもなる娘に向かって、「今週もがんばったね」とつけくわえます。そんなにがんばったわけでもないけどねー、ってちょっと照れくさいキモチになりながらも、それを聞くとなんだか、一日の疲れがすうっとどこかへ行ってしまうような感覚を覚えます。たったひとことなのにねぇ。不思議、というか、わたしが単純だからなのか知りませんけど。

今日も暑かったですね。一日中エアコンのききすぎた部屋で仕事をしているせいか、家に帰るとカラダがとてもだるいです。冷蔵庫から出したばかりの野菜のキモチ。ああ、そうだ、野菜といえば、先日の福岡のサイン会で、農業をやっているという青年(Iくん)に彼が仲間と育てたという小さなかぼちゃをもらいました。一瞬、そのかぼちゃにサインしてくれと言われるのかと思って驚きましたけど。ふふ。「うちの娘も高校で畑やってとうもろこしとか作ってるよ」と言ったら「『キャンベラ86』でしょう!僕たちは、『キャンベラ90』(だったよね)なんです!」とか言うのでした。彼はこれまで何度もライブに来てくれていて、何度もサインをした覚えがあるけれど、そういうお話をしたのは初めてでした。そのかぼちゃ、いつまで待っても馬車にならないので(なんつって)、今夜、ばあちゃんが煮てくれたので食べました。おいしかったよ。ありがとう。一緒に並んでくださった先生や仲間のみなさんにもくしよろね=!

髪結い伊三次捕物余話のシリーズ4作目。

『「爪紅がどうかしたのかえ」
お文は伊三次の顔を覗き込むように訊く。
心底、惚れているよ、と言っているような表情だ。伊三次は胸をくすぐられるような気持ちになったが、「首縊りした筒井の女中もこの間、大川端で上がったおろくも爪紅を差していたのよ」と素っ気ない声で言った。』

これは、廻り髪結いをしながらお上のお手先の仕事をしている伊三次と、その恋女房のお文との会話のようすです。話している内容は先ごろおこった、殺人事件の下手人のてがかりとなる爪紅(つまべに)についてのもので、会話だけをとってみればぶっそうな、そして、特になんということもないやりとりです。けれど、地の文によって物語の底にある、ふたりの強いココロの結びつきを知ることができます。作者の宇江佐さんは、ときどきこんなふうに、まったく関係ない淡々とした描写の中にひょいと、「いろ」をつけた表現をなさるような気がします。その少しタイミングをずらしたような描き方はまるで、面と向かってべったりと愛を語り合ったりはしないけれど、熱い想いを抱いて相手のいないところでこっそりと思いやりのある行いをしたりするような、伊三次とお文の関係によく似合って、なんとも言えぬせつないキモチになります。そんな書き方にぐいとココロをつかまれて、思わずふぅっとため息をついてしまう磯のあわびです。

テレビで台風情報などを見て、たいへんだなぁと思っているところへ、みねっちが部活から帰ってきて、「尻がつった」と言う。なんだか、緊張感をくじかれる。ふくらはぎがつったり、足の指がつったりしたことはわたしもあるが、尻がつることもあるのか。それは、しり ませんでした、なんてね。

さて、アラン・カミングスさんというロンドン在住の音楽評論家がおられるのだけど、先日こちらへお見えになった。わたしは直接お会いできなかったけれど、人づてに、『ONJO』のCDと『Improvised Music from Japan』という雑誌を差し上げたら、今日、お礼のメールをいただいた。喜んでいただけたようだ。で、氏が地元でやっていなさるラジオの番組で、『ONJO』の中から、「a-shi-ta」をかけてくださるそうです。わーい。

昨日と今日は天神さんのお祭りで、交通規制もあるので、仕事のあといつもと違った道を通って帰りました。風があるので、浴衣の人もあまり暑くないかもしれませんね。みねっちは、昨日も出かけ、今日も部活から帰ったらすぐにご飯も食べずにトモダチと出かけて行きましたよ。若いってすてきね。あはは。さて。台風7号は関東を直撃しそうですね。地震に続いて台風とは、こわいですね。外出の際にはどうぞお気をつけてね。

ところで、先週、福岡に向かって出かける直前、テレビを見ていたら、NHKの番組でスタジオライブをやっていて、水谷浩章さんが演奏しておられるのを発見。ピアニストの山中千尋さんとドラムの外山明さんといっしょでした。「わーじょうずねぇ」と母と言いながら見ましたよぅ〜、水谷さん。

宇江佐真理さんの『神田堀八つ下がり』を読みました。表題作を含め、川にちなんだ短編が6つ、収録されています。「浮かれ節−竃(へっつい)河岸」は端唄のじょうずな小普請組の(貧乏な)さむらいが出てくる粋なお話でおもしろかったです。このまま宇江佐さんの世界に続けて入って行きましょうっと。