浜田真理子オフィシャルブログ「本日のハマダマリコ的こころII」

視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う

昨夜はカミナリがすごかったです。普段特にこわいとも思わないけれど、自分の家の真上で鳴っているかのような雷と稲妻が小一時間も続いてほんとにびびりました。さて、今夜は月に一度の『浜田真理子so far songs』の放送日です。今夜は、先月の大阪城音楽堂での「音泉まつり」のお話などしながら番組をお届けいたします。あ、でも、ライブ音源は手に入りませんでしたので、悪しからずご了承くださいませね。放送は、今夜12時からFM山陰にて。

もうすぐみねっちが夏休みなので、どこかへ行ってみようかと言ったら、大阪へヨシモトを見に行きたいという。ひゃ〜やっぱりそうきたか。わたしとしては、函館の五稜郭に行って愛する土方歳三を偲ぶ旅などしてみたかったのだけど、しょうがない、それはまたの機会に一人ですることにして、このたびは、なんばグランド花月でも見に行くかな。みねっちもわたしも史上最強の方向音痴、こりゃ弥次さん喜多さんなみの珍道中になりそうだなぁ。

このごろ毎日お天気の話題の「マリコ的こころ」で、賢明なる読者諸君は(なんつって。なんかレトロな感じでいいでしょ。)、いいかげんにせえよ、と飽きてきておられたと思いますが、かくいうわたしも、もうたいがい、いやになって、この話題、書くのやめようかなと思っていた矢先の今日このごろ、雨がたくさんふりました。たくさんというか、どしゃぶりというか、cats and dogsというか、いや、わたしのこころに一番しっくりくる出雲弁でいうと、「だらくそみたいに」ふりました。水不足が解消に向かうのはうれしいけれど、もっと、少しずつ、そして断続的にふってはどうかと思います>空へ。

会社から帰って郵便うけをのぞいたら、ずざざ、と封筒が滑り落ちてきて、見るとURIKOさんや、はなちゃんからでした。申し合わせたように二人とも本を送ってくれたのです。この場をかりて、お礼を言います。どうもありがとう。さて、ライブまで、あと週末が何回あるか数えたら、3回しかないのね。きゃーーー、ダイエットが間に合わない〜〜(ってそれかい!)。じゃ諸君、わたくしこれから整体の体操(腰をとんでもなくひねったり)とかしますんで、本日はこれにて失敬。

今日も今日とて雨は落ちてきません。もしかすると雨になるかも、っていうような思わせぶりな風がここんところ何日もびゅうびゅうと吹いてはいますけれどね。さぞかし桶屋は儲かることでしょう。あ、でも、桶の中に入れる水がないわ。あはははは。山田くーん、座布団一枚ハマダさんに持ってきて〜。なんてつまらないギャグをとばしてしまうほど、頭が疲れてきてるみたいね。今月も今日で終わり。福岡でのライブも近づいてきます。初めての土地なので楽しみです。何を歌おうかなぁ。

母が、なにか読む本はないかと言うので、鳥取市で、ホスピスケアのあるすごい診療所を開業しておられる徳永進先生の書かれた『野の花診療所まえ』(講談社)と『野の花診療所の一日』(講談社)を貸したら涙しながら読んでいました。そこで働く看護師さんがたまたまお友達だったせいで、わたしもみねっちを連れて病院を訪ねたことがあります。どんなところか見てみたかったので。思い立ったが吉日の、アポなしだったので、先生はご不在だったけれど、後日これらの本を送っていただいたの。浜田真理子さんへとサインまで入れていただいてます(自慢)。こういう病院、松江にもあるといいがぁ、と母と話しています。

明け方に、ざーっと一瞬雨が降ったそうだけど、爆睡していたのかしら、ぜんぜん気がつきませんでした。でも、その雨は、水不足を解消するほどの量ではなかったそうな。ほんとに毎日、誰かと会うとこの話題ばかりです。今日は会社の帰りに文房具やさんに寄って、万年筆のインクを買いました。カートリッジが切れたので、今度はインクの吸入式にしてみようと思って。店員さんのアイコちゃんと雑談しながらパイロットのレッドブラウンに決めました。色もきれいだし、インク瓶の形が素敵だったので。夕陽の色の新しいインクでなにか書きたいなぁと思いつつ家に帰ったら、イーストワークスの直美さんからCDが送られてきていました。わーーーーい。青木タイセイさんの『primero』と高良久美子さんの『Patrol girl』の二枚。こないだ、森下で買いそびれてしまったのでとてもうれしいです。直美さんどうもありがとう。さっそく、お礼のハガキを新しいインクで書いちゃったよ♪

☆『父と暮らせば』(DVD)見ました。宮沢りえちゃんは、どこからみても美しいですね(うっとり)。りえちゃんと原田芳雄さんの広島弁でのやりとりに涙してしまいました。これで黒木和雄監督さんの戦争レクイエム三部作、ゼンブ見たわ。どれも戦いの場面がぜんぜんないけれど、それがかえって胸をしめつけますね。じんさん、この場をかりてありがとう。お仕事がんばってね。

今日は暑かった。これから、ずぅっとこのフレーズ続くんだろうな。雨はふりそうでふりません。新潟あたりは、豪雨なのにね。災難続きでほんとに気の毒です。松江は明日から節水で水道の水圧が下がるそうです。会社で、リーダーが親戚からもらって食べきれないからと、野菜を配っていたので、メロンとかきゅうりとかピーマンとか、じゃがいもとかをもらう。今年は水不足で野菜が高いかもしれないので助かります。

仕事を終えて会社を出ると台風みたいな強さでなまあたたかい風が吹いていて、ブキミ。風ならみな涼しいってわけじゃないんだなぁなんて思いながら、駐車場に向かって歩いていると突風がスカートの中に入ってびや〜〜〜っとまくれあがってしまう。きゃ〜♪(←?)とあわてておさえようとするも、両手いっぱいの野菜の袋がじゃま。自分ではマリリン・モンローみたいだなと思ったが、きゅうりやピーマンの袋を持っているので、今ひとつさまにならない感じがする。むしろ、目をそむけたくなる光景だったりして、とか思ったらなんか腹がたってきた。自己を見つめる客観的すぎる目をもつのも考えものだ。

むし暑い日。いぜんとして雨が降りません。水の都なのにねぇ。朝起きて、「仕事休みてーーー!」と思ったけれど、とても会社に電話して有休をとる勇気がなくてがんばって行きました(だって、「だるい」という以外に理由ないし。はは。)。有休と水は大切に。仕事中、なんとなくココロの中で『ガメラ』の歌を歌っていたんだけど、どうしても、途中から『魔法使いサリー』になってしまう。休憩中に机につっぷして眠っていたせいで、目のところに丹下左膳風に縦に線が入っているのにトイレで気づいた。起きてから30分以上も経っているのに消えていなかったということは、よほど顔が乾燥している証拠だ。今夜パックします。会社から帰るとテレビに谷亮子さんが出ていた。ご懐妊だそうで。『母でも金』という字が見えた。あははははっははは。しょうがないねぇ。

☆今日の思い付き:ターンテーブル演奏をしている大友さんが、演奏のクライマックスで、「いつもより多めにまわしておりまーーす!」と言ったりするのはどうだろう。

超ハードスケジュールのヨーロッパツアーを終えたONJOのツアーのしめくくりとなるコンサートが、東京都江東区の森下文化センターというホールで行われると知って、わたしは、ひそかに見に行こうと思っていました。ONJOのコンサートは、一度ゆっくりと見てみたいと思っていたのだけど、たいていコンサートなどあるときは、平日だったり、前後に自分のライブが入っていたりしてうまくスケジュールが合わないのであきらめていたのだけど、このたびは、土曜日にコンサートが行われるということもあったので、会社も休まなくてすむし、しかもホールでのコンサートだし、絶好のチャンスだと思ったのでした。

市川くんにチケットをとってもらい、飛行機と泊まりの手配をしてこっそりと土曜日の朝、東京に向かいました。なんでこっそりかというと、もしもバンマスの大友さんに知られたなら、きっと「ハマダさんにもなんか歌ってもらおう」とか、気をつかわせてしまうと申し訳ない気もしたので。(ま、別に言われなかったかもしれないけど、ははは。)ま、ほんとは、お客さんで見たかっただけなのよ〜。てへ。いいですね〜、人のライブはキンチョウしなくて。そういうわけで朝からるんるんで東京に向かったのです。思えば、自分のライブや仕事以外でお出かけなんてずっとできなかったし。

朝から出かけて、市川くんや竹中くんと銀座で「銀ぶら」(あはは)して、夕方には、森下へ向かいました。商店街を歩いたり、のらくろロードを歩いたり(「のらぶら」)、「どぜう」の看板のお店の前を歩いて小名木川のほとりを散歩してみたりして時代小説でおなじみの深川の町をゆるゆると楽しみました。

コンサートは最高でした。行ってよかったー。カヒミ・カリィちゃんの歌を生で見たのもはじめてだったし(カヒミさんは、ちぃちゃくてかわいくて、横の大友さんよりかなり遠くにいるように見えました。←ほんとは、大友さんより前にいたけど。あははは。)、Sachiko Mちゃんの演奏してる姿を見たのもはじめてだったし、カナリアのサントラでゴイッショしたみなさんを見ることができたのもうれしくて、なんか鼻血が出そうでした。大友さんが指揮をされる姿はキレがあって、かっこよかったです。「ユリイカ」の演奏は、あんまり美しくて叫び出したいくらいでした。アンコールがおわって、思わず「おおともさーーーん」と黄色い声を出してしまいました。(すいません、声が通るもので。)森下文化センターばんざーい!

終わってから楽屋をおたずねしたら、西部講堂などでゴイッショしたみなさんと、「お久しぶり〜」の対面。えー?島根からわざわざ見に来たのー?なんて、芳垣さんにあきれられてしまいました。あはは。いやいや、それだけの価値はありましたよ。大友さんは、ステージでまだ、かたづけの最中なので、おどろかしてやろうと、スタッフの人になりすまして、「大友さん、このアンプどこにかたづけますか?」とうしろから声をかけてみたのですが、ふりむいた大友さんがわたしを見て、一瞬、何がおこったのかわからないといった様子でフリーズしてしまわれて、3秒くらい無言で、あう、あう、あう、となっておられたのがおかしかった〜〜。あははは、大成功!(結局この「ドッキリ」がやりたかったのか)

ずうずうしくも打ち上げにも参加させていただいて、みなさんとお話でできてよかったです。カヒミさんともお話できてうれぴー。で、なんでか、中締めの解散の音頭とりまでやってしまって(だれ?俺?)、わ=っと嵐のように去ってみました。その様子はさながら、選挙の日に当選した候補の選挙事務所へ行って、盛り上がって、ただ酒を飲んで、うわ=っと帰って行く近所のおっさんみたいだったかもしれません。ONJOのみなさん、すいません、おじゃましました。

そのあと、美音堂軍団3人は、下北沢へ行って、もうすぐお誕生日で還暦を迎えられる大木さんや、こないだ38歳になったばかりの竹中くんのささやかなお誕生会をしました。おめでとうございます。この日、打ち上げ会場でのそれも含めて10回以上乾杯したように思います。乾杯まみれでした。お店を出たら朝が来ていて、予約したホテルにチェックインしたのが6時でした。なんとも濃い一日でした。

☆沼田順ちゃん、こんなんでいいでしょうか?打ち上げの計算はひとりでしましょうね。てへ。