視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う

『御宿かわせみ』を見た。今日のは、別れ別れになった兄弟が再会するというお話。かわいそうで、かわいそうで、すごくすごくすごく泣いてしまった。思い出しただけでも、かわいそうでかわいそうで(涙涙涙)。うぅぅ。どこかの兄弟に見せたいくらい。ほんと。さ、顔洗って水分補給しないと。次は『タイガー&ドラゴン』だし。

車に乗って信号待ちをしていたら
道の反対側に見えたのは
20年くらいも前に
わたしの顔を
グーでなぐったおとこの人が
おじいさんになって
自転車でよろよろ走ってゆくすがた

よろよろ
よろよろ

前を向いたままわたしは
ミラーの中でどんどん小さくなってゆく
虫みたいなうしろすがたに
死ね死ねビームを送った

ビーーーーーーーーーーーーーム

あ、死んだ

なぁんてあはは

やっぱりもう時効かな

『百円シンガー極楽天使』を読み終えました。文体そのものは、あまり好みではありませんでしたが、とにかく書かれている内容が、おもしろくて考えさせられることしきり。以前もどこかで書いたけれど、有吉佐和子さんの『出雲の阿国』の中に、こんな文章があります。

「唄ったり踊ったりして何が育つか、何が稔るか、誰の腹がくちくなるか、唄や踊りで銭とるのは、傾いた女のすることで、土を離れた根無し草よ。畑から引抜かれた青菜は、町で売り歩いている間にも見る間にしおれていくものぞ。」

あるお婆が、阿国に説教する場面です。古い考え方なのかもしれませんが、わたしは、このお婆の言葉は正しいと思います。以前、ナイトクラブやレストランやラウンジや、いろんな場所でわたしがピアノを弾いて歌を歌っていたとき、わたしは「マリコ先生」とよばれて、ホステスさんや、バーテンさんや、板前さんよりも、ちやほやされ大事にされました。給料も一番多かった。でも、お店が暇になって経営が立ち行かなくなると、一番先に切られるのは、わたしでした。なぜかというと、ほかの人をくびにしたらお店の営業そのものができなくなるからです。そういう経験を何度かしているうちに、こういう仕事はお店にとって、「あればうれしいけれどなくても困らない」部分なんだなと思うようになりました。

歌を歌う仕事もほかの仕事と、何かをやってお金をいただく、という点では、そんなにかわらない気がします。そしてその、仕事という点においてはほかの仕事をする人と同じように職人でありたいと思っています。根無し草だ、傾き者だという罪の意識やかなしみをこころの隅にいつも抱きながらね。でもね、たとえ1曲歌って100万円もらえるような歌手になっても、今日うちの庭の草刈りをしてくれた時給700円のシルバー人材センターのおばあちゃんには、絶対に勝てないのよ。

ときどき、何もすることがないとき、国語辞典を読みます。読むというか、ぱらぱらめくって遊んでみたりします。紙の辞書は、お目当ての単語に一直線にたどりつけないので、電子辞書では味わえない、言葉との偶然の出会いみたいなのがあってなかなかおもしろいです。今日の出会いは「みいはあ」。てっきり「ミーハー」ってカタカナで書くんだと思ってました。意味を読んで思わず、まじかよ、と声が出てしまいました。「みいちゃん(←みよちゃん)・はあちゃん(←はなちゃん)の略」だって。あはははははは。そうなのかよーー。決まってんのかよーーー。みよちゃんとはなちゃんて。あたしゃ、「はなちゃん」に対する名前は「きくちゃん」だとばかり思ってました(根拠はお分かりでしょうね)。

そういえば、わたしのお友達にも、はなちゃんがいて、こないだ本をくれました(はなちゃん、ありがとう)。『百円シンガー極楽天使』(by末永直海)。大阪で読むつもりで、持って行っていたけれど、ホテルではすぐにバタンキューで読む暇がありませんでしたので、会社で。タイトルでは、少し、80cmくらいでしょうか、後ろにひいてしまいましたが、書き出しの文章でさらに120cmくらいひいて、つごう2mくらい後ろに下がったまま読みはじめました。でも、今、半分くらい読んだけどね、おもしろいんだよ、これ。

ドサまわりの演歌歌手の話で、平成が舞台だけれど、なんとなく昭和ちっくだし、わたしにとっては、結構なじみのある舞台設定で(あははは)、部分的に懐かしかったり、切なかったりしてね。特殊なお話とみせかけて、でも、ほんとはよくある話を、物語の持つムードそのままの演歌風な書きぶりで進行させてあって、わたしも及び腰になりながらもついついお話につかまっちゃう。しょうがないねぇ。なにしろわたしには、いちいち場面の絵が見えるんだもの。結局は、わたしも浪花節なんですわ。これ、映画とかになったらテーマソングは『場末哀歌』がいいと思わない?はなちゃん。

楽しい週末のあとの月曜はさぞだるだるだろう、と思ったけど、そうでもありませんでしたね。しっかり遊ぶと(あ、いや、ライブでしたけど)しっかり仕事もできますね。メリとハリですね。なんつって。ふふふ。うそうそ、ほんとは昨夜早く寝たからだね、きっと。市川くんは、結婚してからよく奥さんのみえちゃんの話をします。をいをい、いいわねぇ、新婚って(遠い目)。そのみえちゃんから、ハマダさんにあげて、と、市川くんがことづかってきてくれた本を会社の休憩中に読みました。『女性の自力整体〜自分のからだは自分で守る〜』。なるほど、いろいろよいことが書いてありますねぇ。あとで体操やってみるとします。こんないい嫁なら自慢したくなるのもわかるけどさ。みえちゃんさんきゅう〜、らびゅ〜♪

☆と、ここまで書いていたら電話がかかってきました。送信前でよかったわ。突然ですが、お知らせでーす!ハマダがいつもお世話になっている松江市のライブハウス「Birthday」が三周年を迎えるそうで、記念のライブ&パーティがあります。おめでとうございまーす!チケットまだ少しあるそうですよう。

日時:6月12日(日)5時開場:ライブ6時スタート
場所:松江プラバホール大会議室
出演:Yoshika(Vo)、宮川真由美(p)、斎藤しんのすけ(b)
チケット:5000円(フリードリンク:オードブル付)
お問い合わせ:0852-21-0120

わたしはライブはしませんが(ははは)、お祝いにかけつけたいと思っています。お近くの方、よかったらどうぞお出かけくだしゃんせ。

大阪城音楽堂での「音泉まつり」に参加して帰ってきましたよぅ。ああ、楽しかった。楽しすぎて、何から書いていいかわからん。おかげさまで、心配された雨も降らず、というか、ちょっと降ったけど、わたしの時にはだいじょうぶでした。雷がなっただけ。聞くと、雨男や、晴れ女(わたし)やら、嵐を呼ぶ女(畠山美由紀ちゃん)やら、いろいろ混ざっていたようなので、お天気もひとつに決めかねたみたいね。おいでになったみなさん、ほんとにどうもありがとうございま=す。

今回は楽屋がひとつの大部屋状態で、異文化交流というか、異種格闘技というかでおもしろかったです。各チームごとにテーブルやイスが準備されていて、なぜかチーム浜田のとなりがチーム赤犬だったので、余ってるイスとか貸してあげました(というか、気づいたらもう座ってました。はは。)。出演者のみなさん、すごかったですねぇ、あばれんぼうでやんちゃで(しょうがねぇなぁ)。あははははは。特に赤犬。あははははは。ステージ最高でした。そして楽屋でも。あんなにたくさんの若い人のパンツ姿を一度に間近で見たのは初めてです(どきどき)。あははははは。なんかそんな、若いエキス、いえ、若い力あふれるサマーフェスティバー&カーニバーみたいなイベントにわたしなんかがいてもいいのかと、主催の清水音泉のタグチさんに「今回の出演者はどういう基準でセレクトしたんですか?」と前夜のリハ後の食事会でちょこっと聞いてみたら、「男気あふれるロック魂の人たちを集めてみました」とか言われました。俺もかよ!てへ♪(わ〜い)。

ボノボ(松井くん、和太鼓たたいてくれてありがとう)、スクービードゥー(なんかやたらかっちょよかった〜)、サンボマスター(さすが嵐を呼ぶ男たちでした!)、そして赤犬(あはははははははは、ばんざーいばんざーい!)のみなさん、それから、畠山美由紀ちゃん(やせた秘密教えてくれてありがとう。俺もがんばるぜ!)お会いできてうれしかった。こんな機会を与えてくれた清水音泉さん、ありがとね=。帰り際に、各バンドのみなさんが、「じゃ、また、フジ(ロック)で」って別れて行ったのが、かっちょよかったな〜。くぅ〜、ちくしょう〜、若いっていいなぁ〜。くやしかったので、美音堂のみんなと伊丹空港で別れるとき、「じゃ、また、ふじ(川食堂)で」って言いました(高円寺かよ)。忍者のすみちゃんもお手伝いありがとね〜。書きたいことは山ほど、川ほどあるけれど、また少しずつ。とりあえず、帰りしなのマリコ的こころ、筆にまかせてこんなんでました〜。

☆御堂会館に来てくれてたあの方、無事、手術を終えられたとのことで見においでになっていたそうです。手紙とお花を届けてくださいました。ほんとによかったー。気にかけてくれたみなさんへ、報告しまーす。

長らく積読状態だった『贋作天保六花撰』(by北原亞以子)を読んだら、おもしろかったのでそのまま北原ワールド『降りしきる』に突入しています。『贋作〜』のほうは、ピカレスク連作もの、そして『降りしきる』のほうは、短編集です。北原さんのお書きになる男の人はかっちょいいんだな、これが。そうそう、それで思い出した。『降りしきる』は土方歳三が出てきますが、わたしが歴史上の人物でイチバン好きなのは土方歳三で、わたしの『死ねるリスト』の第一位なんですよ。へへへ。ま、だからどうしたの話ですけどね。しかも、「この人のためなら死んでもいい」って思える人が、既にこの世の人でない、ってのもおかしな話。でも、あらら、そんなことを書いている場合ではないですね。明日は大阪へ行きます。今のところ雨が降ってるようですが、当日は晴れるといいね。さて、荷造り荷造り。『死ねるリスト』より、『持って行くものリスト』のチェックだわ。