浜田真理子オフィシャルブログ「本日のハマダマリコ的こころII」

視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う

今度のライブの選曲をして、楽譜というにはあまりにも簡単で雑なしろもの、を書いてローソンから美音堂にFAXした。きっと今夜あたり大友さんに届くだろう(下手な楽譜というか、図で、ごめんなさいね、大友さん)。ローソンの顔なじみの店員さんが「新曲ですか?」と聞かれた。いえ、古ぅい曲なんですよ、いつものように。

髪結い伊三治のシリーズ第2作『紫紺のつばめ』読み終える。作者ご自身のあとがきにもあるように、テーマは「変化」で、1作目より加速して物語が進展していくのだけど、収録されたどのお話にも泣かされっぱなしだった。といっても、号泣ではなく、目の奥がじゅん、として胸が苦しくなる感じ。伊三次風に言えば「切ねぇのよ」。伊三次とお文の恋のゆくえが知りたくて、会社の帰りに、3作目の『さらば深川』を買った。

今日は朝から、CDで志ん朝さんの『芝浜』と『百川』を聴いて笑いました。落語といえば、ホリエモンさん、440億円とか儲けたそうですが、あれを聞いてわたしがまっさきに思ったのは『火焔太鼓』の女房のこと。大金を前にして驚きまくって「まぁ、おまえさんは、商いが上手だねぇ」とか言うかしらとかね(言わないだろうなぁ)。

今日は、たいへんによいお天気で気分爽快。みねっちは、高校の野球の応援に出かける。わたしはジムに行ってウォーキングやら、バイクをしたら、気持ち悪くなった。たいしてがんばってもいないのになんでだろぅ。しゅん、となって母の働くそば屋に寄って、素うどんを食べたら治った。きっとお腹がへっていたのね(ださ)。

山陰地方にお住まいのみなさん、今日の山陰中央新報をご覧になりましたか?1面の『明窓』というコラムにわたしのことが〜!わーわー。論説委員の(晶)さん、マリコ的こころも読んでくださったのですね、恐縮です。ありがとうございました。尚、ネットでも、
http://www.sanin-chuo.co.jp/の「コラム」で読めまーす。

大友良英さんのニューアルバム『ONJO』が届きました。また穴あきジャケットですてきですね。JBの『ルリパキダンス』も発売されたばかりだし、因幡修次くんの新譜『死を喰べつくしてから生きようか』も、ふちがみとふなとさんの『ヒーのワルツ』ももうすぐ発売だし、なんか新譜ラッシュですよ。みなさんおめでとうございます。というわけで、わたしもがんばらなきゃいけません。カレンダーを見たら、もうすぐライブじゃないの(きゃ〜)。こうしてはいられない。練習しないと。あ、いや、選曲しないと。とかね。あ、いや、とかね、じゃなくて(あたふた)、ほんとにがんばります。押忍!

朝の雨はすぐに乾いて、お昼には風はまだ少しあるものの、すっかりよい天気になった。春ですね。このごろ読んでいるのは、『幻の声』−髪結い伊三次捕物余話(by宇江佐真理)。前に同じ宇江佐さんの『春風ぞ吹く』−代筆屋五郎太参る−を読んで以来、ずっと読みたいと思っていたシリーズです。深川界隈で床(とこ)を持たない廻り髪結いをしながら、お上のお手先の仕事もする伊三次が主人公なんだけど、想い人の芸者のお文とか、八丁堀の旦那の不破友之進とか、登場人物がまたいい味出してます。江戸ものは、このごろよく読みますが、宇江佐さんの語り口は、これまでに読んだ時代小説の男性作家とはもちろん、女性作家(たとえば、平岩弓枝さんとか、宮部みゆきさんとか、北原亞以子さんとか)のどれとも、違う雰囲気があります。どこがどうっていうわけではなくて、どうも説明がうまくできないんだけど、ふんわりしてるっていうか、さらっとしているというか、じとっとしてないというか(同じか)うーーーん、と困って表紙裏のプロフィールをじろっと見たら、こんな事実を発見。「函館生まれ、函館育ち、函館在住」ですって。何か関係あるかもね(ないかもね)。

あそんで あそんで
つかれたら
おいでなさいな
わたしのところ
いっしょに ねむろう
ほしのきえるまで

たたかって ひとり
つかれたら
おいでなさいな
わたしのところ
いっしょに うたおう
なくしたゆめのうた

いっしょに ねむろう
ほしのきえるまで
ぐっすり ねむろう
あしたもはやいから

その人は、わたしの頭ごしにいきなり「わたし、来週ガンの手術をうけるんです」と言いました。わたしはサインする手をとめて顔をあげてその若い女の人を見ました、けれど、言葉がでませんでした。それは、御堂会館のロビーにて、ライブのあとのサイン会でのできごとでした。そこには、たくさんの人たちが並んでいて、なんのガンで、どんなふうにわるいのか、とても聞けるような状況ではないし、かといって、ああそうですか、がんばってね、と軽々しく言えるようなことでもないので、ただただ、わたしはその人を見つめるばかりでした。

さらにその人は続けて言いました。見ると、手には、6月に大阪城の野外音楽堂のイベントにわたしが出演する旨が書かれたチラシを持っておられます。「この、イベントに、かならず。手術をして、生きて、元気になって、かならず見に行きますから」。一瞬聞き間違いかとも思いましたが、たしかに、「生きて」と言われました。詳しいことはもちろんわかりませんが、生死にかかわるご病気なのかもしれないと思うと、わたしは、ほんとうになんと言ってよいかわからなくなりました。その人は何度もチラシを指さして「必ず見に行きますから、何かメッセージをください」とCDを差し出されました。考えに考えたあげく、いつものようにlove & peace,marikoと書いてから、「また会いましょう」と付け加えました。そして、思わず立ち上がって、その人をハグして、「だいじょうぶ、だいじょうだからね、」と言ってしまいました。涙をたくさん流しながら、それでもその人は笑顔を作って帰っていかれました。

その人は、どんなキモチで、わたしのライブを見て、歌を聴いてくれたのだろうか、どんなキモチで、あの長い列に並んでくれたのだろうか、あの人の真剣なキモチに負けないライブができていただろうかと、うちあげを終えて、ホテルの部屋に帰ってもなかなか寝付けませんでした。ライブに来てくれてありがとう、あなた。ほんとうに、かならず、また会いましょう。