浜田真理子オフィシャルブログ「本日のハマダマリコ的こころII」

視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う

ライブをする以上は、お金を払って来ていただいたみなさんに満足していただかなくてはなりません。いえ、結果的にそれは無理だったとしても、少なくともそういう努力をしなければなりません。一生懸命やらねばなりません。それは義務であり、責任です。お客さんに媚びたり受けを狙う必要はちっともないけれど、さりとてお客さんの存在をまったく無視した自己満足の出し物であってはいけませんね。まして、理解されないのが芸術だとか、お客なんていなくていいとか、うそぶいちゃいけないのよ。そんな芸術なら、チケットを無料にしなさい。ショウというのは、見ていただいて初めて成り立つものですよ。なぜなら、お客さんもショウの一部だからです。エンタテイメントのショウであることと、芸術であることは別です。このごろそういうことをよく考えます。自分が芸術家だなんて言ってはいけません。わたしはしょせん、きれいな衣装で身を飾って歌を歌って、お金を稼ぐ、傾き者(かぶきもの)でしかないのだということ、アミノサプリのように、それ以上でもそれ以下でもないのだということを、ココロにいつも言い聞かせているのですよ。てへ。

午前中はジムに。約3週間ぶりなので、体が重い。この3ヵ月、体重や体脂肪が小さく減ったり増えたりの中、一喜一憂していたけれど、結局あんまりかわらないもんなぁ。気持ちだけはめちゃめちゃアスリートだけれど。てへ。(←マイブーム)今月から、シェイプアップボクシング、っていうクラスもできた。出てみたいけど、運動量すごそうだなぁ。インストラクターの先生はなんかの元チャンピオンみたいな人だそうだし。真空とび膝蹴りとかやってみたいなぁ(ちがうだろう)。

今年に入ってから、みねっちの受験などあって、ずうっと心身ともに忙しかったので、今日は久しぶりの休みって感じ。本屋さんでのぶらぶらも久々で、映画雑誌を立ち読みしたり、本を買ったりした。となりのCDやさんでは、昨日の夜のドラマ『タイガー&ドラゴン』があんまりおもしろかったので、ドラマのモチーフとなった落語の「芝浜」(古今亭志ん朝)を買ってみた。家に帰ってから、買い物したCDや本の入った袋は開けずに、ムナカタコーチにもらった『芸人コレクションDVD』の中から、笑福亭仁鶴師匠の『崇徳院』を横になって見た。あ〜極楽極楽。

ヨシノちゃんはわたしがときどきお世話になるヘアメイクのおねえさんだ。その江戸っ子で男前な性格は、わたしのおっさんぶりととっても波長が合うみたいで、こないだの東京での仕事の時も、おしゃべりが超盛り上がった。わたしたち、ふたりともお年頃でもあるので会うたびに「いい男をゲットしたら知らせあおう」「応!」とか「鋭!」とか言っているが、今のところお互いに何も知らせあっていない。そのかわりといっちゃあなんだが、乳がん検診をうけた、とか、子宮ガン検診をうけた、とか、更年期障害とは、などと、暗い情報を、嬉々として(鬼気として)交換しあっている。

そのヨシノちゃんが、ついに、禁断のペット飼育に手を出したようだ。「禁断の」といったのは、それをやっちゃうとなんか、ロンリーウーマンまっしぐらのように思えるからだ。ヨシノちゃんの場合は、ことり。もうひとり、その夜の飲み会に同席した女性は猫を飼っていた。だめだめだめだめ、あんたたちーーー、ペット飼ったらおしまいなのよーーーー、ロンリーって感じなのよーーーーと言ったわたしには、このたび、イシ子。っていうトモダチが・・・石かよ!。まぁ、わたしの声になんか耳をかさず、ヨシノちゃんは、携帯で撮ったことりの写真を次々とわたしたちに見せてくれました。(それが30枚くらいあるんよねーあはははは。)そして、わたしたちは、みんなで、「かもめはかもめ」とか、「恋の季節」とか「エブリシング」とか、をカラオケで歌いました。ははははははは。さむいですね。

そのヨシノちゃんから、月島のもんじゃ焼きセットが送られてきました。どうもありがとう。はじめてトライします、うまく焼けるかな。もんじゃTシャツももらいました。今度着ておみせします。宅急便でおくられてきたそれらの荷物の横にかわいらしい花柄の封筒があってお手紙も添えられていました。「マリコ兄貴へ」と書かれていました。兄貴って、君。

今日は全国的に晴れ。気分も晴れ晴れ。あーそういえば、昨日凹んでたわ、わたし、あれは何だったんだろう、みたいな、すばらしく晴れた朝(心配かけてごめんなさい。元気印のハマダも時々凹むんですね、だって、にんげんだもの−まりを)、文房具やのアイコちゃんとオハヨー!ってすれちがったら、「石はどこにあるんですか?」って言う。はは。そうそう、もすこしむこうなの、もしも今朝見てあの石がまだあったら(居たら)、持って帰ろうと思って、あはははは、とアイコちゃんとお別れして、行ってみたらあったよー、にこにこ石。人間の記憶とは曖昧なもので、石は丸くもなくて、顔は彫ってはなかった。でも、マジックで描いてあるの。すごいでしょう。今日はこの石を会社のパソコンの前に置いてわたしはにこにこしながら仕事しました。かわいいので名前もつけた。命名:イシ子。っていうか、戸籍上の本名は「石固(いしこ)」っていうんだけど、それじゃあんまり堅苦しいので、通称イシ子(読んでみたら同じだけどサ)。

昨日少し凹むことがあったせいで、今日は一日鬱々として楽しまず。うつむいて歩く会社の帰り、歩道に落ちた平べったい、直径10センチくらいの丸い石に目がとまる。なんで歩道に石があるのだろう。そういえば、それは落ちているというよりは、置いてある。でも、置いてあるというにはあまりにも無造作にそこにあって、あやうく踏んづけそうになるくらいだった。

そのつるつるの平べったい石には、うそみたいだけど、でも、うそじゃないんだけど、スマイルマークが彫ってあった。それを見たとたん、わたしの暗い気持ちはたちまち明るくなりました、わけはない。そんなことで元に戻るような凹みじゃないのよ、悪いけど。「石のくせに、にこにこしてんじゃねぇ!」と、ココロの中で思い切り毒づいて振り返りもせずわたしは駐車場に向かってすたすた歩いた。

「落ちて」もいず、「置いてあった」わけでもない、あの石、ひょっとして、あそこに「居た」のか。石の意志?つまらん。こんなときにもダジャレを思い付いてしまう自分がつくづく嫌になる。気分はちっとも晴れない。晴れないばかりか、泣きたくなって鼻とのどの奥がひくひくした。おばかな石のせいで、気を張って入れてた力が抜けてしまったじゃないか。ばかみたい。こんなこと、誰にも言えな いし。

会社の帰りにゲンスケ公園のほうを見たら、シートをひいてお花見の場所とりをしている人たちがいた。今夜の花見は寒いんじゃないかなぁ。気温もたったの10℃ほど。知らない人だけれど、風邪をひくなよーとココロの中でおせっかいばばぁになる。風にくるくる舞う中をわざと歩いて、髪に花びら、からませて家に帰ればよかった。