視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う

桜の便りもちらほらとどきはじめました。今日は晴れていたけど、風はまだ冷たいね。本格的な春が待ち遠しい。昨夜はラジオの収録があり、帰ってからお風呂に入ったりしたら遅くなったのでそのまま寝ました。集中していたわけではありません。へへへ。会社の休憩中に栗田有紀さんの『オテル モル』読みました。『雪沼とその周辺』を読みはじめて最初の一編を読んだ次の日にまちがって、次に読むつもりだった『オテル〜』のほうを会社に持って行ったため、こちらを先に読むことになっちゃって。おもしろかったよぅ。「最高の眠りを提供するホテル」のお話。読んでたらほんとに眠りの神様がやって来る感じでキモチがふんわりします。カバーの絵がよく見るとおかしいんだぁ。うふふ。

もうすぐライブです。荷造りもしなきゃいけないし、パックもしなきゃいけないし、なんとなくあわててきましたぜ。気合入れていこう。おりゃーおりゃーとぉー気合だー集中だー!そういえば、アニマル浜口さんて、島根県出身の方なんですってね。しかも、浜田市だって。あはははは。わたしは、ハマダ氏(だからなに)。

☆市川くんとみえちゃんの結婚披露宴で歌うカラオケの練習もしなきゃいけないし、ああ、忙しい(頼まれてないけど)。みえちゃんは関西出身なので『浪花恋しぐれ』にしようかな。「好きおうて一緒になった仲やないの、あんた、遊びなはれ、酒も飲みなはれ、」って。だめ?>みえちゃん。男子のパート歌う人募集中

猿、あ、いえ、去る3月22日、わが美音堂の市川氏が、入籍をなさいました。わーわーわー。ご結婚おめでとうございまーーす!お相手はみえちゃんというすてきな女性です(いつかのマリコ的こころに登場してくれたお直しの職人さん)。おしあわせに〜〜!ああ〜、早くここに書いてお知らせしたかったわ〜。やっと書いてもよいと言われ、うれしいです。結婚式や披露宴は、これからご親戚の方々と内輪でなさるそうです。市川くんのおねえさーーん、ご覧になっていますか?おめでとうございます!いつも車借りててすみませーん(これは余談)。市川くん、みえちゃんおめでとう。お友達を集めての結婚披露の大宴会、楽しみにしていま=す(するとも言われてないけど、まさかやらないわけないよねぇ〜)。みえちゃん、花嫁のブーケは、わたしはもういらないからね〜pipinちゃんとか、すみちゃんとかにあげてね(くれるとも言われてないけど)。はははは。

☆お祝いの品あてさき:美音堂内『市っちゃん結婚おめでとう』係・担当ハマダまで

昼、高柳昌行氏の『lonely woman』を聴きながら、ライブのための譜面(いや、別の曲なんだけど)を作っていたら、サンフランシスコにいる大友良英さんからメールがきた。聞こえたのかな、lonely woman。しかし、こないだまでヨーロッパにおられたはずなのに、さすが世界を股にかける男ですね。おつかれさまです。では股。

今日は晴れのよい日和だった。午前中はジムに行く。来週の今日は大阪にてライブをしているのだなぁとカレンダーを見てため息。月日の経つのは早いことよのぅ、と高校野球を見たり、春高バレーを見たり、なぜか「日本の伝統芸能」という番組で文楽(近松の『心中天網島』)を見たりした。明日はたくさん歌の練習しよう。

超寒い日。みねっちの行く高校の体育館で高校生活についての説明や、教科書などの物品の販売や制服の採寸、注文、申し込みなどのため朝から出かけた。各科ごとに保護者と生徒がフタリ一組で座っているのを見てこれから花咲く青春を感じ、ふいにごくせん風に「わたしがおまえらの担任だぁ!」と叫んでみたい気がしたが、やめておいた(ま、実際のところ担任ではないし)。

わたしとみねっちの座っている席のうしろにいた親子が、小さな声で「前のふたり、そっくりだから絶対親子だね。あれならどこにいても親子だってばれるね」と話しているのが聞えた。ぎゃはは。最近あんまり言われなくなったと思っていたけど、そんなに似てるかなぁ。俺たち。いつかライブの替え玉に使うか(太さが違うけど)。

教科書販売をしていたのは地元の本屋さんで、わたしが前にパートで勤めていたところ。今日販売に来ておられたのは、なんと当時わたしがいたお店の店長だった方なので、思わず、「てんちょー!」と声をかけてしまった。もうひとり、その横で辞書販売をしておられたのも当時よく音楽の話などを一緒にした音楽通の方で「あら〜!久しぶり。今度、アルバム出るでしょう、がんばってねー!」とか言ってくれて、うれしなつかしかった。

久しぶりに失敗。昨日のマリコ的こころは2部構成で、前半は今残っているベニサンピットのDVDのお話で、後半はムナカタコーチにいただいた小沢昭一さんの『あたく史外伝』がとてもおかしかったという話をおやじギャグ満載のマリコ節で書きなぐっていたのね。で、今日仕事してるときに、前半部分の「姿態」という漢字は「肢体」になおしたほうがいいな、とふと思い付いて、携帯からアクセスして編集しようとしたの。そうしたら、あーた、あたしの携帯って文字数が限られているようで、件の字をなおして上書きしたら、後半部分がそっくり消えちまったでないの。もーやだーーー。仕事を終えて家に帰ってきて、消えた部分を思い出しながら書こうかしらとも思ったけれど、ああゆうサムイギャグは勢いで書くものでしょ。記憶をたどりながら書くなんて、なんだかどんくさいんでないの、と思ったので、やめました。まーあらためて書くほどの内容でもなかったですしね。えへへへ。またわたくし学びましたよ。携帯から、編集なんてするものではない、ということ。そして、そもそも「姿態」でも「肢体」でもどっちでもよかった、ということ。(どっちにしたってでぶだったことにかわりなく。ははは。)下手な推敲休むに似たり。

ゴキゲンになって思わず生姜焼き弁当を半分残してしまった見栄坊のハマダです。まー体重はぜんぜん変わりませんけどね。やっぱジムのおかげかなぁ、などと思っているとタイミングのよいことに竹ちゃんが撮ってくれた先日のベニサンピットのライブの様子がDVDで届いたのでさっそく、よしよし、そうか、わたしの引き締まったカモシカのような肢体を見てみようと思ったわけだけれど。カモシカというよりも〜〜・・・・(←好きな言葉を入れる)のようでした(入れてみたい言葉の例:小野小町、クレオパトラ、セクシーダイナマイト、妖怪人間ベラなど)。