視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う

あれは何時頃だったのか寝ていたら酔っぱらいのトモダチから電話がかかってきてそいつがおもしろいことばかり言うもんだからげらげら布団の中で笑ったりしてすっかり目が覚めて話し込んで気づくとだんだん外が明るくなって来て起きる時間になったので「じゃあな、もう起きるから」というとそいつは「おやすみ」と言った。

とても天気がよかったので、自転車で本屋&CD屋さんに行った。本屋さんで前から読みたいと思っていた堀江敏幸さんの『雪沼とその周辺』を見つけたので買う。きれいな装丁でなでなで。CD屋さんでは、ファドのクリスティーナ・ブランコのと、先日ご一緒した伊藤多喜雄さんのと、野狐禅のアルバムを買って満足なり。

友達夫婦のやっている美容院に行って、おしゃべりをしていたら、地震がきて驚いた。「ねぇ、なんか鏡が揺れてない?え?あたしだけが揺れてんの?あ、天井も揺れてる、きゃぁ〜」ってな具合。すぐにテレビをつけたら震度3だと。こわかった。こちらはすぐにおさまったけれど九州地方のみなさんだいじょうぶですか?気をつけて。

その美容院の一人娘は3才で、今はまっているのは、仮面ライダー響鬼(ひびき)だって(変な名前)。本を持って来て一生懸命説明をしてくれておもしろかった。ヒビキとイブキの二人組の仮面ライダーなんだけど、あんまり仮面ライダーっぽくない。キーワードは、和風と音楽。世相を反映しちょりますねぇ。ヒビキは和太鼓みたいな武器で、イブキはトランペットみたいな武器を持っていて、二人が音を鳴らして敵をやっつけるんだって。はははははははははは。で、般若の面みたいな顔のついた、音叉を持って変身するんだって。すげぇなぁ。音楽で敵をやっつけるなんて。「歌を歌っているやつを撃つことはできない」のケンヂくらい衝撃だなぁ。敵の軍団の名前は、摩訶魍(まかもう)だって。すげぇなぁ。なんか、漢字覚えそうだなぁ。とにかく、おもしろくて感動。知らない世界をのぞいた感じ。でも、帰るとき「ばいばいき〜ん」と言ったら、その子も負けずに大きな声で「ばいばいき〜ん!」と言ってくれたので、ちょっとほっとした。あたしもまだまだ若いもんと話が合うじゃん(合わせてくれたのかも)。

よいお天気だった。自転車で出かけてみたいくらいだったけど、そろそろ本格的にライブの練習をしなければとがまん。選曲をはじめた。うー。どうしよ。この作業が一番大変だけど、一番楽しいのかもしれないね。ひとつ歌をつくったので、ライブまでに歌い込みが間に合えば、歌います(間に合わなかったらこの度は歌いません)。

ライブ盤アルバム『romance』、一般発売は4月ですが、先行発売などでおてもとに届いている方もあるようですね。早々に買ってくださってありがとうございます。ライブ盤の企画もこれをもって三部作の最終章となり、当分リリースはありません。オリジナルスタジオ盤のことも考えねばなりませんが、まだ、ぜんぜん予定はありません(すいません)。当面は、これまで出してきたものを聴いたり、ライブをみたり、ココロを読んだりして(いや、それはどうでもいいか)、今しばらく(何年か)お待ちいただければと思います。尚、今回の『romance』のライナーに素敵な言葉を寄せてくださった名古屋昭博さん、寺中桂子さん、貝沢伸一さん、大木雄高さんに、ココロからお礼を申し上げます。(そして市川くん、竹中くん、いつもほんとにありがとう)

最後になりましたが、『romance』にてはたくさんの愛のかたちを歌ってみました。あなたのココロの愛の物語にちょっぴりでもふれることができたらうれしいなあって思います。

みねっちの県立高校合格発表の日。私立の時とは違って、今日は、もし不合格なら、今後のことについて担任の先生が相談するため家庭訪問に来られる、とかで、家族の誰かが家に待機しておくように、と言われ、お休みをもらって家で待っていたら、みねっちが走って帰ってきた。私立の時はひとりずつ中学校で先生に合否を言い渡されたのだけど、今回は自分で高校まで見に行って、発表のボードから自分の受験番号を探す、スタイルだったから、きっと喜びもひとしおだろうな。ああよかった。ほっとした。今日は姪の小学校の卒業式でもあって妹が出かけていたので、ひとりあぶれた甥っ子のこうちゃんとみねっちと三人で昼ご飯を食べに行って、その足で、カノジョの念願の携帯電話を買いました。帰ってからずっとマニュアルを読書中です。応援いただいたみなさん、ありがとう。

わたしは、これから大阪で着る衣装のお直しをします。少し大きいので。あ〜こんなとき、みえちゃんがいたらなぁ!(注:みえちゃんとは、わたしのお友達でお洋服のお直しの職人さん。)

というわけで、今日は、サンボマスターとか、畠山美由紀さんのアルバムを聴いています。なんか、このみなさんとご一緒の機会が、今年はあるようですよ。楽しみだわ〜〜〜〜。ああ、今日はうれしい日。

仕事のあと久しぶりにジムへ行く。なんか、体力おちてるかなぁと思ったもので。今月に入ってから初めてなのでインストラクターの先生たちに「久しぶりですね」と言われた。ウォーキングと筋トレとバイクをする。なんか体脂肪おちてるやん。ジムに来てないのに、なんで減ってるね〜〜ん!きっと東京へ行ってきたからだな。ライブしたり、カラオケを朝まで歌ったりしたほうが燃焼するんだな、きっと。あはははっはは。まじかよ。よし!今度はヤングでナウな歌も覚えて踊りもつけて歌うぞ!(それかい!)

雑誌や本の編集者をしているお友達から送られてきた本『六本木ヒルズの若手社長たち』読む。ともちゃん、ありがとねー。なんか、別世界の人たちの話みたい。よくわかりませんが、若手社長さんたちがんばってはりますね、その調子その調子、という感想です。みんないいスーツとか着ていい車とか乗ってパリっとしてるんですね。あたしゃね、若者がおしゃれなスーツ着てちょいと髪でも伸ばそうものなら、みんなホストに見えてしまうおばさんなもので、それがかっちょいいのかもわからないんですが。人のやらないことをやってやる!って、いう意気込みはなんだか『どてらい奴』みたいで好きですが、そのわりにはみなさん、制服のように同じブランドの服で同じ車ってのが、なんだか意味がわからん感じですね。まーあたくし個人の好みとしては、ブランドのことを「メーカー品」とか言ってしまっちゃったりするような、おちゃめで無骨な男のほうが100億倍好きですけどね。え?あたしの好みなんか聞いてない?まーそうですよねーー。あははははっははと。ま、あたしたちは高円寺ヒルズでいいっすよ、ね、市っちゃん、竹ちゃん。

昨夜は『ナニワ金融道』読む。おもしろかったけれど、内容が内容なので、笑うというよりはいろんなこと思い出してしんみりしてしまったわ。さて、市川氏と話したところによると、今年はライブがたくさんあるそうで。ま、いつもの年よりは、ですけどね。その他今日は、作家の栗田有起さんから、『オテル モル』という最新の本が届く。栗田さんありがとう。最近とてもお忙しいと聞きました。体に気をつけてがんばってね(私信風)。