視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う
梅雨入りという宣言があってから何日もたっていますが、松江では雨はまだ降りません。昨日は風が強くて肌寒く、夜にはストーブでも使いたいような感じでした。じめじめするのはいやだけど、降るべきときに降らないのもなんだか落ち着かない気持ちです。それにしても岩手宮城の地震はおそろしかった。山がくずれたり、建物が土砂に流されて数十メートルも動いたのだという映像などを見ては、自然の大きさを痛感してなんだか途方にくれてしまいました。被災されたみなさまにお見舞いを申し上げますと同時に被害が広がらぬよう、お祈りします。


先週から今週にかけて、いろいろな人とお会いしています。久しぶりの人、懐かしい人と旧交をあたためることになったり、はじめての方との出会いがあったり、ほんとうに6月に入ってから毎日なんとなくぬぼぬぼと過ごしていましたが、ここへきてたたみかけられるような出会い続きです。今年は、アルバムデビュー10周年ということもあり、過去10年をふりかえって考えてみたりすることが多いのですが、これらの出会いは次の10年へのなにか橋渡しのような出来事なのかもしれません。


橋渡しといえば、そうそう、こんなこともありました。ある方にお箸をいただいたのです。先週の私のブログを読んでくださっていて、「エコなマリコさんへ」とくださったのです(にわかエコ、ですけどね。てへへへ)。出先で使えるように『マイ箸』、買おうかなと思っていたところなので、とてもうれしく感謝しています。螺鈿の装飾の入った赤くてかわいいお箸です。箸わたし。はいはい、だじゃれですけどなにか。


本『水滸伝』は残り数冊を読まずに少しお休みします。ツアーのとき旅先で読もうと思って(続編に行くまでの時間かせぎ)。そうして、ついに手を出してしまいました。塩野七生さんの『ローマ人の物語』。塩野氏のライフワークのようなこの長いシリーズの本ですが、最初の1冊を読み終えて感動しています。DVDでTVシリーズの『ROME』を観て読もうと思いついてしまったのです。『ROME』のほうは、カエサルからアントニウス、そしてオクタビアヌスまでの物語なので、クレオパトラも出てきたりして千年のローマ史の中でもいちばんおいしいところなのですが、この際もう一度ローマ史をさらってみたくなりました。おもしろいです古代ローマも。まさに1日にして成らず。でも、ギリシャに学びローマが発展や衰退を繰り返して都市を少しずつ拡大させていった同じ頃、日本は縄文時代だったのですねぇ・・・。なんだかなぁ・・・。
2008-06-16 09:30 この記事だけ表示   |  コメント 7
雨が降りそうで降らない感じのくもり空曇りです。空にあるのは雨雲なのか、それとも霞のようなものなのかわかりませんが、ここのところお天気はすっきりしません。いかがお過ごしですか。


三日月このごろは、洞爺湖サミットを前にしているせいか、エコの風が吹いていますね。エコの活動、必要だと感じながらも知識不足もあってこれまであんまり積極的に取り組んではいませんでしたが、先週『不都合な真実』というDVDを借りて観てから、少し考えを変えることにしました。まずは自分に何ができるのかということを少し調べて勉強してみました。意外とたくさんあるんですね。たとえば水の使い方、電気の使い方にちょこっと気をつけたり、エコバッグを活用したりなるべく歩いたり自転車に乗ったり、そんな小さなことでも大勢でやればCO2の削減のために結果は必ず出るのだということに気づきました。あー、みなさんはそんなこととっくの昔から知ってたよというところでしょうね、いやいや、まったく。恥ずかしながらハマダ、今頃事態の深刻さに気づいたのです。というか、やっと行動に起こすほど気づいてきた、ということですね。やれやれ。とりあえずは、母やみねっちや妹に『不都合な真実』を観せてまわって(ははは)、家族でどうしたらよいかなんて話し合ってみたりして、小さく1歩を踏み出しました(大げさ)。無理なく、1歩ずつっていうやり方、わたしには合っている気がします。


くつ1歩ずつ、といえば、ウォーキング順調です。ハマダの歩数計は安いものなので、あんまり正確ではないかもしれませんが、少なくとも昨日の自分の歩数と比べることはできるので(ぷ)、手帳に書き留めてながめてにやにやしていますよ。足ツボの先生にも足の状態がよいとほめられました。わーいぴかぴか(新しい)(ほめられて伸びるタイプ)カモシカのような足になるには、あと、100年くらいかかりそうですけど(しょんぼり)。


☆最近BBCのTVドラマシリーズの『ROME』を観ています。うーん、おもしろい(こればっかりですけど)。丁寧に作ってあるし。ローマ史の本を読んでみたくなりました。思い浮かぶのは、あの本ですが、うーん、長いからなぁ・・・・たらーっ(汗)。とりあえず、図書館へ行ってみましょうかねぇ。
2008-06-09 10:29 この記事だけ表示   |  コメント 6
くもり空曇りの松江です。梅雨入りはまだですが、少しずつ近づいてくる感じがあります。いかがお過ごしですか。今年ももう6月。早いですね。わたしは、7月になるまでライブがないので、今月はゆっくりと(いつもゆっくりしていますが)、音楽の練習をしたり、歌を作ったり、本を読んだりしようと思っています。5月が「動」の月であったとしたら、6月は「静」の月という具合です。思えば、ちょいと出てはひっこむ、また、ちょいと出てはひっこむの繰り返しで、まるで充電のあまりきかない機械のようなありようです。わはは。


本それにしても、北方版『水滸伝』。ああ、おもしろい・・・。これくらいの長編だと、どこかでまったりする部分が出てもおかしくはないのだけれど、ちっともそういうことはなく、各章それぞれがいつもあたらしく、魅力に満ちています。物語が駆け抜けるということはこういう感じなのでしょう。今度はどんなかっこいい男が出てくるのだろう、どんな生き方を見せてくれるのだろう、と登場人物の多さも気にならなくなってきました。そしていずれ、近いうちに読み終えてしまうのだと思うとさみしくもあり。続編もあるからだいじょうぶ(なにが)、と心に言いきかせて今日も読むことにしますハートたち(複数ハート)


島根県民会館でのコンサートの詳細が発表になりました。ノグチアツシさんとご一緒します。コンサートの詳しい内容はこれから考えるのですが、ノグチさんはバンドで参加なさると聞いていますよ。メンバーはあの人かな。楽しみです。どうぞお出かけくださいませるんるん


☆歩数計を買いました。ふふ。歩くわようー。鋭、鋭、応!手(グー)
2008-06-02 09:56 この記事だけ表示   |  コメント 4
初夏の光がまぶしい松江です晴れ。昨日はちょっと肌寒かったけれど、今日は晴れて気温も上がりました。今朝は早く起きてウォーキングをしました。先週から、妹のうちに泊まっている父を誘いに行って連れ出していっしょに歩きました。妹のうちに滞在しているといっても、昼間はみな仕事や学校で留守になるので、ツアーも終わってぼんやりと暇なわたくしめが、夕方、妹が迎えにくるまで日中をいっしょに過ごしています。父はずいぶん前に糖尿病の合併症で脳梗塞をやってから、半身がすこうし麻痺しています(心筋梗塞もやっていますしおまけに胃の全摘出なんてこともしているのです)。なので、歩けるには歩けるのだけど、よろよろしてしまうので(よろよろ星人と呼んでいます)、車イスを使ったりもします。介護というほどのことでもなく、ただいっしょにいるだけなんだけど。これまで、こんなに父と長時間過ごしたことってなかったなぁなんて思いながら、なかなかに楽しんでいます。「ときどきはいろいろ行ってみないと時代に遅れる」と冗談交じりに言いながら、家電ショップへ行ったり、サティへ行ったり、ホームセンターに行ったり、ウォーキングをしたり、ビデオを借りに行ったりしています(これをふたりの間では「パトロール」と呼んでいます。あんぱんまんか!)。家に帰ると、父の切り絵をながめたり、パソコンでゲームをしたり、いろいろやることが満載。もともと仕事より遊びや趣味のほうが得意な父なので(とほほ〜)、退屈することもないのです。車でドライブしながら、たくさん話をしています。政治のこと(よくわかりませんが)、経済のこと(これもよくわかりませんが)、歴史のこと(新選組のこと)、スポーツのこと(相撲のこと)、音楽のこと、落語のこと、浪曲のこと、などなどなどなど話題はつきず。そういえばもうすぐ6月、父の日がやってきますね。


☆BSSラジオ、『今日もハレルヤ』聞いていただいたかた、ありましたでしょうか。どうもありがとうございました。番組の中で、小学校の時の同級生からお便りをいただいて、とても懐かしくてうれしかったです。ありがとうね、よっちゃん黒ハート
2008-05-26 17:12 この記事だけ表示   |  コメント 5
今日の松江は曇りぎみで、気温もあまり上がらなかったみたいです。フランスから帰ってから、少し時差ぼけ気味で、夜中にむくっと起きて、手持ち無沙汰に本を読んでみたりしています。フランスでも、帰ってからも読み続けているのは、『水滸伝』(by 北方謙三)。文庫で19巻完結となっています。フランスへは3冊持って行きましたが往復の飛行機やホテルで読んでしまいました。おもしろくてやめられません。登場人物がみなかっこいいー黒ハート108人の主要登場人物、とても映画化は無理だろうなぁとは思うのですが、心の中で、この役はあの人、あの役はこの人、って俳優さんや、身近なお友達など、勝手にあてはめて読んでいます。


☆おしらせ
BSSラジオ『今日もハレルヤ』、来週の月曜日、26日の朝、ひと月ぶりにまた登場いたします。ご都合のつく方は聞いてくださいねー。


☆☆コロちゃんへ
フランスでは、たいへんお世話になりました。わたくし初めてのことで、なにかと不慣れなツアーでしたが、コロちゃんくーちゃんの存在が場をなごませてくれて、緊張をやわらげてくれました。ありがとうー黒ハート飴屋さんの存在感にも終始圧倒されっぱなしでしたよー。空港で犬をけしかけられていたのには、ウケました。あはは。またお会いできるといいなと思いまーすぴかぴか(新しい)
2008-05-20 18:00 この記事だけ表示   |  コメント 5
unnnannbutaiaisatsu晴れ晴れの松江です。昨日の朝成田に着いてみんなでお別れの食事をして(すかさず蕎麦屋にはいりました。わはは。日本時間は朝でしたが、みなカツどんとか、めかぶそばとか、天ぷらそばとか食べていました。)、その後解散。お別れが辛かった〜(涙)。それからハマダはひとり羽田まで行って、もう一度飛行機に乗ってまっすぐ松江に帰ってきました。味噌汁のみてぇーと思っていたので、夕ご飯にお味噌汁や黒豆の煮たのとかが出てほっとしました。わはは。たったの10日間のことなのに、白いごはんが恋しくなるなんて、やっぱり日本人なんだわねぇ、わたくし。とはいえ、フランスの食事はおいしいし、なにしろ量が多いので少し体重が増えてしまいました。これからダイエットしないと。


さてさて、うちに帰ってきてから、ぼうっとニュースを見ていたら、映画『うん、何?』の宣伝が!ああ、そうでした、今日から松江で公開になるのです。舞台挨拶に来てくれと誘われていたけれど、帰ったばかりで体調をくずしたりしていたらいけないしと、きちんとお返事をしていませんでしたが、夜ぐっすり寝て、朝起きてみたら意外と元気。舞台挨拶はしなくとも、公開初日のおめでとうを監督さんに言いに行こうと思い立ち、あわてて用意して、松江サティに行ってきました。


今日は、錦織監督さんに加えて主演の橋爪遼くんと、それから遼くんのお母さん役をなさった宮崎美子さんもいらしているので、拝見できればと思っていたら、会場には音楽プロデューサーのノグチアツシさんもいらっしゃって、みなでわいわいお話をしているうちにあれよあれよという間に、舞台挨拶に立つことになってしまいました。照れるー。宮崎美子さんが美しい〜ぴかぴか(新しい)(顔がちいさい〜〜〜揺れるハート)。遼くんかわい=黒ハート。というわけでしどろもどろの挨拶になってしまいました。これから映画は松江、益田、そして順次全国各地に広がっていくのだと思います。楽しみ〜。9月には、ノグチアツシさんと映画公開記念のコンサートもいたします。映画もコンサートも、どうぞお出かけくださいね。というわけで、そのあと、FM山陰のおがっちさんやみなみん、それからノグチアツシさんと、焼肉やさんでランチをしてしまいました。ダイエットは明日からってことで。


☆さてこのたび、フランスという遠い地で歌を歌ったことで、いろいろなことを考えました。大友さんのブログでも、大友さんのお考えを知ることができますが、今回2箇所で行ったライブのお客さまの反応の違いはとても印象的でした。世阿弥の書に『風姿花伝』というのがあって、わたしがいつも心のよりどころにしているのですが、このたびの経験はその中の一節一節を思い起こさせ、やはり本質にまっすぐ向かうことしかないのだなぁと背筋が伸びるようでした。うまく説明ができませんが、何かが伝わるか伝わらないかということ、あるいは自分の信じる本質にせまれるかせまれないかということは、それはたとえば歌う言語の問題でもなく、スタイルの問題でもジャンルの問題でもないのでしょう。あえていえば、まずは演奏者の核となる姿勢の問題なのでしょう。そういう意味でわたしは、もしかしたら、欧州での大友さんの何度目かの歴史的実験の瞬間に立ち会えたのかもしれないなぁとうれしく思います。(すみません、意味わからないですね、ひとりごとみたいになってしまいました。ごめんなさい。)
2008-05-17 16:13 この記事だけ表示   |  コメント 9
マルセイユライブ.JPGおはようございます。鳥の鳴き声で目がさめました。今日のマルセイユは快晴です。昨日とおとといはちょっと曇って時々雨もぱらついたのですが。今日はわたしはオフ日なので、朝からうろちょろ歩き回っています。マルセイユはナンシーとは違った魅力を持つ町です。世界遺産や、教会といった歴史的建造物だらけのナンシーは上品な町という印象ですが、マルセイユは、港町だけあって少し猥雑な感じもして、その分町の人々も陽気でフレンドリーな感じがします。


今、泊まっているのは、ホテルではなく、ライブホールの横の宿舎のようなところ。これがまた、古い建物をいかして作ったような趣のある建物群で、ライブをするためのホールとバーと、レコーディングスタジオとそれから出演者や関係者のための部屋がまとまってあるのです。数ある部屋のなかの一つがわたしに割り当てられて、今となっては「住まい」になっています。部屋といっても日本で言うところのホテルというよりは、ウイークリーマンションのようで、それぞれに家具や食器や調理道具もあったりするので、アパートを借りているような気になっています。


わたしのお向かいさんはSachiko Mさん。下の住人は大友さんにエンジニアのザックさん。隣の棟にはあとのみなさんが「住んで」いらっしゃいます。お昼には中庭でいっしょにランチをとったりするので、なんだかミュージシャン村に暮らしているようです。山本さんが、「銀月荘」みたいやなーと言っておられました。寝る場所も音楽を作る場所もライブをする場所もぜんぶ一箇所にあるのですから、ミュージシャンにとっては、うらやましい環境にあることこの上なく、大友さんはじめ、みな口々に日本にもこういうところがあればいいのになぁと感動しておられました。


昨夜のライブはとても楽しかったです。ミュージックフェスのお客層とはまた違ったみなさんに来ていただけて(たとえば近所の家族づれとか、「どんな音楽やるの?」みたいなおじさんとか)おもしろかったです。これでツアーが終りだからなのか、みなはじけてました(ぷ)。ああ楽しかった。このツアーに参加させていただけてわたしはしあわせだなーと思います。誘ってくださった大友さんには、足を向けて寝られやしない(寝るけど)。感謝です。


長くなりました。ではでは、ひきつづき町をうろちょろしてみたいと思います。明日帰ります。寄り道しないで一気に松江まで帰ります。帰ったらまたブログ書きましょう。ではね〜。
2008-05-14 22:19 この記事だけ表示   |  コメント 1