視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う
appare.jpgあたたかい日が続いて、桜前線も順調に北上していますね。いかがお過ごしですか。松江も先週開花して、あちこちで花を見ることができるようになりました。山肌が桜色にそまっていたりして、ドライブも楽しです。お花見には行かれましたか?今日の松江は午前中に雨が降りましたが、既に止んでいます。午後から玉造の桜並木を見てきました。すごくきれいだったわ〜。


先週末、春の陽気に誘われて、妹と一緒にお城のあたりへお花見をかねて武者行列の見物に出かけました。お天気が味方して、風もなく、まさに行列日和でした晴れ少し日焼けをしてしまったかもしれません。行列はカラコロ広場の近く、京橋の上でみましたが、素敵でしたよう。一般公募で選ばれた200数十名のみなさま、武者の装束をつけて、弓や槍や刀を携えて立派に歩いておられました。笛と太鼓の音もいい感じでしたねぇ。松江開府の時のお殿様、堀尾吉晴公が馬に乗って現れた時は感動しました。あっぱれでございましたよ。松江城の馬溜(うまだまり)のところで松江のキャラクター「あっぱれくん」を見つけたので、一緒に写真を撮ってもらいました。


それにしても、松江開府400年祭を機にスタートした「きもの都(まち)プロジェクト」が少しずつ定着しはじめているのか、着物姿の方もたくさん見かけました。男性の方も多くてなかなか素敵です。「松江きもの歩き手帖」というのをいただいたので、これを持ってまた出かけてみようと思います。


さて、それではハマダ、そろそろツアーに向かって荷造りに入らねば。10日あまりの長旅の荷物をいかにコンパクトにまとめるかが、このたびの課題です(押忍!)。お会いできるみなさま、どうぞよろしく。楽しみにしておりますよぅるんるん
2008-04-07 15:01 この記事だけ表示   |  コメント 7
sakuranezumi.jpgおはようございます。昨日は一日中雨でしたが、今は少しずつ日がさしてきました。予報はこれからまた雨。東京の桜がみごとに満開になっているのをニュースで見ました。お花見シーズン到来ですね。松江の桜はつぼみはかなりふくらんではいますが、いまだ開花せずで、お花見ができるまでにはもうしばらくかかりそうです。待ち遠しいなぁ。今週末には松江では武者行列がお城のまわりであります。行列で歩くみなさんの上にちらほらと花びらがふりかかるなんてことになったら素敵でしょうね。晴れるといいですね。


さて、明日から四月です。いよいよライブが近づいてきたわいとあわてています。今回は15日からのライブハウスツアーの前、大友良英さんの新宿ピットインでの2デイズライブ(4月10日、11日)の11日の部にちょっこし参加させていただけることになったので、上京は少し早めにいたします。大友さんは欧州ツアーからもうお帰りになったのでしょうか(お疲れ様でーす)。なんか、いろいろどきどき〜がく〜(落胆した顔)


BSS(山陰放送)ラジオの朝ワイド番組『今日もハレルヤ!』(月から金朝8時20分〜10時45分)に、ハマダも時々電話出演することになりました。「ブログに書いているみたいなことを話してねー」と月曜火曜担当の板井文昭アナにお誘いをいただきました。そんなよしなしごとでいいんですかーーーーとか、あたしって朝の声ですかーーーー、とかいろいろ思ってはみましたが、おもしろそうなのでお引き受けいたしました。ライブで留守にしたりすることもあるので、毎週というわけにはいきませんが、神出鬼没な感じで現れたいと思います。おしゃべりの時間は5分程度です。曲もかけていただけるので、リクエストやお便りなども番組あてにお送りくださいね。お知らせが間に合いませんでしたが、今朝がはじめての登場になりました。聞いたという方、ありやなしや?次は、ええと、ツアーから帰って来たあたりになるのかなぁ。ブログの更新とタイミングが合えばお知らせをしたいと思っています。


☆今はもうない『ちりとて』
先週の土曜日、ついに最終回をむかえてしまいました。放送後いろいろな方からメールをいただきました。ふちがみとふなとのじゅんちゃんにもメールして、ともに悲しみました。いやーでも、ほんとにおもしろかった。今はただただ脱力、放心状態。これからどねしよう・・・。続編があるのでしょうか。これからはそれを頼みに生きることにします。


☆☆写真はうちの近所の桜の木。この桜の木はあたりのどの木よりも早く花を咲かせるのですが、今年はいまだひとつの花もつけておりません。青空をバックに満開の花を写してさながら遠山の金さんか、鬼平犯科帳のエンディングシーンのような春らんまんのブログ画面を演出したかったのですが、昨日の撮影時には松江には冷たい雨がしとしと降っておりまして、灰色の空につぼみの枝は、なんだか水墨画みたいだわ・・・。カラー写真なんですけどねぇ。
2008-03-31 10:08 この記事だけ表示   |  コメント 2
ozashiki.jpgおはようございます。雨の松江です雨。お彼岸も過ぎ、降る雨もあたたかく感じられる頃になりました。またあたらしい週がきましたよ。いかがお過ごしですか。うちのみねっち、卒業式を終えてから遊んでばかりおりましたが、四月一日の入社式を前に、そわそわ落ち着かない心持がしてきているようです。わたくしは小唄の会も無事終えて、やっと本格的にライブに気持ちを向けていまするんるん


先日の小唄の会は、近しい方々のみをお呼びしたこじんまりとした会でしたと、終わってみるとそんな風に言ってみたりもするのですが、とても緊張していて前日はなかなか寝付けず、当日は朝早く目覚めてしまいました。徒然亭で言うと、小草々といった新参者のわたくし、お茶をこぼしたり、着物のすそをふんずけてすっころんだりとかいったそそうをしたらどうしましょうと、会場へはカチコチになって行きましたが、先輩方が親切にしてくださって、とても楽しい会となりました揺れるハート

ハマダの初高座も(ぃゃぃゃぃゃ、ちがうから)、唄い初めもなんとかできましたし、たくさんのうるわしい着物姿を見ることができたし、よい歌もたくさん聴けたし、若草色の着物をしゅっと着こなされたお師匠さまは粋でかっこいいしで、入会時期が同じのふたりのお仲間たちと、もっと練習してレパートりーを増やしましょうねと、またまた決意をあらたにしたのです。仲良しのお友達も応援団となって聴きに来てくれて座のいろどりとなってくれました。どうもありがとねー。写真はそのお友達が撮ってくれたもの。新人の三人組でーす。(「かしまし娘」みたいだといわれました。わははは。ハマダ神妙な顔しとりますたらーっ(汗)


☆本日のちりとて
半年間楽しませてもらった、『ちりとてちん』もいよいよ最終週。ぅぅぅ。言葉もありません。さみしーもうやだ〜(悲しい顔)
2008-03-24 09:51 この記事だけ表示   |  コメント 5
朝の濃い霧が晴れたら、青空が見えてきました。今日もよいお天気になりそうです晴れ。気温も少しずつ高くなって、厚手のコートやセーターはそろそろ片付けなければいけないかなぁとか、でも、朝晩はまだ冷えることもあるかしらんと毎日天気予報と気温予想を見て洋服の入れ替えのタイミングをうかがっています。いかがお過ごしですか。


先週はわたくし、予定がたくさんあって、少々忙しゅうございました。といっても、お仕事ばかりではありません。松江バースデイでのノグチアツシさんのLIVEを見に行ったりもしましたよ。とても楽しかった。角松敏生さんと斉藤きよし(別名しんのすけ)とノグチさんの三人の出演でしたが、三人の男子のキャラのコントラストがおもしろかったです。男版キャンディーズみたいでした揺れるハート


東京へもちょいと行ってある企画のためのレコーディングをしてきました。ある企画、それはとてもおもしろい企画なのですが、なにしろシークレット企画なのだそうで、詳しく書けないのが残念。ボトルに手紙を入れて海に流すようなのんびりした企画だなぁと、こっそりいたずらをしかけた子供のような気持ちになっています。そのうちどこかから私の歌声がみなさまのお耳に入りましたなら、ヨロコビ至極でございます。よくわからないお知らせですが、どうぞお楽しみに(?)たらーっ(汗)


☆今週末はいよいよわたくしの小唄デビューの日です。のびのびになっておりました小唄の会の新年会が、市内の料亭で催されることになったのです。三味線で一曲、唄で一曲の計二曲を演奏するだけなのに、もーわたくし、口から心臓が飛び出しそうでござんすよるんるん


☆☆かえるさんのブログを拝見したら、「から」と「ので」という言葉についての考察がありました。「〜したから、〜した」というのと「〜したので、〜した」という文章のもつニュアンスの違いということについて。「から」のほうには責任(そして原因)を帰属させるニュアンスが強いということが書かれていて興味深いと思いました。日本語はちっともあいまいな言語ではありませんね。出雲弁では、そういう場合、どちらにも「けん」という言葉を使うように思います。「〜したけん、〜した」というように。どちらの色合いが強いかということは、聞き手が察するか、あるいは、話し手が「けん」にアクセントをつけるか、ということではないかと思います(「こそ」をつけることもできまする)。アクセントをつけて強調するのは、英語みたいですし、察することはいかにも日本的ですし、とてもおもしろいと思います。『ちりとてちん』に出てくる小浜の方言は、「〜するでぇぇ」と話され、それは、なんとなく強勢のアクセントのようで、わたしにはいつも何かを説明しているよう、あるいは、話しながら意識が前に戻ってくるように聞こえる気がしていたのは、そのせいだったかもなんて思いました。なぁんてことを考えていた「ので」、昨夜は夜がどんどん更けました。
2008-03-17 10:40 この記事だけ表示   |  コメント 4
matatabi.jpg晴れ春の日差しは、冬の晴れの日のものとは違いますね。今日はおだやかに晴れて、気持ちがいいです。散歩したら、日焼けするでしょうか。いかがお過ごしですか。土の中から出てきた虫たちのように、わたしもそろそろ始動で、ごそごそ動き出しています。娘が卒業式を終えたので(お祝いのことばをいただきましてありがとうございます)、今度は就職への準備や、免許を取ったばかりの車(セダン)車の運転に付き合わされて(こわい〜〜〜〜がく〜(落胆した顔))、どきどきわくわくの毎日です。

足足ツボの先生に教えてもらったのですが、冬の寒さで体のしんはぎゅっとかたく縮んでいるけれど、春になると体が勝手にゆるんでくるのだそうです。縮んだ筋や骨格や内臓が、中からじんわりゆるんでくるのならよいけれど、体のしんは縮んだままなのに、外側から先に無理やりゆるんでくるから、いろいろ不調がおこりやすいのだそうです。そのイメージは頭の中に描きやすいですね。なんか、中と外とにすきまが出来る感じ。なので、そこへ、風邪が入ってきたりして、お腹をこわしたり、ぎっくり腰や、筋を痛めたりということが多くなるのでしょうということでした。なるほどなるほど。中から温まって、ゆっくりゆるまないといけないですね。中から温まるには、どうすればいいのでしょう。やっぱり運動かな。今日は散歩日和くつ
 それにしても、意識より先にゆるむ体はどうやって春の訪れを知るのでしょうか。日差しの明るさとか、温度とかでしょうか。体内時計ですね。不思議だわ〜。

☆急なお仕事が入って、東京へ行ってくることになりました。なので、毎度おなじみの股旅マーク。今年は何回これを使うことになるでしょう。わははは。

☆☆今夜はノグチアツシさんの松江バースデイライブです。角松敏生さんプレゼンツなので、角松さんとのセッションも楽しめます。楽しみですね〜るんるん

☆☆☆お知らせ。今週の金曜日(3月14日)夜7時から、FM山陰にて、『おがっちのレトロ本舗』に出演いたします。どうぞ聞いてくださいね〜。

☆☆☆☆山陰放送ラジオ『谷口あつしのラジオマンデー』を聞いて下さった方ありがとうございました。調子に乗って、ハマダ、とばしてましたねー。あははは。二週にわたっておつきあいくださった谷口あつしアナ、ありがとうございました。そろそろイタリアの旅からお帰りでしょうか。お疲れさまでーす。

2008-03-11 10:25 この記事だけ表示   |  コメント 3
bunraku-senbei.jpg行く、逃げる、去る。昔の人はうまいことを言ったものだと感心します。とりたてて何をこうしたああしたという実感のうすいまま、今年もはや三月になってしまいました。いかがお過ごしですか。先日は夜中から明け方にかけて雨と風と雷でやかましいこと、ひょっとして春一番だったりしてとぼんやり考えていたら、はたしてそれが春一番だったとあとで知り。昨日と今日は比較的おだやかであたたかい松江ですが、明日の予報は大きな雪マークで、さながら三寒四温を絵に描いたようです。行ったり来たりしながらゆらゆら春は近づいて、花粉は飛ぶやら、昨日あたりからは黄砂も飛んで車がきちゃないったらありゃしない。ひな祭り、梅の花、花粉に黄砂、そして文旦。春が来たって感じるのはどんなときですか。


ぴかぴか(新しい)母といっしょに文楽の公演を、出雲は大社のうらら館に観に行ってきました。あぁ、すばらしかった揺れるハート昼と夜の二回公演が行われ、わたしたちが観たのは昼の部の『近頃河原の達引(ちかごろかわらのたてひき)』の「四条河原の段」と「堀川猿廻しの段」、そして『義経千本桜』の「道行初音の旅」、春らしいはなやかな演目でした。お人形のかわいらしさ美しさは言うまでもなく、浄瑠璃の語りも朗々と、また三味線のでんでんが体に響いてふんわり夢心地でした。物語に引き込まれて泣いたり笑ったりしたのはもちろんですが、この日のために予習のつもりで読んでいた有吉佐和子さんの『一の糸』を思い出して、粛々と芸をなさる人形遣いの方々や、語りの太夫さんや三味線さんの修行のご苦労や舞台裏などを想像したりして胸が熱くなりました。文楽を生で観るのはわたしも母も初めてでしたが、とても楽しみました。帰りの車の中で母が何度も何度も「すてきだったねぇ、すごかったねぇ」と繰り返していました。るすばんのみねっちにお土産をと文楽せんべいを買いました。


さて、みねっちといえば明日は卒業式。これでいよいよ学生生活とさよならです。親としてはちょっぴり肩の荷がおりたようで、ほっとしています。なぁんて、えらそうに。まぁ、ほんとのことを言えば、母や妹や周りの人、そしてみねっち自身に頼りっぱなしで、わたしはなんにもしていません。肩に荷が乗っているという自覚さえあんまりなかったのではないかと思いますし。むしろわたしが育ててもらったのじゃないかと今にしては思うわけです。それでも、長かったかと問われれば長かったとこたえましょうし、あっという間でしたかと問われればあっという間でしたとこたえるようでもあり、今となってはよくわかりません。こういうわからなさをきっと感無量というのでしょうね。


☆ライブツアーのチケットを草々に、いや、まちがえた(とかね、ちょっと書きたかっただけ)、早々に手配いただいたみなさん、ありがとうございます。お会いできることを楽しみにしておりますよーハートたち(複数ハート)


☆☆お知らせ
先日もお知らせしましたが、今夜9時からBSS(山陰放送)ラジオにて「谷口あつしのラジオマンデー」に出演いたします。山陰地方のみなさま、お時間がありましたらどうぞ聞いてね〜るんるん
2008-03-03 13:22 この記事だけ表示   |  コメント 7
cup.jpg早いもので、二月の最終週に入りました。このごろは一週間の内にコートもいらないほどあたたかい日があるかと思えば、翌日には吹雪いてみたりで、気温の変化についていくのが大変です。いかがお過ごしですか。体調をくずしてはいませんか。わたしは元気ですよ。四月からのツアーに向けてそろそろと準備もはじめています。それぞれの場所で、どんなみなさんにお会いできるのか、どきどきしながらとても楽しみにしていまするんるん


黒ハートだいすきな、『ちりとてちん』も、あとひと月ほどで終わってしまいます。先日もふちがみじゅんこさんと(あ、じゅんちゃん、書き込みありがとー!こちらこそまた追っかけしまーす手(グー))「4月から何を楽しみに生きてゆけばよいのか」と、ともにため息をつきました。昨夜は草々さんが夢に出てきて、何か話しかけられたのだけれど、緊張して話ができませんでした。くぅー。せめて夢の中くらいは緊張せずに過ごしてみたい、そんな残念なハマダです。


くつ吹雪と吹雪の間の日、お天気のよい日に宍道湖のほとりを散歩しました。湖面にはたくさんのカモが見えます。ぼんやりと歩いていて、カモが鳴くことを知りました。はじめは気のせいかと思ったけれど、三回くらい聞こえたので、多分そうなのでしょう(三回とも気のせいということもありますが)。カモは「きゅうぅ〜〜〜」と鳴くのです。「きゅうって君、」とひとりで湖に向かってツッコんでみました。


喫茶店ときたま寄るカフェで、ラテを注文して本を読みながら飲んでいたら、カップの内側に年輪のようなあとがついていました。まるで目盛りみたいに、線があんまりきれいについたものだからおもしろくて写真を撮ってしまいました。マウスフルというわけではありませんが、ひと目盛りがわたしのだいたいの一口サイズです。特に知りたくもない情報でしょうけれど。


本図書館で借りた本の中で、おもしろかった二冊。『サックス医師の平凡な日常』(by マルタン・ヴァンクレー)と、『ペンギンの憂鬱』(by アンドレイ・クルコフ)。後の一冊は、特に楽しみました。憂鬱症にかかっているペンギンと暮らす売れない短編小説家の話。その小説家の男はお金をかせぐために、まだ死んでいない人の、新聞の死亡記事を先に書いておくという仕事をするのですが、なんだか設定といい物語のすすみぐあいといい不思議な(変な)話で、けれどその不思議さに違和感がないのです。そこが素敵なところ。
2008-02-25 17:50 この記事だけ表示   |  コメント 8