浜田真理子オフィシャルブログ「本日のハマダマリコ的こころII」

視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う

あたたかい日、松江は桜の開花が宣言されました。これからじょじょに咲いていくのでしょう。沿道の桜を見て車を走らせるのもお楽しみです。あ、でも、このごろなんだか車が多いような気がします。渋滞することもあるし(ま、渋滞といっても10台くらいですが)。花に見とれて運転ミスなどしないようにしないといけませんね。

さてさて、Love&peaceさん、「松江の空を眺め、名曲「水の都に雨が降る」を聞きながら号泣する22歳男2人ツアー」って、なんだかかわいらしいですね。ようこそようこそ。松江は観光地なので、ガイドブック(とかタウン誌とか)がたくさんあるので、本屋さんにとびこんで、それらをお買い求めになれば、小さな町なので、たいていのことはわかると思いますよ。ハマダは、お店をあんまり知らないので紹介できませんが、宍道湖のほとりにこしかけて、ぼーっとしたりするのはいかがでしょうか。爆笑ツアーになることをお祈りいたしますとお友達にお伝えくださいな。

2007-03-26 21:11 この記事だけ表示   |  コメント 2


今日も松江はうららかな日でしたが、大きな地震が石川県地方であったそうで、びっくりしました。被害も出ているようなので心配です。近くに住むお友達に連絡をしたら、だいじょうぶだとのことでしたが、余震もあるので、気をつけてくださいね。

辰年の女さん、さとさん、初めまして。書き込みありがとうございます。さとさん、選曲ですね。えーっと、何がいいのかなぁ。どんなシチュエイションで歌うのかしら。なんでもジャズだと思って歌えばそれはジャズなんではないかとも思うけれど、そういう問題ではなさそうですね。わはは、ごめんなさい。ジャンル分けをすることは、ハマダが一番ニガテなジャンルなので(ぃゃぃゃぃゃ、)。それでは、いっそわかりやすく、「ジャズヴォーカル」と書いてあるコンピレーションのアルバムを聴いてみたりして、気に入ったのを歌われるということにしたらどうでしょうか?何の曲にしたか、また教えてね♪

☆写真は、父のところにいる猫。白と黒の模様がなんだか牛みたいなんだけど、頭のところはまるでまんなかで分けた髪の毛みたいになっています。

2007-03-25 22:22 この記事だけ表示   |  コメント 5

おはようございます。春雨が降っています。風も少しありますが、気温が高いので、桜もよい具合に咲く準備をすることでしょう。桜の咲く条件のひとつに、直前に雨が降ること、というのがあるそうですから、そろそろですね。春になると、朝から晩まで、桜がどうしたこうしたとあちらこちらで話題になる日本という国はおもしろいですね。桜が好きなのか、春が好きなのか(花見が好きなのか)ですね。

さて、昨夜の『レトロ本舗』をお聞きいただいたみなさま、どうもありがとうございました。おがっちと安来のおじの絶妙なコンビのかけあいの中に混ざって口をはさむというのは、たいへんに難しいことだなぁと思いました。おふたりのやりとりはまるで、餅つきのようで、ボケとつっこみ具合が餅をつく人、餅をひっくり返す人のようにリズミカルに入りますので、さらにその間を縫って何かをするのは至難の業であるなぁということを考えさせられました。とはいえ、ほんとうに楽しゅうございました。コンサートの宣伝もたくさんしていただき、ヒデキ感激です。くもすけさん、あれは、『あざやかな場面』という曲で、岩崎宏美さんの歌の中ではわたしが一番好きな曲です。

デーモンさん、お久しぶりですねー。漱石さんですか。読書の春、いいですねぇ。わたしは『こころ』は好きですよ。でも、つまらないと感じたなら、読むのをおやめになったら?好きなものを読むほうがたのしいですし。ディケンズは連載小説で人気になられた人だから、最後まで飽きさせずおもしろく読ませてくれるのでしょうね。たいていハッピーエンドだし。個性的な脇役がたくさんでてきて、あーこういうやついるよなーってうなずきながら読んでしまいます。そのせいなのか、映画化されている作品も多いですね。わたしは、相変わらず白洲正子三昧です。そうしてきっと、青山二郎や小林秀雄をもっと読むことになって、西行にたどりつくのではと思われます。やっぱり、目についたものを思いつくままに読んでいるようでも、結局自然と選ぶテーマは旅になってしまうようです。

2007-03-24 11:01 この記事だけ表示   |  コメント 5

なんとよい天気。ぽかぽかと、うらうらと。そんな陽気だっていうのに、部屋でブログを書いているわたくしですが、お知らせもせんければと思いますので。今夜7時、FM山陰にての『おがっちのレトロ本舗』に出演いたしますので、電波の届くみなさまはどうぞ聞いてくださいね。そほどです。

2007-03-23 14:24 この記事だけ表示   |  コメント 5

東京では、桜が咲いたと、ニュースで言っていました。松江の開花予想は28日ですって。ソメイヨシノは28日だけど、千手院のしだれ桜は今日咲き始めたとのこと。楽しみです。会社の帰りに、桜の便箋を買おうと文房具やさんに行ったのですが、お金を払おうとして財布に300円くらいしかないのに気づいてびっくり。そういえば、昨夜みねっちが、新学期の教科書代をくれ、と言って、そんなことは前の日に言われても、お手紙渡したでしょ、ぅ、読んでなかった、みたいな会話をかわしてお金を渡してしまったら、残金が300円になっていたということをころっと忘れていました。財布を忘れたゆかいなサザエさん、ではありませんが、なんでもころっと忘れるゆかいなハマダさんは、しょっちゅう立ち寄るのですっかり顔見知りになった文房具やさんの店員のアイコさんに、ツケでいいですよ、と言われたのだけど、さすがに588円をツケて帰るのもなんなので、っていうか、ツケなんて嫌なので、ちょっとお金銀行でおろしてくる===っと風のように去って、また戻って便箋買ったの、桜の。

2007-03-20 23:11 この記事だけ表示   |  コメント 6

夕方近くから、雨がぽつぽつと降ってきました。明日は、甥っ子の小学校の卒業式だと、妹がさわいでいましたが、晴れるといいなあ。みねっちが小学生のときの卒業式では、入場行進の音楽を聞いただけで、涙がとまらなくなってしまって、他のお母さんに笑われてしまいましたが、妹はだいじょうぶかな。先日、DVDで、『スーパーサイズミー』というドキュメンタリー映画を観ました。おそろしいほどの衝撃でした。さて、Nomzieさん、わたしはこのごろは、白洲正子さんの著作をいくつか読んでいるところです。お能に関することなど、たいへんにおもしろいなとわたしは感じるのですが、でも、好みの問題かもしれないので、おすすめできるかどうかわかりません。あ、そうだ児玉清さんの『寝ても覚めても本の虫』という文庫本もおもしろかったです。読書家で知られる児玉氏の本(や映画)にまつわるエッセイなので、もしも冒険やサスペンスものがお好きでしたらガイドブックになるかもしれません(わたしには、知らない本がほとんどでした。てへ)。

2007-03-19 19:12 この記事だけ表示   |  コメント 6


お天気はとってもよかったのですが、寒いです。お天気キャスターは春と冬の季節の順が逆になりましたと言っていました。まじですか。春夏秋春冬ってわけですか。とかなんとか、冗談はさておき、今日は安来のおじの自宅スタジオへ行って、音源づくりをしてきました。来週のFM山陰「おがっちのレトロ本舗」に出演することになりましたので、その準備です。おがっちさんの差し入れの手作りケーキを食べたりしながら(すごくおいしかったです。)、録音をしました。なかなか素敵な音源になったと思います。またまた山陰地方限定で、申し訳ありませんが、23日の放送よかったら聞いてくださいね。

☆安来のおじ、は、名曲「水の都に雨が降る」を作った人で、ハマダの地元のミュージシャン仲間であります。おがっちさんは、小片悦子さんといって、FM山陰のパーソナリティで、安来のおじと二人で『おがっちのレトロ本舗』という人気番組を持っておられます。という、蛇足な説明を一応念のため。

2007-03-17 19:46 この記事だけ表示   |  コメント 5