視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う

ふすまを開けたら、畳の上のちゃぶ台に向かって正座をして、何か作業をしている後姿のバッハさんがいました。バッハさんって、作曲家の、あの、バッハです。あの大きな白いかつらの、音楽室に飾ってある肖像画で見たようないでたちの。そのバッハさん、見ると、右手に羽ペン、左手には、竹で作った30センチものさしを持って、一生懸命何か紙に線をひいています。「あら、バッハさん、また作曲ですか?」と、背中越しに声をかけながらちゃぶ台の上の紙をのぞきこんでみると電車のダイヤグラムみたいな線と数字がたくさん書いてあります。顔もあげないで、「そうなんですよ、今ね、対位法を使って曲を作っているんですよ」と穏やかにこたえたバッハさんの声に聞き覚えがあったので、え?と思って、はじめて顔を見ると、そのバッハさんは、岸野雄一さんでした。
というへんな夢を見ました。おもしろいので、起きてからもずっとへらへらしていました。

☆東京では初雪が降ったと、ニュースで言っていましたが、全国的にまだまだ寒いですね。お天気はよかったのですが、今日もまだ風が冷たい松江です。さて、今岡弘義、南さやか両アナウンサーがパーソナリティをつとめるFM山陰の番組『ミュージックアパートメントパピヨン』に出演してまいりました。出演時間はほんのちょっと、15分足らずでしたが、番組あてにメールもいただきありがとうございました。収録後いっしょに写真を撮ったので、載せておきます。あ、そうそう、カラーコンタクトレンズは、気分でいろんな色を使っていますよー。

2007-03-16 18:15 この記事だけ表示   |  コメント 1

ここへきて、急ぎすぎた季節を調整しているのでしょうか、相変わらず寒いのだけれど、強い風はやんだみたいです。久しぶりに凪いだ宍道湖を見ました。大橋川の水面も鏡のようで、静かにゆっくり流れていきました。でも桜は当分まだみたい。だがやさん、そうだった、5周年でした。早いものです。覚えていてくださってありがとう。冒険につぐ冒険で、いろんなことがあって、5年前が昨日のことのようでもあり、ずっと昔のことのようでもあり。さまざまな出会いもお別れもありましたが、なんか、楽しいことしようよ、っていうキモチは(社訓のようなもの)ぜーんぜん変わっていないように思います。応援してくださるみなさん、お世話になったみなさん、この場をかりてお礼を申し上げます。どうもありがとうございます。これからも進化する美音堂(うふふ)を、どうぞよろしくお願いいたします。ハマダも看板娘としてがんばります(ぷ)。どうぞ今後ともごひいきに。

2007-03-13 19:53 この記事だけ表示   |  コメント 2

ああ寒い。この寒さはほんとうに、寒いの寒さなのか、それとも、春になった、三月になったと油断しているから寒いような気がするの寒さなのか、いったいどっちなのか、などとぐるぐる考える今日このごろです。ひょっとして、2月の気温よりも3月に入ってからのほうが低いのでは、なんてことも疑ってみるのですが、調べたわけではありません(ただの愚痴です)。ただただ、ぽかぽか陽気が待ち遠しいです。

沖縄のリナさん、初書き込みありがとうございます。さすが沖縄、もう葉桜でしかもつつじ祭りですか。ひゃー。北海道や東北地方では雪が降っているようだのに、ほんに日本は広いですねぇ。ハイビスカスとローズヒップ入りの赤いハーブティーを飲みながら、沖縄の桜を想像していまます。いつか歌いに行けるといいですねぇ。

さて、卒業のシーズンですが、来年の今頃にはうちの娘も高校を卒業(多分)するのかと思うと、たいへんにしみじみします。涙、涙の卒業式になるのじゃないかしら。でも、卒業したからといって、子育てに終わりはなく、わたくしがいまだに母にあれやこれやと世話をかけていることを思えば、その道のはてしなさに気が遠くなります。

2007-03-12 19:00 この記事だけ表示   |  コメント 3

おはようございます。今日の松江は、寒いです。なかなかすっかりしっかり暖かくなりませんねぇ。それでも、桜前線はいつもの年より早く動いているみたいですね。あなたの町の桜の蕾はどのくらいふくらんでいるのでしょうか。楽しみですね。このごろは、たくさん映画を見ています。この調子なら、年間100本見ることができるかもしれないわ、わはははははは(暇な証のようですが)。何を見たのか、かたっぱしから忘れていくので、本同様、ノートにつけてみることにしましたよ。昨日のお昼間は中村錦之助さんの「一心太助」、夜には市川右太衛門さんの「旗本退屈男」を見ました。なんか、着物がすごくカラフルできれい。歌があったり、踊りがあったり、祭りのシーンがあったり、ストーリーはそんなに複雑ではないのですが、当時の時代の勢いとか映画産業の勢いみたいなのが画面から飛び出して感じられるようで楽しいキモチになります。

☆山陰中央新報(新聞)の取材をうけました。そのうち記事が載るかもしれません。よろしく〜。

2007-03-11 11:47 この記事だけ表示   |  コメント 2

春になったかと思ったら、今週に入ってからまた冬が戻ってきて、寒くて風の強い日が続いています。昨日も今日も雪がちらちら舞っていましたよ。明日は少しやわらぐようですが、気温の急変についていくのがたいへんですね。お元気ですか?わたしは元気元気。今年の音楽活動の準備を少しずつしているところです。更新が滞っていた期間限定の音源も近々アップしますので、お楽しみにー♪

☆FM山陰ラジオ番組に出演します。3月16日(金)『ミュージックアパートメントパピヨン』(13:00から18:55)で13:30ごろから15分程度です。平日なのでなかなか聴くのにはきびしい時間帯ですが、もしも車に乗っていたりするのなら、チャンネルを合わせみてちょんまげ〜。

2007-03-08 20:12 この記事だけ表示   |  コメント 2


この春一番の気温となって、松江も20度をこえました。薄いコートもいらない感じで、日焼け止めを塗って出ればよかったと思いました。さて、今朝は、霧の9号線を走って、ラジオ番組に出演するため、米子の山陰放送まで行ってきました。ドライブ日和でしたけれど、スピード違反の取締りをしていたので、びびりました。安全運転でのんびりといきましょう。

ラジオを聴いてくださったかたどうもありがとうございました。パーソナリティの板井さんとともに、10時過ぎから、番組終了までごいっしょさせていただきました。番組終了まぎわの競馬予想のコーナーで、わたしも予想をすることになりましたが、競馬のことはなんにもわからないので、名前で選ばせてもらいました。わたしが「女の勘」で選んだ、ドリームジャーニーは3位だったそうですね。いいのか悪いのか、まぁ、わたしの勘もこの程度です。ふふ。番組あてにリクエストやメールもいただきありがとうございました。ロビーにあったラッテちゃんの写真を撮ってきましたよう。パーソナリティの板井さん、どうもお世話になりました。トークのBGMに「鬼平犯科帳」の音楽をかけてくださる遊びごころ、喜びました。おかたじけ、でございます。

2007-03-04 20:13 この記事だけ表示   |  コメント 3

よいお天気でしたが、期待したほどのあたたかさではなかったので、ビデオやさんに歩いて行く道すがら薄着を後悔しっぱなしでした。春はゆっくり近づいてきますね。三歩進んで二歩下がる感じで。さて、今日も新旧そして邦洋とりまぜ、たくさん映画を借りてきました。歌の練習の合間、読書の合間に見ることにします(どっちが合間なんだか・・・)。おやつに桃の果汁入りのメロンパンを食べ、ブルーベリー味の豆乳を飲みました。おなかの中が、にせもの感満載のフルーツまつりです。

読書といえば、いえ、読書といえるかわかりませんが、最近は、貝原益軒の『養生訓』を読んでいます(わはははは)。もちろん現代語訳ですが、なかなかおもしろいです。1700年代に書かれた昔の本ですが、中国の医学書などをたくさん読んで勉強した著者が自身の経験にも基づいて書いた実践の書なので、今実践してもおかしくない内容のものもたくさんあります。もちろん、おかしいなぁということもあるにはあるのですが、なるほどなるほどと読んで楽しむのには気になりません。むしろ、今実際に知られている養生のしかたあるいは、民間療法のたぐいなど、この本がもとかしら、と思うようなこともたくさん書かれていて、わたしのような健康おたくにはたいへんに魅力的です。こころをひかれた部分には、「養生とは畏れの一字である」とあります。畏れって、こわがることとは少し違いますよね。自然のすばらしさ、体のすごさを知ってそしてなにごともほどほどにということ。「畏れとはすなわち慎みのこころの出発をなすもの」ということだそうで、個別の養生の用例が知りたいというよりも、どちらかというとこういうアフォリズム的なことがわたしは読みたいのね、きっと。体、大切にしましょうね。

最近は中国から日本への観光客が多いというニュースをテレビでやっていましたが、その中国からの観光客がおみやげに、たくさん買い込むのは、日本の医薬品だということで、ちょっとがっかり。中国の人はみな漢方薬を飲むのだと思っていたので。

2007-03-02 20:40 この記事だけ表示   |  コメント 4