浜田真理子オフィシャルブログ「本日のハマダマリコ的こころII」

視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う

大晦日がきました。今年もいろんなことがあって、とぶように過ぎました。今年は『夜も昼も』のアルバム作りを柱にして、初めてのライブハウスツアーをしたり、大きなホールでのソロやアンサンブルのコンサーをしたりすることによってあらたな挑戦をすることができました。ご協力いただきましたみなさん、応援をしてくださったみなさん、ライブに出かけてくださったみなさん、ありがとうございました。そして、このブログにも一年間おつきあいいただきありがとうございました。来年からもハマダ、がんばります。どうぞよろしくお願いいたします。それでは、よいお年を。

2006-12-31 13:12 この記事だけ表示   |  コメント 11

今日は寒い日でした。朝は道路一面真っ白でびっくり。足ツボの先生と、その先生のさらにお師匠さまにあたる先生と三人で、忘年会をすることになり、夕方から出かけてきました。まずは大先生の行きつけの料理やさんで食事をしました。おいしいお料理ばかりでうれしかった〜。かぶら蒸しが特においしかった。もう一軒行きましょうということになり、バースデイは開いてるかしらと行ってみることにしました。予約もしないで行ったけど、年末の営業は今日で終わりとのことで、ギリギリセーフ、今年の終わりにママさんの顔も見られてよかった。バースデイには久しぶりに寄せてもらいましたが、相変わらず、落ち着くお店です。入り口のついたてがなくなって、少し広く感じられて、開放感があっていいですね。お酒は飲みませんでしたが、大先生のおもしろい話、ためになる話を聞いて、楽しい会でした。久しぶりに大声出して笑ったなぁ。大先生ごちそうさまでした。帰りには、道路の雪はほとんどとけて、路肩に大根おろしみたいな雪がのこるばかりとなりました。明日も寒いのかなぁ。

2006-12-29 22:55 この記事だけ表示   |  コメント 4

仕事おさめの日でした。お昼は会社もちで仕出しやさんからとった豪華なお弁当をみんなで食べ(おいしかった!)、3時ごろまで仕事をして、それからそうじをして、4時過ぎには終了、普段より1時間ばかり早く家に帰ることができました。昨夜から吹きすさぶ大風の中に雪が舞う寒い日です。ぅー、ぶるぶる、こんなに風が強くては雪もつもらないのではないのかと思いますが、気温はぐんぐん下がっています。みなさんのところではどうですか?なんとなく気ぜわしく、帰省の人々なのか、往来の車の数も増えてきたような気がします。運転、気をつけないとね。今夜はなにをして過ごしましょうか。うーん、とりあえずあたたかいものでも飲みますか。

☆中谷宇吉郎氏の『雪』を読んでいます。先日テレビで紹介されていておもしろそうだったので読むなら冬の今だわと買ってみたのです。氏は、寺田寅彦氏のお弟子さんで、雪博士とも呼ばれた物理学者で、雪への熱い想いが感じられます。「雪は水が氷の結晶となったものなのである。」というなんのへんてつもない文章にちょっとだけはっとしました。結晶かぁ。

2006-12-28 18:51 この記事だけ表示   |  コメント 3

今日は驚くほど気温が高かったのですが、明日は冷え込むとのこと、天気予報では大きな雪マークでした。ああ、今年ものこすところ、あと4日。会社も明日は仕事おさめです。今年と来年はつながっていて、来週はもう来年なのに、年の暮れはいつもしみじみとします。あんなことがあったこんなことがあったと来し方をふりかえってばかりいるせいでしょうか。みねっちが、バンドのスコアを買いに行くから本屋さんまで車に乗せてというので、いっしょに行ってきました。お目当ての楽譜が見つかったようで、彼女ご満悦でした。帰り道に見上げると高い空に半月がきりりと光ってありました。

2006-12-27 20:52 この記事だけ表示   |  コメント 4

全国的にお天気が悪くなっていくようですね。年末年始までには回復するとよいのだけれど。さて、クリスマスから1日すぎて思うのは、クリスマスほど、余韻のない行事もないのではないかということ。11月の中旬くらいから、じわじわと雰囲気が高まってくるのだけれど25日すぎると、ばし、と終わる感じ(少なくとも日本では)。そうして、お正月に向けて違う雰囲気の波がしわしわと押し寄せてくる感じですねぇ。あさっての仕事おさめまで、あと2日。なんだか今年も早かったです。急に寒くなりますので、お風邪などひかれませんように。

☆先週いっぱいで、父が店を閉めることにしたと先日連絡が入りました。高齢でもありますし、病気で入退院を繰り返しておりますので、少々きつくなったようです。わたしの昭和がまた少し遠くなりました。お世話になりましたみなさま、この場をかりてお礼を申し上げます。ありがとうございました。おとうちゃん、お疲れさま。

2006-12-26 20:20 この記事だけ表示   |  コメント 5

12月とは思えないようなよいお天気のクリスマスになりました。みなさまいかがお過ごしですか。お天気がよいとなんだか体調もいいような気がして、そうじのやる気も出てきたりして、クリスマスの音楽を聴きながら、今日は部屋の中をごそごそと片付けました。こういうお天気だと、そうじも気分よくできますねえ。寒くないし。みねっちはといえば、午前中からボーイフレンドがうちに遊びに来ていて、いっしょに過ごしています。こないだ少し早めにもらったというプレゼントの指輪を見せてくれました。け。でも、なんか青春でいいわねぇ(うらやましいぞ、このやろ)。さて今夜はみなさんどんなふうに過ごしますか?わたしは、特に変わらず普段どおり、少しだけすっきりした部屋で、明日は仕事だし、テレビ見て編み物して本を読んで音楽を聴いて過ごすのかなぁ(同時にではないですけどね、)。

☆大阪annaさん、すてきなコメントありがとうございます。そして、大学の定食の話、あれから考えていますが、いくらだったのか思い出せません。「すうどん」が一番安かったのは覚えているけれど、150円くらいはしていたと思います。わたしの妹が大学で働いているので、今はいくらか聞いてみますね。mieさん、捨てる。っていうと、なんだかもったいないおばけが出そうで、ついブレーキがかかっていますよね。溜めたり留めたりするより、流すこと、わたしもこのごろはそんなことを考えています。(だからお金もたまらないのね。しくしく。) 大友さん、昨夜はピットインでしたね。お疲れ様でした。辰巳渚さんとお友達だなんてすばらしい!あの本、何年かに一度は読み直したほうがいいのかもしれませんねー。

2006-12-25 18:08 この記事だけ表示   |  コメント 6

この時期らしくないぽかぽか陽気の日でしたが、夕方になるとさすがに少し冷えてきました。今日は午前中に今年最後の足ツボの施術をうけました。思えばわたくし、今年はデトックスの年でした。最初は、健康面から、体の中の毒素を排出したり、そのためにリンパや血液の機能自体をきちんと働かせようと思ったわけで、それには足ツボや、漢方などの考え方がとても役にたちました。不用なものを流し流し、外へ外へ、という方向に考えると今度は、内へ取り込むこと、食べることにも興味が向かざるを得ず、よけいなものや不自然なものを体の中に取り込みたくない、というキモチに自然となっていくわけです。そういうふうに生活スタイルを変えていくと、次に何に意識が向くかというと、家の中、部屋の中なのでした。体の中のことだけを考えていたのが、部屋の中にまで広がると、今度は部屋の中にためていたものたちをなんとかしたくなったのです。ちょうどその頃、『捨てる技術』を読んで勢いもついて、本やCDや洋服など、いろいろなモノを処分することを始めたのです。これらは、積極的にいらないのか、というとなんだかもったいないような気がして、なかなか捨てたり売ったりする決心がつきませんでしたが、ほうっておけば確実に増えるものなので、涙を飲んで処分しました。持っていることを忘れていた本、とか、10年間聴いていないCDだとか。できるだけ、身軽に、シンプルに生きたいと思うようになったからです。だからと言ってストイックに、これからは本を買わない、CDを買わない、おしゃれもしない、洋服も買わない、ということは人生がつまらなくなりそうで、できないわけですが、体の時といっしょで、モノの場合も、ものすごく吟味して捨てることを体験すると、今度は買うときにやはりとても吟味するようになるものです。これは、『捨てる技術』にも書いてあったけれど、実際に体感して、大いに納得しました。物質的にも精神的にも、最終的に何もいらない、何にもこだわらない、という境地に達するといいのかもしれませんが、そうなればもはや彼岸の領域、煩悩だらけのハマダには生きている限り到達することはできないと思われます。とりあえず残りの人生、風のようにさわやかに生きられるようなシンプルさではいたいと思っている今日このごろですけどね(頭だけは十分単細胞にできているんだけどなぁ)。

2006-12-24 18:34 この記事だけ表示   |  コメント 4