視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う


昨夜は泣きました。『忠臣蔵』の最終回を見て。くぅー。さて、今日も寒い日でした。といっても昨年の今頃は雪が降っていましたから、今年はあたたかいのかもしれません。やっぱり予報どおり暖冬になるのかしらね。今日はわたくし、家にこもっていました。だらだらしたり、お茶を飲んだり、先日いただいた、「誠」という字の入った幕末せんべいを食べたり(わはは、わたしぐらいの新選組になれば)、年賀状のリストを作ったりしました。今年は年賀状どうやって作ろうかしらん。あ、そうそう、『新しい単位』を読みました。おっかしいの。あははっははは。五月女ケイ子さんの絵がこわくておかしいし。このおかしさはちょっと説明できません。あははははははっは。そのあとパソコンでゲーム『逆転裁判』をしたら、肩がこりました。明日は、遊んでないで年賀状書こうっと。

2006-12-15 20:42 この記事だけ表示   |  コメント 6


ごぶさたしてしまいました。実は昨日、松江に帰って来たのです。前に書いていたように、月曜日にこちらへ戻って来るつもりだったのですが、ライブを終え、翌日にはスタッフとの反省会、忘年会をかねた会食を楽しく終え、ああこれでデューティ全部無事終えた、と思ったとたんに電池が切れちゃったみたいで、翌朝は、吐き気に発熱、胃痛に頭痛に腹痛におそわれ、体がぜんぜん言うことをきかず、起きあがることができませんでした。びっくりした。電池ってとつぜん切れるのね。結局滞在を2日のばして、ホテルで寝たきり雀でした。東京へはもう何度も行きましたね♪のわたくしですが、東京で病院に行ったのは初めてでした。このたびは、2度も。最初は、夜中の救急外来と翌日の外来と。急性の胃腸炎ということで、3キロやせました。ははははは。わーい。家に帰ったら母とみねっちがとても心配していて、ひとりぼっちで泊まっているホテルで病気だなんて、どんなに心細かったでしょうと、今にも泣きそうな感じで声をかけてくれました。心配かけてごめんなさい。でもね、ライブ前の孤独にくらべたら、こんなの1億分の1、全然へいちゃらです。というわけで、今はすっかり、というわけではありませんが、ゆっくり回復しています。どうぞ、ご心配くださいますな。美音堂の市川さん、ほんとにいろいろお世話になりました。ありがとう。

さて、今日は忠臣蔵の討ち入りの日ですね。昨年買った、忠臣蔵のDVD、今夜はまた見て過ごすつもりです。あたたかくして見ないとね。みなさまも、おからだ大切に。

☆ライブに関するたくさんのコメントほんとにありがとうございます。写真は銀河劇場のエントランスのツリー(のようなもの)。わたくしには、大きなえんぴつに見えましたよ。あれで手紙を書いたらビッグなレターになりますねー。

2006-12-14 17:45 この記事だけ表示   |  コメント 9

おはようございます。昨夜のお天気はいったいなんだったのと思うほど気持ちのよい、晴れた東京です。ホテルの窓のカーテンをいっぱいにあけて、いろんな大きさの四角い積み木が並べてあるみたいなビル群と海をおだやかな気持ちで眺めています。ああ、こんなにゆったりしたキモチはひさしぶり(ライブが終わってほっとしたのです)。昨夜は、寒いなか、お出かけいただきましてありがとうございます。土曜銀河劇場をお楽しみいただけましたか。素敵な会場でしたねぇ(ハマダ、会場入りした時にゃ、びびりましたよう。わはは)。なんだか、とても緊張したのですが(いつもだけど)、共演のみなさんにほんとに盛り上げていただいて、いい気分で歌わせていただきました。ついでといってはなんですが、この場をかりて、スタッフのみなさんの愛情あふれるケアにもお礼を言います。ありがとうございました(特にみえちゃん、ありがとね)。1部の出演前、舞台袖で待っている時、「こんなに緊張して辛いなら、もうライブはやめよう」と、今まで何千回も思ってきたことをまた繰り返して考えたりしておりましたが、終わってしまうと次は何を歌おうか、なんてまた考えてしまっています。ああ、われながらゲンキンだわ〜、ばかばか。そういうわけで、来年も、きっと再来年も、ハマダ劇場は、いろんな場所でさらにさらに続きそうです。どうぞよろしくね。(てへ♪←かわいく言ってもだめっすね)

そして、サイン会。いったいこの列はどこから続いているのか、というほど、長い長い列をつくっていただきありがとうございました。あの列のみんなで、ジェンカ、踊ったら楽しいですね。レッツキッスほほ寄せて♪。お会いできて、お話できて楽しゅうございました。遠くからおいでの方もあり、またまた感動しました。ブログを読んでいますよ。とたくさんの方に言われて、げ、と照れかくしのまぬけな返答をしておりましたが、ほんとはうれしかったのです。よかったら、書き込んでみてもくださいね。

今日は、美音堂スタッフといっしょに、昨日のライブも含め今年の反省会、そして来年の活動内容なんかを話し合ったりして、明日松江に帰ります。「ライブ成功おめでとう」とメールをくれたみねっちに、明日帰るね、と返信したら、「うちに帰るまでが遠足ですよ」と返事がきました。あい、合点承知之助。

2006-12-10 12:36 この記事だけ表示   |  コメント 28

おはようございます。寒い寒い日になりました。昨夜はなかなか寝付けず、テレビでやっていた映画の『ホームアローン』を見たり、本を読んだりして過ごしました。『泣きの銀次』(by 宇江佐真理)、おもしろかったよ。そうして朝は日の昇る前に目が覚めて、ずーっとニュースなど見ておりました。

さて、いよいよ銀河劇場の日です。おいでになる方は、どうぞあたたかくしてお越しくださいね。ハマダ一生懸命歌いまーす。では、のちほど。

2006-12-09 11:58 この記事だけ表示   |  コメント 3

おはようございまんもす。昨日から東京に来ています。ホテルの窓の外には海が見えます。船も見えます。今日の東京は曇りです。これから、明日のライブのリハーサルというか練習というか打ち合わせというか、に行ってきます。初めてお会いするゲストミュージシャンもあり、少し緊張ぎみのハマダですが、がんばります。それでは、行ってきまーす。

2006-12-08 11:52 この記事だけ表示   |  コメント 6

今日も寒い日でした。風が強いので、よけい寒く感じられます。もうすっかり冬ですね。今日は足ツボの施術の日でした。調子はいいのですが、やっぱり寒いので少し体に冷えがあるようです。お風呂や、あたたかい食べ物、飲み物で体をあたためましょう。さてさて、いよいよ今週末は、東京ライブです。大阪から帰ってきたばかりの気分でしたが、キモチをきりかえて、今年最後のライブにのぞみます。大阪とはまた違ったゲストもお招きして音楽をお楽しみいただこうと思います。お会いできるみなさん、楽しみにしています。それでは、しばらく集中いたします。週末近くなったら、また、東京からカキコミしますね。ではまた。

2006-12-03 19:07 この記事だけ表示   |  コメント 6


寒い日でした。朝からカミナリが鳴って、風強く、ときおり雨もぱらついていました。雪おこしでしょうか。今夜はまたさらに冷え込むみたいです。風邪をひくのがこわいので、今日はどこへも出かけませんでした。家の中で、歌の練習をしたり、荷造りをちょっとずつしているところへ妹が来たので、少しおしゃべりをしていたらあっという間に夕方になっていました。妹には子供が二人いて、それぞれ部活をしているので、その送り迎えで休日も行ったり来たりとたいへんそうです。庭に咲いていたという花を持ってきてくれたので、一輪挿しにさしてみました。妹は椿だと言ったけれど、多分山茶花だと思います。そっくりだから見分けがつかないのです。こんなにそっくりなものに違う名前をつけてまで、区別しなければならなかった理由はなんだろう、とか、考えてしまいます。

練習の合間に、今日は、ジャズやクラシックのCDを聴きました。音楽的に詳しく分析しながら聴く、というわけではありません。じょうずだなぁとか、きれいだなぁとかそんなラベル、いやいや冗談、レベルで聴いています。以前、ここにも書いたロシア語通訳の米原万里さんが書いておられたことを思い出します。人の仕事を見て、下手だなぁと思ったら多分その人は、自分と同じくらいのレベルであり、また、人の仕事を見て、自分と同じくらいかなと思ったら実際には、その人は自分よりはるかに高いレベルなのだ、というようなことでした。もちろん、それは、通訳という仕事のことについて書かれたものでしたが、なんの仕事についても言えることじゃないのかなと深くうなずきながら読んだのです。それは、自分の仕事の評価には、それくらいな謙虚さが必要だといういましめの意味でもありますが、もうひとつ、能動的に何かをすることには、同じことがらを受動するよりもずっとたくさんのエネルギーと能力が必要になるのだという意味でもあったと思います。ですから、まして最初から、じょうずだなぁと思って聴いている人たちのレベルに到達するには、あと2億年くらいかかるのでしょうと思います。

2006-12-02 17:41 この記事だけ表示   |  コメント 1