浜田真理子オフィシャルブログ「本日のハマダマリコ的こころII」

視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う

今日から連休ですね。お天気もよくて行楽日和です。母は今週も妹の家のひっこしの手伝いに、みねっちは山へしばかりに、というのは冗談で、バンドの練習に出かけてしまったので、のんびりとヨガをやったり、ピアノの練習をしたりしておりました。父からメールが来て、パソコンの筆王が起動しないので困っている、と書いてありましたので、すぐに電話をかけて話を聞いたら、年賀状の宛名をパソコンで書こうと思っているのだけど起動しないとのこと。いろいろ話したけれど、筆王なんてソフトわたしは持っていないので、結局のところ、助けてあげられませんでした。でも、「3日もずっと試してやっている」と父が言うのを聞いて、「3日もあれば宛名、筆ペンで書けるんじゃないの?」と言ったら、電話の向こうで父が、てへへ、と笑っていました。ぃゃぃゃ、てへへじゃなくて。あぁ、それで思い出した、年賀状。いのししの絵、描く練習しなきゃ。「怪傑ゾロリ」シリーズに出てくるイシシ、と、ノシシ、参考にしようかしらん。

お昼になったので、この間の『かもめ食堂』のまねをしておにぎりを作って食べました。梅干を入れたらおいしかった。食べ終わったところにみねっちが帰ってきて、「クリスマスプレゼントにDSを買ってぇ〜、買ってぇ〜」と「買って買って星人」になっていたけれど、断りました。脳を鍛えるゲームをするためだそうです。ちゃんちゃらおかしいです。脳を鍛えたいのなら、勉強しなさい。わたしは、「逆転裁判」というパソコンゲームが欲しいけど、それは脳を鍛えるためではありません。ただやってみたいから。あはは。

そんな、文化の日でした。

2006-11-03 17:35 この記事だけ表示   |  コメント 10

今日から11月です。いつもの年ならとっくにストーブを出していたりするのですが、今年はまだ、なしでがんばっています(ホットカーペットとエアコンの暖房はつけてるけど)。さっき、灯油を買いに行ったら今年は高いですね。去年も高いと思っていたけれど、さらに上がったみたいで。うちの父は、灯油が高いから、と昨年、れんがをくんで木の囲いをつくって、囲炉裏のような火鉢のようなものを作っておりましたよ。あはは。灯油代うんぬんは、口実で、多分作ってみたかっただけなんだと思うけどね。すごく上等な火鉢ができました。そこに炭を入れて、夜寝るときには深く深く埋めておくと、炭のあたたかさで、朝起きたときにも、ほんわりと部屋があたたかいのですって。そしてそういうのを埋み火(うずみび)というのですって。なんだか妙に感心してしまって、「埋み火のブルース」はできました。風が吹くと桶やが儲かる、ではなく、灯油が上がるとハマダが歌つくる、ですね。ははは。

☆はじめましてさんたち、こんばんは。カキコミありがとうございます。どうぞよろしくね。
そして、URIKOちゃん、お久しぶり!やまシンくん、レコーディングのときは、ピアノとヴォーカル両方のためにマイクがたったの1本だったのよ。びっくり!

2006-11-01 19:28 この記事だけ表示   |  コメント 3

仕事を終えて会社を出たとき、もう陽は落ちていて、けれどまだ明るさが少し残っていて、空を見上げれば上弦の月がくっきりと。きれいねぇ。切ったかまぼこみたいな宵の月を見て、月ノ音団のことを思い出しました。奈良でライブしたのって、4年前の10月だったっけ?懐かしいですね。あっという間でした。今日で10月も終わりだなんてまたまた早いこと。今年もあと2ヶ月ですね。どんな年でしたか?

さて、ニューアルバム『夜も昼も』のことを書く書くと言ってちっとも書かないうちに、発売日が間近となってしまいました。まぁ、あまり、先入観なしに聴いていただくのもいいのかなと思ってしまったせいもあるのですが。楽曲のことや、ミュージシャンのこと、発売日過ぎてからでも、書きましょうか。みなさんの質問におこたえするかたちでもいいし(なぁんて、また適当なことを書いておりますが。へへ。)。でも、今夜はZAKさんのことについて少しばかり。ZAKさんは、このたびの録音をてがけてくださったエンジニアの方です。大友さんの紹介で初めてお会いしたのですが、プライベートスタジオ、St-roboのあるじです。

ZAKさんについては、いろんなことが、わたしにとっては革命的でしたので、何から語ってよいやら・・と前置きはともかく、すばらしいエンジニアさんでありました。専門的、技術的に言えば、ああでこうでああでこうで、とすばらしい点は数限りなくあるのでしょうが、わたしはあいにくそのあたりの知識が皆無なので、観念的な感想しか言えないのですが、とにかく歌っていて気持ちのよい音作り、場所作り、雰囲気づくりのエンジニアさんでした。たっくさんある機材を自在に使いこなすとはこのことか、はぁこれが職人技か、と思えるほど、ZAKさんの作業は早いし無駄がない。何をどうすれば、どんな音になる、ということが、ちゃんと頭の中にあるということなのです。マイクや楽器を並べて音を出してみて、それから調整する、ということでなく、楽器を鳴らす向きも位置も、理由があってそこに置く、というようにすべて最初から考えられてあるということなのです。そういう意味での待ち時間のストレスなどが演奏する側にはまったくないし、すべて機材も楽器も自分で動かし自分で並べる、というなんだかあたりまえの作業を見ているだけで、これに報いる演奏をしたいと思わせるような互いのリスペクトを呼び起こしてくれるのです。大友さんのおかげですごい人に出会ったなぁと、ただただ感謝の気持ちなのです。

2006-10-31 20:53 この記事だけ表示   |  コメント 5

昨夜の雨なんか忘れてしまったみたいに、今日もさわやかでよいお天気でした。今日は、足ツボの施術の日だったので、午前中のうちに先生に来ていただきました。そして、今日はもう一人、足ツボを始めたい、でも、一度見学してみたいというお友達も誘っていたので、同じ時間に来てもらいました。お天気がよいせいか、先生とお友達、どちらも自転車でやって来ました。このごろ自転車率高いです(中国か!)。初めてのお友達に恐怖心を与えてはいけないと、わたしの施術は手加減してもらって(うそ)、いてててててて、くらいの感じで。お友達も施術をすることになって、いろいろからだの悪い部分とかを指摘されておりました。これからも続けてやってみようかなという気になっていたみたいです。あとで、お土産にいただいたキッチンおかだのパンとか食べたりしてなごやかな時間でした。それにしても、毎回、施術のあとは顔がおかめです。おかめとひょっとこの、あの、おかめみたいな顔。なんか、いろんなところの骨や筋肉や腱やらがゆるんで、結果、顔もゆるむのだと思います。いやいや、もともとおかめ顔じゃねぇか、と言われれば返す言葉がありませんが(あはははははは。こら=====。)、このゆるんだおかめ顔は自分で結構好きです。

さて、午後になって、おかめは、買い物にでかけました。昨日行ったスーパーまで今日は歩いて。風もさわやかなので、歩いていても気持ちいいです。落ち葉をふみしめながら、またまた鼻歌気分。今日は、「close to you」歌ってみました(欧米か!あはは)。でも、途中から歌詞がわからなくなって、へにょへにょ語になりました。

2006-10-30 19:20 この記事だけ表示   |  コメント 3

昨日のぞうきんがけで、少しばかり筋肉痛のハマダです。今日もよいお天気でした。久しぶりに自転車に乗ってどこかへ出かけようかなと、自転車を見たらタイヤの空気が抜けていたので、母の自転車を借りて近くのスーパーへ行くことにしました。空気がさわやかで気持ちいい。鼻歌まじりです。自転車に乗ると歌が歌いたくなるのはなぜでしょう?今日の選曲は、「top of the world」(行き)とか「when a man loves a woman」(帰り)とか。そのスーパーは坂の上にあるのですが母の自転車は変速つきでないので、約100年ぶりに、わたくし、立ちこぎをしましたよ。42歳になって立ちこぎをすることになるとは!(絵にならんねぇ。あははは。)疲れた〜。筋肉痛の上書きです。そうして、帰りは、けやき通りのけやきの木から葉っぱがぱらぱら落ちてくる中、足をペダルからはなして、伸ばして坂をノーブレーキでびゅーっと下りました。ひゃっほう〜。これは気持ちよかった。(よいこのみなさんはまねをしないようにね。)夕方、お友達にかしてもらった『かもめ食堂』のDVDをみました。おにぎり食べたくなりました。と、ここまで書いて、気づきました。外の雨音。あらら、いつの間に降りだしたんでしょう。

☆愛さん、
出西(しゅっさい)しょうが、おいしそうですよね。でも、わたくしまだ食べたことがありません。しょうがないねぇ。えへへ。

2006-10-29 20:27 この記事だけ表示   |  コメント 10


みねっちが、きれいなひこうき雲が出ていたよと携帯写真を送ってくれました。わたくし、ひこうき雲がとても好きなので。きれいだね。さて、昨日だらだらおうちで座ったきりで、お尻に根が生えてしまいそうだったので、今日は少しばたばたと動いてみました。午前中のうちに、昨日届いたCDのちらしを持って、いつも応援してくださる地元のCDやさん2件ほどに、ごあいさつまわりをしてきました。どちらのお店も、すでにオーダーは入れてくださっていましたので、ほっ。どうぞよろしく。

一度家に帰ってから着替えて、みねっちといっしょに、今度家を買ってひっこしをすることになった妹の家へ手伝いに行きました。おばあちゃんは朝から手伝いに行っています。近所から近所へひっこすので、小さなものは自分たちで時間をかけて運ぶとのことで、今日のところは、新しい家(というか、中古住宅なので、古いのですが)に行って、おそうじやら庭の草取りやら。久しぶりに、小学生のときのようにぞうきんがけをだだだだだだっとしたので、息が上がってしまいました。明日は筋肉痛かなぁ。部屋のそうじを終えてから、頭に手ぬぐいをかぶって軍手をしてマスクもして、みんなでわいわい話をしながら庭の草取りをしました。毎日学校でやってるせいか、みねっちの草取りの手際がよいこと。いいぞ、庭師ハマダ、授業の半分が農業実習の君、世界史Aは履修したのか?ぁはははとかおちゃらけていたら、「しゃべると手が止まるよ、それにそんな抜き方じゃあ、根が切れてないからまた生えてくるよ、おかあさん」とか、しかられてしまいました。へーい。いや、お尻の根じゃありません。見上げた空も青いし、なんだかいい気分でした。

2006-10-28 17:50 この記事だけ表示   |  コメント 6

今日はお休みで、お天気もよかったのですが、一歩も家から出ないで朝から本を読んでいました。昨日、会社で読み始めたお話、ちょっとだけ読もうと思ったのですが先が気になってやめられませんでした。『だましゑ歌麿』(by 高橋克彦)が。以前本作の続編の『おこう紅絵暦』のほうを先に読んでしまっていたので、ネタバレしたら困るな、と心配しながら読みましたが、ちっともそんなことはありませんでした。むしろ続編に出てきた人物と知り合うきっかけなどが知れてよけいにおもしろかったです。歌麿や北斎はじめ、実在の人物がたくさん出てきますし、時代は、老中松平定信の寛政の改革の真っ最中。なので、鬼平こと長谷川平蔵までもが登場して、なんだか、あら、こんなところで出会うなんて奇遇ですね、みたいな感じ。物語にひきこまれて、ついつい最後まで読んじゃった。そうしたら夕方になりました。あ〜、おもしろかった。

さて、夕方、宅急便で、アルバム『夜も昼も』がうちに届きました。自分で言うのもアレですが、きぁあ〜、素敵だよぅ〜。今、さっそく聴いているところです。早くみなさんにお届けしたいなぁ、気にいっていただけるといいなぁと、どきどき。

2006-10-27 19:25 この記事だけ表示   |  コメント 3