視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う

肌寒い朝になりました。ブログは朝に書くのが一番好きです。今日も放射冷却のち晴れみたいですね。『純情きらり』しっかり見ました。6ヶ月ほんとうに楽しませてもらいました。お名残おしいですが、桜子ちゃん、ありがとうそしてさようなら。

みねっちが休みの日にしてはいつになく早起きして照れくさそうに手紙をくれました。せっかく『純情きらり』が終わるのを待ってからしたアイメイクがまた流れてしまいました。ありがとね。プレゼントは夜くれるんですって。楽しみ、なにかな。

おかげさまで、わたくし今日で42歳になりました。誕生日を自慢げに言いふらすような年ではもちろんないのですが、いくつになってもおめでとうと言われるとうれしいです。みなさまからのメールやメッセージもとてもうれし。どうもありがとうございます。

今日はずっと友達に誕生プレゼントにもらったジョニー・キャッシュの生前最後のアルバムとなった『American V : A Hundred Highways』を聴いています。『ウォークザライン』という彼の生涯を描いた映画にとても感動したということをいつかここに書いていたのを覚えてくれていたのでしょう。昨夜ひとりしずかにそのCDをかけてみて、最初の「Help me」という曲を聴いた時には涙がとまりませんでした。こころが動かされたということを、伝えるために「泣きました」という言い方が世の中にはあふれていて、それがすべてを語り得るかのように使われているのですが、泣いたからどうなのだ、とそういう自分はなんでもかんでも泣くくせに、何かもっとよい表現はないものかといつも思うのですが、でも、とにかく、このたびもそんな言い訳をしつつも、このジョニー・キャッシュのうたを聴いて泣きました、と書くわたくしでごめんなさい。

ときどき、ふと、さみしい夜などに、自分がもっと年をとって歌うとき、高い声が出なくなったらどうしよう、とか、声を伸ばすとき息が続かなくなったらどうしよう、とか、やくたいもないことにくよくよすることがあるのですが、このジョニー・キャッシュのあたたかくて力強いアルバムを聴いて、こんなすばらしいうたが歌えるのなら、年をとるのも悪くないなと思ったりしている42歳ほやほやのハマダです。

☆今夜FM山陰の番組に短い時間ですが出演いたします(番組名知らなくてごめんなさい)。出番は24時30分ごろになりそうで、ニューアルバム『夜も昼も』から1曲かけてもらえそうです。山陰地方の夜更かしさん、よかったら聞いてくださいね。

2006-09-30 10:38 この記事だけ表示   |  コメント 28

夏の暑い盛りのレコーディングを終え、そうして初秋さわやかな横浜でのライブも終わって、気がぬけたのでしょうか、気づくと三日もマリコ的こころ、おるすになっていました。ごめんなさいね。三日間、夢とうつつを行き来していました。もしかしたら、先日、美術館で見た、バルビゾン村の風景があんまり美しかったので、絵の中に吸い込まれてしまっていたのかも。なぁんてね。

タイプのぜんぜん違う本を三冊読みました。一冊目は、先日来読んでいる須賀敦子さんのエッセイで『地図のない道』、二冊目は桂米朝さんの『落語と私』。これはずいぶん前に出た単行本の文庫版なのですが、中高生に向けて書かれた落語の入門書です。中高生向けとは言っても、大人が読んでもたいへん的確で深い内容のもので、落語初心者として読んでたのしく、また一人で舞台に立つ演者として読んで勉強になるものでした。ますます落語が好きになりました。三冊目はご存知『鬼平犯科帳』その5。鬼平最高。続きを読みたいけれど、あまり爆走すると話がごちゃごちゃになるので、頭の中にしっくりくるまでぐっとこらえて、今は『ある家族の会話』(by ナタリア・ギンズブルグ)という物語をゆっくり読み始めているところです。著者のことはぜんぜん知りませんでしたが、前述の須賀さんの『地図のない道』の中に、このナタリア・ギンズブルグ女史のことが出てくるので、興味をひかれたのです。訳者が須賀敦子さんその人だから、よけいに、ね。

さて、桜子ちゃん。ほんとに毎日かわいそうすぎるし桜子ちゃんができすぎくんだし、「そんなのありえない〜〜」と言いつつ涙して見ています。いよいよ明日が最終回。考えただけで泣けちゃうよ、ホント。

☆今日は母の誕生日です。おめでとう、おかあちゃん。

2006-09-29 16:54 この記事だけ表示   |  コメント 6

ものごとがかたよっていたり、バランスがとれていなかったりすると、落ち着かない気持ちになるのは、てんびん座生まれだからなのかもしれませんが、ここのところの晴れ続きには少しそわそわしていましたら、その気持ちを察してくれたかのように(なわけないけれど)、午前中はぱらぱらと小雨が降りました。なんだか、落語の『雨乞い源兵衛』みたいだわ、と思いました。

ハンディクリーナーから出る風の匂いが気になるので、ユーカリとシダーのオイルをたらしたコットンを、中に入れてみたら、少し緩和されたような気がします。そういえば、このごろはフィトンチッドについて興味があるので、いろいろ調べています。前から興味を持っている漢方もアロマもハーブも薬膳もすべてつながっている感じがして、フィトンチッドを知ることで自分の中でそれぞれがかたよらず、さらに深くて大きな考えかたになりそうな気がします。

2006-09-25 18:31 この記事だけ表示   |  コメント 6

今日もよいお天気。今年のよいお天気日数を使い果たしてしまうのではないかと、少し心配になったりします。冬にも晴れの日とっておいてね、みたいな感じで。さて、今日は午前中に足ツボの先生にきてもらいました。彼女横浜のライブにも来てくれていたので、その話をしたり、ついに明日から最後の週に突入する『純情きらり』の話をしたりして、もりあがりました。まさか、桜子ちゃん、死んだりしないよねぇ、だって、ヒロインが死んでしまう朝ドラなんてあるわけないと思います、そうねぇでもずいぶん衝撃的な予告編だったねぇ、ええでももうわたしはだまされませんその手には、そうだねぇずいぶん思わせぶりだもんねぇ。などといいながら、すっかりその手にはまって、見続けてしまったわたくしたちでした。でも、おかげで半年間飽きずに見ることができました。明日からも気合を入れて見ます。

ところで、足ツボの施術を受けるようになって、足のサイズが変わりました。先日靴屋さんに行ったときに気づいたのですが、これまで何十年もずっと23センチだと思っていた足が小さくなって、22.5センチになって、これまで履いていた靴がかぽかぽします。足ツボの先生に言わせると、骨が縮んだのではなく、もともとそのサイズだったのに、余分な老廃物がたまっていたり、それによって筋肉が硬くなったりして、大きくなっていたということです。なんか不思議ですねぇ。

午後からは今日はどこへも出かけず、家で本を読んだり、ぬりえをしたりしました。夕方になると肌寒くなって、フローリングの床では、こころもとなくて、ザブトンの上で体育すわりをしています。レッグウォーマーをして、足袋をはいて、ひざをかかえるようにして、紅茶を飲んでいたら、母が、今年はストーブ出すのが早いかもね、と言いました。ひゃぁ夏が終わったばかりだっていうのに。

2006-09-24 20:09 この記事だけ表示   |  コメント 5


今日は午後から、神魂(かもす)神社へ行ってみました。地元なのに一度も行ったことがなく、前からそのうち行こう行こうと思っていたのですが、時間だけ経ってしまっていたので、今日こそは行かなくてはと思い立ったのです。神魂神社には、伊邪那岐(いざなぎ)、伊邪那美(いざなみ)の二神がまつられていて、この神様たちは国生みの神話でその名を知られています。家から車ですい〜っと15分も走って行ってみると、その神社は、まことにさりげなく、ひっそりとありました。出雲大社とか、熊野大社とか、八重垣神社みたいに、堂々と建っているのではなく、なんだか山の影にむしろ、こっそりと建っているようでした。しぶい!休日だというのに、参拝している人は、まばらもまばら、わたくしを入れても8人くらいでした(ひっそりしすぎ)。その8人のうちのひとりに、ピーター・バラカンさんによく似ている人がいました。おまいりをして、いい気分で山道をのぼっていくと、道なりにコスモスがゆらゆらゆれていました。あら、今日はお彼岸なのに、お寺じゃなくて、神社に行っちゃった。

2006-09-23 20:00 この記事だけ表示   |  コメント 8


秋は食べ物がおいしいですね。今日の夕ご飯は秋刀魚でしたよ。秋晴れが続いてよい気分です。今日は県立美術館へ行ってみました。山形県の後藤美術館所蔵のヨーロッパ絵画の企画展が行われています。タイトルは『田園への誘(いざな)い』。19世紀の、パリから少し離れたバルビゾン村に集まった、バルビゾン派と呼ばれる画家たちの作品展でした。フォンテーヌブローの森の情景や農民や動物たちの絵がとても美しく、今日が平日だったこともあって、館内はすいていて、ひとつひとつをゆっくり眺めることができました。絵の専門的なことはわかりませんが(わたしゃ、しがないぬりえニストなので)、田園風景がきれいだなぁ〜とか、じょうずだなぁ〜とか思いながら。そのあと、美術館の庭に出て、湖岸を少し歩いてみました。波もおだやかで、のんびりです。遠足に来ていた中学生くらいの子供たちが庭の芝生の上に敷物をしいて座っていたり、写真を撮ったり、ふざけあったりしていました。声がときおり響いて、美術館の壁に当たってぐるっとまわってそれから波にの上に消えていきました。遊覧船のはくちょう号が湖上を通りました。気分がいいので、ベートーヴェンの『田園』でもくちづさもうかと思いついたのはいいのですが、メロディが思い出せず(ださ)、しょうがないので、『ローハイド』のメロディで、でんえんでんえんでんえ〜ん〜でんえんでんえんでんえ〜んと歌いながら帰りました。

2006-09-22 19:24 この記事だけ表示   |  コメント 6

朝晩涼しいですね〜。今朝は薄着では寒いくらいでした。秋が加速しています。けれど、台風14号がまた近づいているようですね。今朝の松江は霧につつまれました。ニュースで面白いことを言っていましたよ。霧ともやの違い。気象で言うところの霧は、水平な視界が1km未満の場合で、1km以上見渡せる場合はもやと言うのですって(へぇへぇへぇ・・・)。なので、昨日の松江は朝もやで、今日の松江は朝霧なのでした。

☆junさんへ
人と人とのつながりは、恋人でも夫婦でも、友達でも親子でも、あるいは、仕事のお付き合いであっても、よい関係を築いたり、またそれを維持するためには、少なからず努力が必要なのですね。このたびは悲しいことだったかもしれませんが、つらい気持ちをがまんして、わたくしの音楽にお付き合いくださってありがとうございました。junさんのお隣で、ご主人が、どんなにはらはらどきどきびくびくとライブの間中落ち着かない気持ちでおられただろうかと想像すると、少しほほえましいような気がしてしまいました。いえいえ、笑ったりしてごめんなさい。でも、お互いに、関係をよくしようと努力したい気持ちがあるかぎり、いつでもやりなおしはできるのだと思います。12月の銀河劇場は、こころとこころが向き合う、お二人にとっての再会の夜となればいいなぁと思います。お会いできることを楽しみにしております。

2006-09-21 19:13 この記事だけ表示   |  コメント 6